初めての犬旅行!楽しい旅にするために準備することは?

犬を迎えて初めての旅行を計画するときに必要なことは何でしょうか?知識ばかりを身に付けていても実践が伴わないと、役に立たないものです。今回は犬と初めての旅行を考える時のポイントをまとめました。 2020年01月25日作成

  • 犬のカテゴリ - 犬の豆知識犬のカテゴリ - 犬の豆知識
  • VIEW:414

犬との旅行・最初のチェックポイントは?

https://www.shutterstock.com/ja/home

基本的に動物病院で混合ワクチンをすべて終えていることが重要です。ワクチンが未接種な場合には、宿泊を許可しないという宿も最近は増えています。そこまで厳粛にしなければ、犬同士の安全性を守れないということが宿側の言い分です。これは至って当たり前の論理ですので、飼い主としても受け入れて、宿に泊まらせてもらう以上、規約には従うことが当たり前の常識なのです。

感染症から愛犬を守るということと、同席する他人の犬に迷惑をかけないということが初めての旅行に出る前に必要な意識です。犬にはそのようなことは何もわかりません。飼い主側が常識を重んじて証明書の提示を求められても容易に答えられるように準備をしておくことが大事です。

家以外の場所でトイレができるかどうか?

家ではきちんとトイレが出来るのに、外に出た瞬間、トイレを我慢するというタイプの犬は旅行先でも苦労をしてしまいます。飼い主さんが適切に声をかけることで、その場所でトイレが出来ることは絶対に肝心なことです。逆に、あまりにも興奮してしまいマーキングが強くなりすぎるという場合には、マナーベルトを常備して、周囲に迷惑をかけないようにしてください。

家庭から離れた場所で過ごすという意味

https://www.shutterstock.com/ja/home

普段通りの自分のゲージの中でしか熟睡できないタイプの犬は、宿泊先で夜泣きをするものです。まずは旅先に持っていく予定のソフトゲージなどに、早くから慣れてもらうことが重要です。1カ月程度、いつも過ごしている場所にそのソフトゲージを組み立てて置いておくと、いつの間にか自分の方からそのゲージの中に入るようになります。このような経験値がとても大切なのです。

旅行とは非日常の世界

神経質な犬の場合には、旅先で下痢をしたり食欲が減退したりするものです。あらかじめ旅行を決めた段階で獣医さんに相談をして、胃薬、吐き止め、下痢止めなどを準備してもらうなど、とにかく準備は周到にしておきましょう。犬の性格にもよりますが、テンションが上がりっぱなしの犬と、テンションがいきなり下がる犬との格差をきちんと飼い主が認識して、旅行を楽しむべきでしょう。

初めての犬連れ旅行に必要な持ち物とは?

https://www.shutterstock.com/ja/home

〇証明書
〇いつも食べているフード
〇おしりふき
〇ペットシート
〇飲み水(いつも飲んでいるもので持ち出せるもの)
〇おやつ

最低限、旅行に行くときにはこのような準備が必要になります。旅先で食事を調達するということは避けてください。目新しいものを食べたがった場合でもそこは制して、いつものフードを適量与えるようにしてください。このあたりの配慮が欠けてしまうと、犬は旅先で体調不良を訴えるようにもなるのです。

衛生用品は多めに持ち出す

粗相をした場合にも飼い主としてきちんと処理をすることは常識です。普段の散歩などの準備だけではなく消臭スプレーなどは多めに持参するようにしましょう。マナーパンツやマナーベルトもいつもよりも多く準備しておくと、旅先のドッグカフェなどでも気軽に入って楽しめるのです。飼い主さんがどこまで、愛犬のために準備を怠らずに整えられるのか?が肝心です。

もしもの場合のケア用品は?

いきなり長距離のドライブをしたり、食べなれないものを与えることは絶対に避けてください。初めての犬連れ旅行は近隣を選んで、最悪、かかりつけの動物病院に戻れる範囲から練習をすることが肝心です。冬の冷えから体を守り夏の熱中症を避けることは当たり前のケアです。

事前に宿泊先のオーナーさんに近隣の動物病院の情報を得ておくことも必要です。備えあれば憂いなしということは、初めての犬旅行には欠かせないことです。初めてだからこそ良い思い出になるように頑張ってみてください。

著者情報

UCHINOCO編集部

UCHINOCO編集部では、ペットに関するお役立ち情報をお届けしています。

オススメ

新着記事