ハムスターのハウスは陶器製がおすすめ!その理由と商品をご紹介

ハムスターのハウスには陶器製やプラスチック製、木材製などさまざまな素材で作られたものがありますが、その中でもおすすめなのは陶器製です。今回はハムスターにハウスが必要な理由や、ハムスターにおすすめの陶器製のハウスをご紹介します。 2020年06月11日作成

  • ペット - ハムスターペット - ハムスター
  • VIEW:12,368

ハムスターにハウスは必要なの?陶器製など種類はたくさん

画像出典:shutterstock

ハムスターのハウスは、ハムスターにとっての重要なアイテムのひとつです。ハムスターはハウスがあることで身を隠せて安心し、ゆっくり体を休めることができます。また、出産や子育ての際にハムスターハウスがないと、ストレスを感じて子食いや育児放棄をしてしまう恐れもあります。ハムスターに過度なストレスを与えないためにも、ハムスターのハウスは大切なアイテムなのです。

また、ハムスターのハウスには陶器製やプラスチック製、木材製など、いくつか種類があります。素材によってそれぞれに良い点はありますが、なかでもおすすめなのが、陶器製のハウスです。ここからは、陶器製のハウスの特徴やメリットなどをご紹介します。

ハムスターのハウスを設置するなら陶器がおすすめ!

画像出典:shutterstock

なぜハムスターのハウスは陶器製が良いのか、その特徴やおすすめのポイントについてご紹介します。まず、陶器製のハウスは重くて安定感があるため、ハムスターが動き回っても倒れたり、ずれたりする心配がありません。そのため、ハウスが転倒することによるハムスターの怪我を予防できます。ただし、ハムスターのサイズに合ったものでなければ、ハムスターの動きに耐えられずハウスが転倒してしまう恐れもあります。ハウス選びの際は、ハムスターの身体のサイズも考慮して、適切なものを選んであげましょう。

また、陶器製の中でも素焼きのハウスは通気性が良く、湿気がこもりにくい特徴があります。そのため、夏は涼しく冬は暖かく快適に過ごせます。さらに陶器製のハウスはフンやおしっこをしても水洗いができるため、ハウス内を清潔に保つメリットがあります。

陶器のハムスターのハウスを買うならこれ!おすすめ5選をご紹介

陶器製のハムスターのハウスは衛生面に優れているほか、通気性が良いため、ハムスターが快適に過ごせる環境を作ることができます。また、デザイン性に富んだものも多く、ハムスターの可愛らしい姿を見ることも可能です。ここからはバラエティ豊富な陶器製ハムスターハウスの中から、特におすすめしたい商品を5つご紹介します。

おすすめの陶器製ハムスターハウス(1)マルカン ハムちゃんのこすぷれハウス

画像出典:https://www.rakuten.ne.jp/gold/kenkoubin/

穴から顔を出すと、まるでハムスターがコスプレをしているかのように見える、キュートなハムスターのハウスです。陶器製ならではの重さと安定感があるためハムスターが入ってもずれにくく、過ごしやすい環境を作ることができます。また、底が開いているため、内側が汚れてもお手入れしやすいメリットがあります。デザインの種類も豊富で、ハリネズミやアザラシ、ヤドカリ、恐竜のなかからお好みのデザインを選べます。


マルカン ハムちゃんのこすぷれハウス

おすすめの陶器製ハムスターハウス(2)サンコー 素焼きハウス(きのこ)

画像出典:https://www.rakuten.co.jp/seiranen/

きのこ型のデザインが印象的なハムスターのハウスです。幅80mm、奥行き80mm、高さ85mmと小型ハムスターに適したサイズなので、ジャンガリアンハムスターなどに向いています。素焼き素材で作られているため、通気性が良い点がポイントです。ハウスの前面と上部に穴が開いており、どちらからでも出入りすることができます。また、正面はもちろん、上部の小窓からハムスターが眠っていたり、くつろいでいたりする様子を見ることも可能です。底が広く開いているため汚れが付きにくく、お手入れもしやすいアイテムです。


サンコー 素焼きハウス(きのこ)

おすすめの陶器製ハムスターハウス(3)マルカン ゴールデンハムスターのおへや

画像出典:https://www.rakuten.ne.jp/gold/heaven/

直径92mm、高さ105mmと、ゴールデンハムスターも使える大きさのハムスターのハウスです。丸いフォルムと優しい肌ざわりがハムスターの体にフィットしやすく、狭い場所を好むハムスターにぴったりです。ハウス以外にも、砂遊びやトイレ、隠れ家としても使用できる使い勝手の良さが特徴です。優しいカラーリングなので室内に置いても違和感が少なく、インテリアの邪魔になりません。床が付いているタイプですが、出入り口が大きいため、お掃除も簡単です。同じシリーズにはジャンガリアン向けのサイズもあります。


マルカン ゴールデンハムスターのおへや

おすすめの陶器製ハムスターハウス(4)スドー 切株のお部屋

画像出典:https://www.rakuten.ne.jp/gold/heaven/

ゆったりとしたサイズが特徴のハムスターのハウスです。切り株のデザインで入口が大きく、中の様子が確認しやすい作りになっています。そのため、ハムスターの寝顔を見ることも可能です。夏はそのままでも涼しいですが、冬は巣材などと組み合わせると暖かく使うことができます。お掃除も簡単なため、中を常に清潔に保ちやすいです。サイズが大・小2種類あるので、飼っているハムスターの体型に合わせて選べるのも魅力です。


スドー 切株のお部屋

おすすめの陶器製ハムスターハウス(5)サンコー テラコッタトンネル

画像出典:https://www.rakuten.ne.jp/gold/chanet/

吸湿性の高い、トンネルの形をしたハウスです。ハムスターがかじっても害のない素焼き素材でできています。夏に適したひんやりとした感触ですが、巣材を敷き詰めても蒸れにくいため、冬も暖かく使用することができます。トンネル型なのでハムスターも隠れやすく、トンネル型の遊具としても使えます。お尻や顔を覗かせながら眠る姿を見ることもできます。サイズはS・M・Lと展開していますが、ハムスターにぴったりなサイズはSとMの2種類です。


サンコー テラコッタトンネル

陶器のハムスターハウスなら季節問わず快適に過ごせる!

画像出典:shutterstock

ハムスターにハウスが必要な理由と、陶器製のおすすめ商品をご紹介しました。陶器製のハウスは通気性に優れており、季節を問わずに一年中利用できます。また、陶器製のハウスは掃除が簡単で、水洗いしても乾きやすい点も魅力です。そのためハウスもケージ内も清潔に保つことができ、衛生面にも優れた商品です。ただし、ハムスターの体型にあっていないものを選んでしまうと落ち着けないため、使用してくれない可能性もあります。商品の特徴はもちろん、サイズも確認の上、適切なものを選んであげましょう。

参考サイト

ペット健康便(参照日:2019-12-19)
https://www.rakuten.ne.jp/gold/kenkoubin/

うさうさラビトリー(参照日:2019-12-19)
https://www.rakuten.co.jp/seiranen/

小動物専門店ヘヴン(参照日:2019-12-19)
https://www.rakuten.ne.jp/gold/heaven/

charm 楽天市場店(参照日:2019-12-19)
https://www.rakuten.ne.jp/gold/chanet/

著者情報

山野

ウサギ(ネザーランドドワーフ)を飼い始めたフリーライター。やっと我が家に慣れてきて探索を始めています。ハムスターやフェレットなどの小動物全般が好き。

オススメ

新着記事

楽天市場トップページへ