おしゃれで可愛い!屋外用の犬小屋5選

最近では、室内で犬を飼うご家庭が多い傾向にありますが、まだまだ室外で飼う方もいます。ここでは、そんな室外で飼う犬におすすめなおしゃれで可愛い室外用の犬小屋5選をご紹介していきます。 2020年09月04日作成

  • 犬のカテゴリ - 犬と暮らす犬のカテゴリ - 犬と暮らす
  • VIEW:177

犬小屋の役割について

出典:https://www.shutterstock.com/

犬小屋には、以下のような役割があると言われています。

・犬にとって巣穴の役割を果たす
・強い日差しを遮ってくれて涼しい日陰を作ってくれる
・雨や雪をしのいでくれて更には四方が囲まれていることから寒さをしのぐことができる
・眠りたい時に周りを気にすることなく安心できる など

犬小屋の役割はかなり多くあることがわかりますね。犬小屋は、犬がリラックスできる場所なのです。

屋外用の犬小屋の選び方

出典:https://www.shutterstock.com/

◎大きさ・広さ

犬小屋は、犬にとっての家となる場所ということから、大きさや広さは非常に重要であり、1番着目してあげたい部分です。
犬小屋は、普通の部屋のように大きいスペースは必要としておらず、落ち着けるような空間が必要です。
「広い方が快適に過ごせるのでは」と思いがちなのですが、犬小屋の中が広すぎてしまうと、犬はリラックスをすることができませんで、注意が必要なのです。

犬小屋の理想の大きさ・広さとしては、犬小屋の中で犬が一回転することの出来るくらいのサイズが望ましいと言われています。
それぞれの犬の体高や体長をしっかりと把握して、最適となる犬小屋を用意してあげることが大切です。

もしも、既に犬小屋を準備してしまって買い替えに悩んでいるという場合には、毛布やクッションなどを使用してあげましょう。
犬の体が壁面に密着できるようにしてあげるなど工夫をすれば、そのままの犬小屋でも大丈夫です。

◎機能性

犬は犬種によって生まれた地域が異なり、暑さに強い犬もいれば寒さに強い犬もいます。
外で犬を飼う場合には、犬小屋で暑さと寒さの両方をしのぐということは大変難しいものです。
このことから、どちらを防ぎたいのかを考えて選ぶことが大切です。
あなたが飼おうと思っている、もしくは飼っている犬の種類に合わせてどちらの犬小屋を購入するのか決めると良いでしょう。

屋外用の犬小屋の置き場所

出典:https://www.shutterstock.com/

◎ 乾いた地面に設置すること

犬小屋を設置する場所としては、乾いている地面に置くのが望ましいです。粘土質の湿気を含んでいる地面の上に犬小屋を置くことは向いていません。
そういった地面には湿気があるということから、小屋の傷みを早くしてしまいます。このことから、コンクリートの上などが望ましいと言えます。

◎雨や直射日光があたらない場所に設置すること

直接雨が当たる場所や、直射日光が当たる場所は避けた方がいいと言えます。こちらも先程のことと同じように、小屋の傷みを防ぐために必要なことです。

屋外用の犬小屋おすすめ5選

おすすめの犬小屋1:犬小屋 天然木 ペットハウス

こちらの犬小屋は、中型犬用の犬小屋です。
天然の木を使用し、暖かみをしっかりと感じることができるような小屋へと仕上げられています。
シンプルなデザインで、しっかりとお洒落さを感じることが出来るところもポイントです。

屋根が大きめで、入口には上部にひさしがついていることから、雨や陽射しをしっかりと防いでくれます。
また、小屋上部には窓があるので、通気性が非常に良く、湿気がたまらないように工夫されています。


犬小屋 天然木 ペットハウス

おすすめの犬小屋2:角屋根のボブハウス プラスチック製

こちらの犬小屋は、プラスチック製で、汚れたとしても簡単に洗うことができますので、小屋内を清潔に保つことができます。
組み立ても非常に簡単で、耐久性にも優れています。換気機能もついていることから、より良い温度や湿度を保つことができます。
さらに、見た目がなんと言ってもスタイリッシュでおしゃれなところが特徴的です。
カラーバリエーションも3色展開となっています。


角屋根のボブハウス プラスチック製

おすすめの犬小屋3:ウッディ犬舎

こちらは、大型犬用の犬小屋で、サイズが大きめです。
天然の木を使用し、すのこ状なので、通気性も抜群です。
ゆったりとくつろぐことができるような空間を実現してくれています。
きちんと雨漏り防止設計もされているので、雨の日でも快適に過ごすことができるでしょう。
また、小屋は完全に床につかないようになっており、湿気がこもらないようにも工夫されています。
組み立ても簡単ですので、飼い主への負担も少ないですね。


ウッディ犬舎

おすすめの犬小屋4:ボブハウス L ドア無し

こちらの犬小屋は、3角の屋根をしており、可愛らしい見た目です。
赤色の屋根の方は、まるでスヌーピーの小屋みたいで可愛らしいですね。
小型犬でも中型犬でも使用可能な犬小屋となっています。
素材はプラスチック製ですが、傷が目立たないような特殊な表面加工がされていることから、長い間綺麗に使用できるようになっています。


ボブハウス L ドア無し

おすすめの犬小屋5:サークル犬舎

こちらの犬小屋は、なんといっても普通の犬小屋ではなく、犬小屋にプラスしてサークル部分がついているのです。
冬には小屋の方で暖かく過ごすことが出来ますし、夏にはサークル部分の方で涼しく過ごす事が出来るようになっています。
1年通して快適に過ごすことができますね。
機能性が高いことから、お値段も少しお高め。
小窓が着いているなど、見た目のオシャレさも抜群に高くなっています。見た目も機能も優秀な犬小屋です。


サークル犬舎

愛犬にピッタリの犬小屋を!

出典:https://www.shutterstock.com/

犬小屋の選び方や置き場所にはしっかりと気をつけるようにしてあげてください。
今回ご紹介した中で気になった犬小屋があればぜひ購入してみてはいかがでしょうか。

参考サイト

インテリアのゲキカグ(参照日:2020-07-02)
https://item.rakuten.co.jp/gekiyasukaguya/gar000020/

お宝ワールド(参照日:2020-07-02)
https://item.rakuten.co.jp/otakaratuuhan/10018008/

ドッグパーク(参照日:2020-07-02)
(https://item.rakuten.co.jp/dogland/532357/

ペット館(参照日:2020-07-02)
https://item.rakuten.co.jp/dog-kan/555682/

ペット館(参照日:2020-07-02)
https://item.rakuten.co.jp/dog-kan/477627/

著者情報

Hanaco

子育てをしながら、専業主婦ワーカーとしてお仕事をさせていただいております。以前はチワワを2匹飼っていました。
調べることや文章を考えることが好きで、自分の考えや経験などを活かせるようなお仕事をしたいと思っております。どうぞよろしくお願いいたします。

オススメ

新着記事

楽天市場トップページへ