犬の食器はどんなものが良い?理想の食器を探そう!

愛犬の食器はどんなふうに選べば良いと思いますか?ペットショップやブリーダー宅で使っていたものに似た食器を準備する家庭もあります。それとも機能面で充実した食器を選ぶべきでしょうか? 2020年02月19日作成

  • 犬のカテゴリ - 犬の豆知識犬のカテゴリ - 犬の豆知識
  • VIEW:167

犬の食器は素材や機能を考える

https://www.shutterstock/.com

まだまだ、子犬の場合にはどうしても食器をかじることもあります。そのためにプラステチックやステンレスものを選ぶようにしてください。大人になって落ち着いて食事を食べられるようになれば、陶器の食器も衛生面では優れています。汚れが付きにくいという点でも優秀なのです。素材から入るか、食べやすさから入るか?ということに対しての答えは飼い主さんにしかわかりません。

〇値段・・値段で選ぶ場合にはプラスチック系が一番安価です。
〇ステンレス・・動物病院やホテルで使われる素材がステンレスです。衛生面でも安全なので、水飲みだけがステンレスという家庭も多いようです。
〇陶器・・重みがあって、食べやすい角度をつけているようなものもありますので、好みに合わせて選んであげてください。

愛犬に合う食器が一番

性格的に食器に触れたり、転がすような癖がある場合には、陶器の食器は、破損をしてしまう心配な素材です。ステンレスは、なんとなく鏡の様に見えて怖がるワンちゃんも多いので、子犬時代から慣れさせておく方が安全です。

陶器の器で食事をゆっくりと食べられるようになるためには、落ち着きが必要です。そして急いで準備をして、飼い主さんが落として破損と言うことも十分にあります。そのあたりは注意をしておきましょう。何でも手の出すようなタイプの犬の場合には、器をひっくり返す恐れもありますので要注意です。

食べやすい形をした食器

https://www.shutterstock/.com

犬の体の大きさや口の大きさ、そして食べるペースや歯の状態などをすべてよく考え併せて、食器を選ぶ必要があります。浅いお皿の場合には、ゆっくりと食べるようなタイプの犬に向いています。逆に、やや深さのある食器の場合には、しっかりと食欲のあるタイプの犬の方が向いていると言えるのです。

斜めに角度が付いている食器は食べやすい

自分で食事を食べるときには、やや角度が付いているような食器の方が食べやすいのです。食器の高さが犬の体高に合うものがどうか?を確かめてから使うようにしてください。あまりにも首を下げ過ぎるような姿勢だと、消化に悪くなります。背筋を伸ばして、食べやすい角度に、食器の高さが適切になっているかどうか?が肝心な部分です。

どちらかと言えば食べる意欲の強いワンちゃんに向いている食器の形状です。少し首を痛めているようなワンちゃんにも、この傾斜が付いている食器は、優しいデザインと言えます。

子犬時代は平らなものを使わせる

https://www.shutterstock/.com

プラスチック系の食器ですが、これならばひっくり返しても割れることがなく安全です。食器の裏に滑り止めをつけるなどして簡単に動かないようにしておくことも肝心です。おやつを食べる時などにも使える一番のスタンダードです。家の中に1個は常備しておくと何かと便利です。

愛犬の大きさによって器を考える

直径が広すぎても、また狭すぎても、結果的に食べづらいということになると、1日の食事タイムの度に、食べることに苦労をさせてしまいます。まずは犬の体高をしっかりと意識して、それに見合う食器を探してあげてください。意外と食事の時に食器のこだわりを見せるタイプの犬もいるのです。

定期的に最初のうちは買い替えるという場合には、プラスチック製のものを準備しておく方がコスト的にも助かります。最初から陶器の食器を使わせたいという場合には、食器の裏側に転倒予防のシールを貼るなど、工夫が必要です。とにかく食器は犬の口の大きさなどにも左右されますので、一番食べやすいと愛犬が思えるものを探し当ててください。

著者情報

UCHINOCO編集部

UCHINOCO編集部では、ペットに関するお役立ち情報をお届けしています。

オススメ

新着記事