うさぎのお散歩にはどんなリードを使えばいい?おすすめのリード5選

うさぎの散歩やお出かけに使ううさぎ用のリードにはいろいろな種類があり、リードを選ぶ観点もデザイン・サイズ・形状などさまざまです。うさぎのリードにはどのような商品があるのかを知り、うさぎに合ったものを選んであげましょう。 2020年06月23日作成

  • ペット - うさぎペット - うさぎ
  • VIEW:496

うさぎはリードを付けて外に出した方がいい?

画像出典:shutterstock

室内飼いのうさぎを家の外に出して良いのかどうかは、うさぎの性格によるといわれています。
好奇心の強いうさぎには良い刺激になっても、警戒心の強いうさぎにはストレスになることが考えられるためです。ただし、少しずつ慣れさせていけば警戒心の強いうさぎも外に出ることが好きになる場合もあります。

うさぎを初めて外に出す際、公園などに連れて行くのは避けた方が良いでしょう。初対面の人や動物に驚いてしまう可能性があります。まずは庭やベランダに出して、うさぎの反応や様子を見てみてください。
なお、庭やベランダではうさぎにリードをつけておいた方が安全です。ベランダからの転落・庭からの脱走などを防ぐためにも、外に慣れるまではリードの着用がおすすめです。

まずはうさぎを抱っこやリードの感触に慣れさせる

画像出典:shutterstock

実際にうさぎを外に出す前には、抱っこやリード(またはハーネス)の感触に慣れさせておきましょう。うさぎを外に出していてトラブルが起こったときには、飼い主さんが素早く抱っこしてあげることが必要です。そのような場合でもうさぎが逃げたりパニックになったりしないよう、毎日少しずつ抱っこに慣れさせておきましょう。

リードやハーネスをつけてみてうさぎが嫌がらないかどうかを確認し、大丈夫そうであれば徐々に慣れさせてあげることも大切です。
また、外出の際はキャリーケースに入れて移動することも考えられるので、普段からキャリーケースに慣れさせておくのも良いでしょう。

うさぎのリードを選ぶときのポイント

画像出典:shutterstock

うさぎのリードを選ぶときのポイントとして、次の3つが挙げられます。

1.うさぎの性格に合ったものを選ぶ
たとえば、活発なうさぎには引っ張っても痛くなりにくいものや、うさぎに負担がかかりにくいものがおすすめです。また、抱っこが苦手なうさぎにはハーネスと一体になっているリードを選んであげると良いでしょう。それぞれのうさぎの性格に合ったリードやハーネスを探してみてください。

2.素材とその特性をチェックする
リードやハーネスは、素材によって特徴が違います。たとえば、リードがゴム製であれば伸縮性があるため、元気なうさぎが引っ張っても首や体に負担がかかりにくくなります。また、ハーネスがメッシュ素材であれば通気性がよく、うさぎの肌や毛に起こるトラブルを防ぎやすくなります。

3.本体のサイズや調整可否をチェックする
リードやハーネスのサイズを確認しておくことも大切です。ハーネスタイプを使う場合、うさぎの体とハーネスの間に指が一本入るくらいのサイズが目安です。うさぎの体格に合わせて、きつすぎず緩すぎないものを選びましょう。また、サイズの微調整ができるかどうかもチェックしておきましょう。

うさぎにおすすめのリード5選

うさぎのリードには、着脱が簡単なタイプやうさぎの体にかかる負担を軽減するタイプなど、さまざまなものがあります。うさぎの体型や性格などを考慮し、うさぎに合ったものを選んであげることが大切です。また、リードとハーネスが一体となったタイプにも使いやすいものが多く、そちらの方が慣れやすいうさぎもいます。今回は、リードとハーネスあわせて5商品をご紹介します。

うさぎにおすすめのリード(1)マルカン うさちゃんのらくらくベストハーネス

画像出典:https://www.rakuten.ne.jp/gold/dog-kan/

うさぎへの装着が簡単で、専用リードとの接続もしやすいハーネス。前足を通し、背中にある面ファスナーをつけてロックを止めれば装着できます。着脱に時間がかからないので、ハーネスデビューをするうさぎにもおすすめ。

うさぎの体に食い込みにくい幅広設計になっていて、首やお腹にかかる力を分散させやすくなっています。面ファスナーでサイズの微調整をすることも可能。ピンク・ブルー・ブラウンのカラー展開があります。


