猫の爪切りのコツとおすすめの爪切り

猫の爪切りに困っていませんか?お互いにストレスなく爪切りをしたいものですね。今回は、猫の爪切りのコツとおすすめの爪切りをご紹介します。 2020年06月04日作成

  • 猫のカテゴリ - 猫の健康ケア猫のカテゴリ - 猫の健康ケア
  • VIEW:9,483

猫の爪切りはした方が良いの?

出典:https://www.shutterstock.com

おとなしく爪切りに応じてくれる猫であれば、あまり苦労もせず爪切りを行うことに抵抗もないかもしれませんね。しかし、爪切りが苦手な猫の場合、飼い主を引っ掻いたり噛みついたり、大暴れしてお互いにストレスが溜まってしまうかもしれません。

そこで気になるのが、そもそも猫の爪切りは必要なのかどうか、ですよね。苦労しながら爪切りをしている飼い主さんなら、できれば猫が嫌がることはしたくないと考えて当然です。

結論からいうと、飼い猫の場合は爪切りが必要です。爪を伸ばしたままにしておくと、思わぬ怪我につながったり、生活しにくくなったりと、猫にとって良くないからです。

屋外で生活している猫なら、木に登ったり、獲物を捕まえたり、自身の身を守ったりする上で鋭い爪が必要です。しかし、家のなかで生活している飼い猫の場合、爪を武器にする場面はなく、むしろ尖った爪がトラブルのもとにもなります。

爪とぎをよくしている猫は爪切りしなくても良い?

爪とぎが大好きな猫なら、爪をわざわざ切らなくてもちょうど良い長さに保てているのではないか?と思いますよね。しかし、爪とぎは爪切りの代わりにはならないため、爪切りは必要です。

そもそも、爪とぎは古い爪をはがして新しく鋭い爪を表面に出すためのものです。爪とぎをすることで爪の先が削れて短くなることはありません。

爪とぎをしない猫の場合、さらに爪切りの必要性は増します。爪とぎによって剥がれる古い爪が残ったままになると、爪が太く巻き爪になってしまい、肉球に突き刺さることがあるからです。

爪を切ることで防げるトラブル

巻き爪以外にも、爪を切ることで防げるトラブルはたくさんあります。まず、人や他の飼い猫のケガのリスクを減らすことができます。その猫自身も、体を掻いた時にひっかき傷をつくりにくくなるため、皮膚を守りやすくなります。

さらに。カーテンやカーペットなど、どこかに爪をひっかけてしまった場合、勢いで爪が折れることもあります。万が一、次に爪が生えないような折れ方をしてしまった場合、病院で抜去してもらう必要があります。

爪が伸び違和感を覚えると、爪を噛む行動も見られるようになります。この行為により傷ができてしまった場合、バイ菌が入って炎症を起こす可能性もあります。

猫の爪の切り方

出典:https://www.shutterstock.com

猫の爪を切る時は、先端の鋭く尖った部分を少しだけ切るようにしましょう。爪の根本には神経と血管が通っており、ここを切ってしまうと痛みや出血を伴うため特に注意が必要です。

爪切りは、人間の爪切りではなく猫用の爪切りを使いましょう。ハサミのような形をしたものと、ギロチンのような形をしたものが主流です。ハサミタイプは、子猫の爪を切るのに便利です。

猫の爪を切る時は、後ろから抱っこをして前足をそっと持ち、肉球を押して爪を出して行います。猫は強く握られることが嫌いなので、そっと優しく行うことを心がけましょう。抱っこ自体が苦手な猫もいます。バスタオルでくるむようにすると、おとなしくなる猫もいるため試してみてはいかがでしょうか。

