ヒョウモントカゲモドキにおすすめのケージは?選び方を紹介

ヒョウモントカゲモドキのケージを選ぶ際は、ヒョウモントカゲモドキが心地よく暮らせるものを選ぶことが重要です。それぞれのケージの特徴を知って、より良い暮らしをさせてあげられるものを選ぶようにしましょう。 2020年06月12日作成

  • ペット - その他ペット - その他
  • VIEW:140

ヒョウモントカゲモドキのケージの種類

画像出典:shutterstock

ヒョウモントカゲモドキのケージには、素材による特徴の違いがあります。

透明度の高いガラス製であれば観賞性にも優れており、インテリアとしても楽しめます。プラスチック製には、安価で軽く移動がしやすいというメリットがあります。アクリル製は、安価で強度や透明度が高いので、ヒョウモントカゲモドキをはじめとする爬虫類ケージとしてよく使用されています。

また、前面に扉がついていてメンテナンスがしやすいものや、複数個積み上げられるように溝があるもの、上部の蓋がスライド式になっているものなど、ケージの種類は数多くあります。

ヒョウモントカゲモドキのケージの選び方

画像出典:shutterstock

ヒョウモントカゲモドキは、事故や身の危険を感じたときに自身で尻尾を切断してしまう「自切」を防ぐために単独飼育が望まれます。飼育ケージの最も長い辺が飼育個体の全長の倍くらいあれば問題ありません。成体のヒョウモントカゲモドキは全長20cm~25cmほど、大きい個体でも30cm未満ほどですから、30cm〜50cm程度のサイズを目安にケージを選ぶようにしましょう。 ヒョウモントカゲモドキはあまり立体活動を行いませんが、脱走する可能性があるため、上部のふたは必ず閉じてください。

また、ケージにパネルヒーターを敷いても問題ない耐熱性を持っているかどうかを確認しておくことも大切です。 初心者から上級者までケージ選びのポイントは基本的に変わらないため、ヒョウモントカゲモドキが心地よく暮らせて、飼い主がメンテナンスをしやすいケージを選ぶとよいでしょう。

おすすめのヒョウモントカゲモドキのケージ6選

ヒョウモントカゲモドキを飼育するのにおすすめのケージを6つご紹介します。ヒョウモントカゲモドキ目線で、メンテナンスや給餌の際に手が上から迫ってくるように見えないもの、飼い主目線でメンテナンスが苦になりにくく生体の観察がしやすいものをピックアップしました。

ご紹介しているものの中には、飼育する生体が増えてもケージを積み上げることができる工夫がされているものもありますので、これから2匹目の購入を考えている方やケージの見直しを考えている方にもおすすめです。ぜひ、参考にしてください。

ヒョウモントカゲモドキのおすすめケージ(1)スドー レプティケース L

画像出典:https://www.rakuten.ne.jp/gold/fish-neos/

給餌ドアが2カ所に付いており、ヒョウモントカゲモドキ目線で給餌が可能なプラスチックケースのケージです。

側面に通気用のスリットがあるため内部が蒸れにくく、ケースを重ねて飼育していても、新鮮な空気をケージ内部に届けることができます。Lサイズの本体の横幅が40cm以上あるため、成長後の飼育を見据えておすすめできるケージです。


スドー レプティケース L

ヒョウモントカゲモドキのおすすめケージ(2)コトブキ工芸 ヒュドラケース3120

画像出典:https://item.rakuten.co.jp/auc-tropicalworld/

透明度が高く、ヒョウモントカゲモドキを観賞しやすいガラスケージです。開閉脱着式のスクリーンフレームが付いており、通気性やメンテナンス性もあります。サイズが横幅30cmほどと小さめではありますが、奥行も30cmあるので、成体でも問題なく飼育できます。

また、高さが20cmと低く、ヒョウモントカゲモドキの目の前に手を差し出してメンテナンスや給餌をすることも可能です。また、コード穴が用意されているため、保温器具を取り付けたい場合に役立ちます。

