子猫のシャンプーはどれが良い?商品を紹介

子猫が汚れている時にシャンプーしたいなと考える飼主さんは多いのではないでしょうか?

子猫に使えるシャンプーはどんなものがあるか紹介します!
2020年01月19日作成

  • 猫のカテゴリ - 猫用品猫のカテゴリ - 猫用品
  • VIEW:189

子猫にシャンプーは必要?

子猫が汚れている時にシャンプーして綺麗にしてあげたいと考える飼い主さんは多いですよね。

子猫をシャンプーする場合には、早くても生後3ヶ月を過ぎてからすることが大切です。
子猫はまだ自分手間体温調節が苦手なため、シャワーを浴びることにより身体が冷えてしまい低体温症になってしまう危険もあります。

子猫が元気な時にシャンプーをするようにしましょう。
また、猫は水が嫌いな子も多いため子猫の様子を観察しながらシャンプーするかどうかを決めると良いでしょう。

小さい時から水に慣らせておけば、嫌がらずにシャンプーできるようになります。
水に慣らすため最初は桶にぬるま湯をはり、その中で掛け湯をしながら子猫を洗ってあげるとよいでしょう。

シャワーを使用する時は水流を弱くしてお尻からかけてあげます。
頭からかけるとパニックになってしまうので、顔まわりにいきなりかけることは避けましょう。

子猫のシャンプーの仕方は?

子猫をシャンプーする時には桶にお湯を張り、子猫を手の平に抱っこした状態でゆっくりとお尻からつけます。

首から下の体全体に掛け湯をして身体を濡らします。
猫は濡れるのが苦手な動物ですので、シャンプーは手短に済ませるようにしましょう。

シャンプーを手に取り、子猫の身体に馴染ませて全体を泡だてます。
首から下を洗ったら手で子猫の顔まわりを濡らして泡が目に入らないように注意しながら顔まわりを洗います。

指を使い顔まわりにお湯をかけて流して、泡を流していきます。
泡を完全に流さないと後で皮膚炎の原因になるため、完全に泡を流すようにしましょう。

その後、タオルドライをしっかりと行いドライヤーで乾かします。
耳の後ろ側や脇の下などは乾きにくいので、優先的に乾かすようにしましょう。

顔まわりを乾かす時には、風圧を弱にして乾かします。
強い風圧で乾かしてしまうとトラウマになってしまい、嫌がるので顔に直接風をかけないようにします。

手早く乾かしてあげるためのポイントはタオルドライをきっちりすることです。
タオル十分に水気を拭き取ると乾きやすくなりますよ。

子猫のシャンプーの商品を紹介!

子猫用シャンプーを紹介します。
購入の参考にして下さいね。

① ペットキレイ 顔まわりも洗える泡リンスインシャンプー 子犬・子猫用(230mL)

犬猫どちらにも使える低刺激のシャンプーです。
顔周りにも使用しやすく、お値段も手頃なのではじめてのシャンプーとしても購入しやすいです。

② ジョンポールペット 目にしみない子犬・子猫用シャンプー(473.2mL)

子猫と子犬兼用で使用できるシャンプーです。
敏感肌の子にも安心して使用することができ、目の周りの涙やけ対策としてもオススメです。
ペットが嫌がらないほのかなベビーパウダーのような香りが特徴です。

③ バイオグルーム カドリィキティ シャンプー(236mL)

泡切れが良い子猫用シャンプーで、繊細な被毛と皮膚を持つ子猫にも安心して使用することができます。
泡切れが良いことで、速乾性も期待できるためシャンプー時間の短縮になります。

④ ペットキン ボディ拭き専用 マイクロファイバーシート 猫用(30枚入)

汚れが気になったらすぐに拭き取れるシャンプータオルです。
濡らしてシャンプーできない時期の子猫の被毛も清潔に保つことができます。
手軽に使える点とカモミールなどが配合されたシートは保湿力に優れています。

⑤ 自然流 トリートメントコンディショナー(60mL)

天然素材だけを使用したシャンプーで、天然由来の優しい香りが魅力です。
天然素材が頑固な汚れを落とし、綺麗な皮膚と被毛に導きます。
和・漢・洋の漢方やハーブを配合した商品は洗う人の手にも優しいシャンプーです。

オススメ

新着記事