爪切りを嫌がる時には無理して押さえつけたりせず、すぐに中断します。もし、自宅で爪切りが困難な場合は、動物病院で切ってもらうと良いでしょう。

爪切りを嫌がる猫には

猫の爪切りは、少しずつ時間をかけずに行うのがポイントです。特に爪切りが苦手な猫の場合、できるだけ一度にしっかり切ってしまいたいと思うかもしれません。しかし長い目で見ると、猫に負担をかけないようにこまめに行う方が、トラブルが起こりにくいためおすすめです。

爪の先端の尖った部分を少しだけ、一度で全部の爪を切らなくても大丈夫です。猫がストレスを感じたり、爪切りに意識が集中しないうちにやめましょう。こうして、少しずつ慣れていくと、猫も爪切りが習慣化するかもしれません。

多くの飼い主さんに選ばれている人気の爪切りとは?

これまで、猫の爪切りを人間用の爪切りで行っていた場合は、猫用の爪切りに替えましょう。また、現在使っている爪切りが使いにくかったり、新調したい場合には、どのようなものが人気を集めているのか参考にしてみてはいかがでしょうか。

猫壱 ストレスなくスパッと切れる猫用爪切り

出典:https://item.rakuten.co.jp/net-assist/4580471863763/

ハサミタイプの猫用爪切りです。切れ味が良いため、爪切りを嫌がる猫もストレスを感じにくいのだそう。刃に設けられた丸い部分に合わせて切ります。大人の猫にもよく使われており、長く使っても切れ味が良いと話題です。


猫壱 ストレスなくスパッと切れる猫用爪切り

difang 電動爪トリマー

出典:https://item.rakuten.co.jp/difang/difang-03/

犬にも猫にも使える、電動爪やすりタイプの爪切りです。電動ですが音がとても小さいので怖がりにくいという特徴があります。また、爪切りでつい深爪してしまったなどの失敗がある飼い主さんでも使いやすいです。犬と猫の両方を飼っている家庭には特に便利で、爪の厚さによって調整することもできます。


difang 電動爪トリマー

犬用・猫用爪切りセット

出典:https://item.rakuten.co.jp/kom-kom/r1409191500a/

ギロチンタイプの爪切りとやすりがセットになっています。ステンレス製の刃なので耐久性があり、女性でも少ない力で簡単に扱えます。ギロチンタイプは振動が少ないため深爪しにくいという特徴があります。こちらも、犬と猫の両方を飼っている家庭で使いやすいですね。


犬用・猫用爪切りセット

飼い猫の爪切りはストレスを与えないように注意して

今回は、猫の爪切りの必要性や方法、おすすめの爪切りについてご紹介しました。どんなに爪とぎが好きな猫でも、爪切りは必要です。伸びっぱなしの爪は様々なトラブルのもとにもなります。

爪切りが苦手な猫は多いです。頻度を少なくするために一度に無理をして行うよりも、少しずつこまめに行う方が負担が少なくて済みます。どうしても爪切りを嫌がってしまう場合は、動物病院に相談して切ってもらうのも1つの方法です。

猫の爪切りは犬用と兼用のものもたくさんあります。人間の爪とは構造が全く違うため、猫の爪切りは専用のものを使いましょう。使い勝手を考慮して選ばれることをおすすめします。

参考サイト

いぬと暮らす、ねこと暮らす(参照日2020-5-15)
https://www.axa-direct.co.jp/pet/pet-ms/detail/1251/

Net-Assist ネットアシスト(参照日2020-5-15)
https://item.rakuten.co.jp/net-assist/4580471863763/

difang (参照日2020-5-15)
https://item.rakuten.co.jp/difang/difang-03/

Kom&Kom楽天市場店(参照日2020-5-15)
https://item.rakuten.co.jp/kom-kom/r1409191500a/

著者情報

こば

小さな頃から保護された犬や猫を迎えて生活。現在は黒猫の「ジジ」に翻弄されながら、発見と感動の毎日を送っています。
実体験を振り返りつつ、飼い主さんの役に立つような情報を分かりやすく記事にすることを目標にしています。

オススメ

新着記事

楽天市場トップページへ