猫が爪切りで暴れて困る!どうしたら安全に爪切りできる?

猫の爪切りに苦戦していませんか?爪切りが苦手な猫は、暴れてしまうこともありますよね。今回は、猫の爪切りの方法についてご紹介します。 2020年07月07日作成

  • 猫のカテゴリ - 猫と暮らす猫のカテゴリ - 猫と暮らす
  • VIEW:8,381

猫の爪切りは必要?

そもそも、猫の爪切りは必要なのかどうか、気になる人もいるでしょう。結論から言うと、完全室内飼いの猫であれば、爪切りが必要です。

猫の爪は、本来獲物を捕らえたり、木や高い所に登ったり、外敵から身を守る際に役立ちます。しかし、室内で飼われている猫は、外敵に襲われることはなく食事も飼い主さんが準備するため鋭い爪が必要となる場面はありません。

それどころか、爪を伸び放題にしておくことで様々なトラブルを起こすリスクが高まります。

猫の爪を伸ばしたままにしておくと…?

出典:https://www.shutterstock.com

室内猫の爪を伸ばしたままにしておくと、猫自身がケガをしたり、飼い主がひっかかれて感染症を起こしたりするリスクが高まります。家具や壁などのひっかき傷だけでは済まない問題となるため、注意が必要です。

例えば、猫自身が負うケガとしては、巻き爪による傷やひっかかりによる爪の折れなどが考えられます。巻き爪になると肉球に爪が刺さり、歩く際に痛みを感じたり傷口が化膿したり、関節に問題が生じるなどのトラブルに発展します。また、鋭い爪がそのままになっていることで、カーペットなどに爪がひっかかりやすくなり、ひっかかった爪が折れてしまうこともあります。深刻なケースだと、折れて爪が死んでしまうことも。その場合は動物病院で抜去してもらわなければなりません。

身体の痒みを感じた時には、強く掻くことで皮膚が傷つく恐れもあります。多頭飼いの家庭では、猫同時がじゃれた時にケガをさせてしまうこともあるかもしれません。さらに、飼い主が引っ掻かれた時、傷口から菌が入り感染症を起こす可能性も高まります。

爪とぎと爪切りは別物

よく、爪とぎをしている猫なら爪切りの必要はないと勘違いされることがあります。しかし、爪とぎと爪切りの意味は異なるため、念入りに爪とぎをする猫であっても室内飼いの猫であれば爪切りは必要と言われています。

爪とぎは、古くなった爪をはがして新しく鋭い爪にするために行うものです。猫の爪は人間の爪とは違い、何層にも重なっており、外側の古い爪が次第に剥がれていく仕組みです。たまに、ブーメランのように曲がった古い爪の脱け殻が転がっていることがありますよね。つまり、爪とぎだけでは鋭い爪の先端を削ることはできないんですね。

一般的な猫の爪切りの方法

出典:https://item.rakuten.co.jp/kenkoubin/m4976555839883/

猫の爪切りのおおまかな手順をご紹介します。用意するのは、猫用の爪切りと、万が一出血してしまった時のための止血剤やガーゼ、必要に応じてバスタオルや洗濯ネットです。

人間と猫とでは、爪の形が異なるため、猫用の爪切りを使用されることをおすすめします。また、十分に注意する必要がありますが、それでも深爪して出血した場合、速やかに応急処置ができるよう止血剤等を準備しておくのも大事です。

必要なものが準備できたら、猫を後ろから抱っこします。ちょうど飼い主さんのお腹と猫の背中がくっつくように抱え、後ろから切ってあげると恐怖心を和らげることができます。

猫の爪は、爪の根元を優しく押して出します。爪の根元のピンク色の部分には神経や血管が通っているため、ここを切ってしまわないように十分に注意します。目安としてはピンク色になっている部分から2㎜程度離れた位置をカットすると良いとされていますが、あまり無理をせずに尖った部分を少しだけカットするだけでも大丈夫です。

爪切りの後は、しっかりと褒めてあげましょう。ご褒美のおやつを準備しても良いですね。猫にとって、爪切りが嫌な思い出として残らないように配慮すると、次回の爪切りに応じてくれやすくなるかもしれません。


ドギーマンハヤシ NaturalStyle(ナチュラルスタイル) 猫用爪切り

爪切りが嫌いで暴れる猫はどうしたら良い?

出典:https://www.shutterstock.com

大人しく爪切りに応じてくれる猫もいますが、その一方でとても嫌がり暴れる猫もいます。これは、決して珍しいことではなく、多くの飼い主さんの悩みと言えるでしょう。

猫が嫌がる方法を避ける

猫は、足先を強く持たれることを嫌います。爪切りのために飼い主さんが爪を出す時は、できるだけ力を入れずに優しく持ちます。また、切る時以外は爪に触れないようにし、切れ味の良い爪切りを選びましょう。

爪を切る順番としては、親指側を最後とし、外側から内側に切っていく方が良いようです。猫の多くは、内側の爪切りを特に嫌がる傾向にあるため、外側から徐々に行っていく方が効率的でしょう。

一人が無理なら二人で

飼い主さん一人でスムーズに爪切りができないようであれば、誰かに協力してもらって二人で行うのも良いでしょう。一人が抱っこして関節を掴んで固定し、もう一人が爪切りに専念するというやりかたです。猫は足先を捕まれたり引っ張られたりすることを嫌います。足の付け根の関節を持ち伸ばすようにすると良いです。

便利な道具を使う

出典:https://item.rakuten.co.jp/1096dog/w-155181-00-00/

二人がかりでも暴れてしまう、また協力してもらえる人がいない時などには、バスタオルや猫袋、洗濯ネットを活用してみてはいかがでしょうか。バスタオルにくるまれるだけで大人しくなる猫もいます。洗濯ネットは猫よりもほんの少しだけ大きいサイズを選びます。ネットの網目から飛び出た爪を切ることになるため、網目が適度に粗いものを選びましょう。


おちつくネット

一度に行わず何度にもわけて

はじめのうちは大人しく爪切りに応じていても、徐々に暴れてしまう猫の場合は、一度にすべて行おうとせず嫌がった段階ですぐに解放し、何回かに分けて行うのも大事なポイントです。爪切りのために猫がじっとしていられる時間は、そう長くありません。

爪切りに慣れていない時は、鋭く尖った先端の部分をほんの少しだけカットするだけでも問題ありません。「一度に数本だけ切れれば良いや」くらいの気持ちで行いましょう。

暴れる猫の爪切りは専門家に任せるのもアリ

出典:https://www.shutterstock.com

今回は、猫が暴れて爪切りができない、という飼い主さんに役立つ情報をご紹介しました。もし、どうしても爪切りができない場合は、動物病院で爪切りをお願いするのも1つの解決方法です。無理をして飼い主さんがかぐられてケガをしたり、深爪をして出血したりする可能性もあります。こうならないためにも、子猫のうちから爪切りを習慣づけておくことをおすすめします。

参考サイト

ペット健康便(参照日2020-6-17)
https://item.rakuten.co.jp/kenkoubin/m4976555839883/

モコペット(参照日2020-6-17)
https://item.rakuten.co.jp/1096dog/w-155181-00-00/

著者情報

こば

小さな頃から保護された犬や猫を迎えて生活。現在は黒猫の「ジジ」に翻弄されながら、発見と感動の毎日を送っています。
実体験を振り返りつつ、飼い主さんの役に立つような情報を分かりやすく記事にすることを目標にしています。

オススメ

新着記事

楽天市場トップページへ