マルカン うさちゃんのらくらくベストハーネス

うさぎにおすすめのリード(2)ミニアニマン ウサギの簡単ハーネスリード

画像出典:https://www.rakuten.co.jp/mrpostman/

胴輪と引きヒモが1つになったタイプのハーネスリード。うさぎの体全体をしっかりホールドしやすい形状です。リードについたクリップを上げて胴と前足を通し、クリップを下げるだけで装着することができ、クリップの上げ下げでサイズの調整も行えるのでおすすめです。

リードの長さは約120cmあり、Sサイズは胴まわりが22~34cm、Mサイズは30~42cmのうさぎに向いています。色はピンクとグリーンの2色。


ミニアニマン ウサギの簡単ハーネスリード

うさぎにおすすめのリード(3)サンコー ラビット・ベストハーネス

画像出典:https://www.rakuten.ne.jp/gold/aat-store/

ベストのようなデザインのうさぎ用ハーネス。ベスト部分のセンターには補強バーが内蔵されていて、リードが引っ張られてもベスト全体に負荷を分散させる設計になっています。

着脱もしやすく、全体的にうさぎに負担がかかりにくい配慮がされています。うさぎに着せると洋服のように見えるため、お出かけ着感覚で着るのもおすすめ。複数のカラーや柄のバリエーションがあります。


サンコー ラビット・ベストハーネス

うさぎにおすすめのリード(4)マルカン うさちゃんのうきうきハーネス

画像出典:https://www.rakuten.ne.jp/gold/chanet/

首と体に力が分散されやすい構造のハーネス。リードの接続カン部分にやわらかい背中あてがあり、うさぎの体に負担をかけにくくなっています。うさぎの名前を書くことができる迷子札と、音でうさぎの居場所がわかりやすい鈴がついているので、はぐれてしまったときに役立つのもおすすめのポイント。

ワンタッチバックルで着脱が簡単にでき、胴回りにあるアジャスターで長さの微調整が可能です。色・柄のバリエーションが豊富なので、うさぎの毛色に合わせて選ぶことができます。


マルカン うさちゃんのうきうきハーネス

うさぎにおすすめのリード(5)くにたちハーネス マリン

画像出典:https://www.rakuten.co.jp/e-petyasan/

Vネックデザインで、お腹側にも首にも負担をかけにくいおすすめのうさぎ用ハーネスです。前足を通して背中で留めるだけで簡単に装着できます。レッド・ネイビーの2色から選べるかわいいマリンテイストで、リードもおそろいのボーダー柄になっています。

外側の生地は綿100%のニット素材、内側はメッシュ素材で通気性があり、うさぎの着心地にも配慮されています。サイズ展開は、首まわり13cm~16cm・胴まわり22cm~25cmが目安のSと、首まわり16cm~21cm・胴まわり25cm~30cmが目安のMの2種類です。


くにたちハーネス マリン

うさぎに合ったリードを選んで楽しいお出かけを

うさぎを外出させることは必須ではありませんが、うさぎの性格によっては良い刺激になります。まずはうさぎを抱っこやリードに慣れさせてから、リードを着けて庭やベランダへ出し、少しずつ屋外に慣れさせてください。

うさぎに合ったリード(もしくはハーネス)は、うさぎの体型や性格などによってそれぞれ異なります。サイズや形状を確認しながら、ぴったりのリードを選んでみてくださいね。

参考サイト

Pet館~ペット館~(参照日:2019-11-05)
https://www.rakuten.ne.jp/gold/dog-kan/

ミスターポストマン 楽天市場支店(参照日:2019-11-05)
https://www.rakuten.co.jp/mrpostman/

にゃんともわんとも(参照日:2019-11-05)
https://www.rakuten.ne.jp/gold/aat-store/

charm 楽天市場店(参照日:2019-11-05)
https://www.rakuten.ne.jp/gold/chanet/

e-ペット屋さん(参照日:2019-11-05)
https://www.rakuten.co.jp/e-petyasan/

著者情報

こいけ

ワンコを2匹飼うぺットライター。実家では猫を飼っており、幼少期からペットに囲まれて育つ。 某有名ぺット雑誌での編集経験を持つ。

オススメ

新着記事