ホワイト、ブラックのカラーバリエーションがあるため、お部屋のインテリアに合わせて選ぶのもおすすめです。


コトブキ工芸 ヒュドラケース3120

ヒョウモントカゲモドキのおすすめケージ(3)ジェックス レプテリアホワイト 300Low

画像出典:https://item.rakuten.co.jp/topcreate/

コンパクトサイズのガラスケージを探している方におすすめのケージです。高さが20cm弱と低めなので、真上から手を入れずに給餌やメンテナンスができ、ヒョウモントカゲモドキを怖がらせずに済みます。

また、コード穴も付いているため、保温器具の取付けもしやすくなっています。中身が見えやすく、ヒョウモントカゲモドキを観察しやすいことも特徴です。


ジェックス レプテリアホワイト 300Low

ヒョウモントカゲモドキのおすすめケージ(4)スドー レプティギア 365 RX-472

画像出典:https://www.rakuten.co.jp/auc-a-avenue/

飼育スペースに余裕があり、なるべく多くヒョウモントカゲモドキとコンタクトを取りたい方におすすめのケージです。前面に大きなドアがあり、ヒョウモントカゲモドキ目線での給餌ができます。オールクリアのケースで中が観察しやすいのもポイントです。

積み重ねても通気が得られる2mm幅のスリットがあるため、中が蒸れにくくなっています。複数飼いの方にもおすすめです。


スドー レプティギア 365 RX-472

ヒョウモントカゲモドキのおすすめケージ(5)サンコー パンテオン

画像出典:https://24.rakuten.co.jp/

「より広いスペースでケージ内部のレイアウトにもこだわりたい」という方におすすめのケージで、ブラックとホワイトから選択可能。組み立て式のガラスケージで、側面のパネルが取り換えられます。

保温器具の取付けも簡単でコード穴付きと、ヒョウモントカゲモドキの飼育ケージの中でも機能性は高めです。前面スライド扉用のロックも付属しているため、万が一の脱走にも備えられます。カラーはホワイトとブラックの2色展開。お好みに合わせて選ぶことができます。


サンコー パンテオン

ヒョウモントカゲモドキのおすすめケージ(6)三晃商会 レプタイルボックス

画像出典:https://www.rakuten.co.jp/ks-sj/

幅20cm、奥行き30cmとコンパクトながら、ヒョウモントカゲモドキを終生飼育することができるケージです。もう少し広いところで飼育したい方は同商品の「ワイド」サイズを選ぶことがおすすめです。

フタはスライド式になっており、マグネットストッパーでピタッと閉じることができるので脱走を防ぐこともできます。背が低いのでメンテナンスや給餌がしやすいというメリットもあります。


サンコー レプタイルボックス

ヒョウモントカゲモドキに最適なケージを用意しよう

画像出典:shutterstock

ヒョウモントカゲモドキの飼育におすすめのケージをご紹介しました。安価なケージでも、通気孔や積み重ねの面で工夫がされているものなら、2匹目の飼育用ケージや飼育上級者用のケージとしておすすめできる商品も多くあります。

できる限り、ヒョウモントカゲモドキ目線でコンタクト可能なものを選んで用意してあげてください。

参考サイト

ネオス 楽天市場店(参照日:2019-12-06)
https://www.rakuten.ne.jp/gold/fish-neos/

トロピカルワールド楽天市場店(参照日:2019-10-15)
https://www.rakuten.co.jp/auc-tropicalworld/

トップクリエイト楽天市場店(参照日:2019-10-15)
https://item.rakuten.co.jp/topcreate/

アクアアベニュー(参照日:2019-10-15)
https://www.rakuten.co.jp/auc-a-avenue/

楽天24(参照日:2019-10-15)
https://24.rakuten.co.jp/

シビルライフ(参照日:2019-10-15)
https://www.rakuten.co.jp/ks-sj/

著者情報

のの

動物全般が大好き!ただ、動物の毛アレルギーのため辿り着いたのは爬虫類とアクアリウムでした。爬虫類は、ヒョウモントカゲモドキとフトアゴヒゲトカゲ、コーンスネークを飼育中で、給餌の時が日々の癒しです。爬虫類とアクアリウムの記事を中心に執筆しているフリーライターです。

オススメ

新着記事