犬の自動餌給餌マシーンはどれくらい便利なの?

仕事でほとんどの時間を家の外で過ごすという方のために、犬用の自動餌給餌マシーンがどれほど優れているのかをまとめてみました。便利な機会は積極的に使って飼い主さんとしても時間の余裕を持ちたいものです。 2020年01月17日作成

  • 犬のカテゴリ - 犬用品犬のカテゴリ - 犬用品
  • VIEW:1,108

犬のお留守番には欠かせないアイテム「自動給餌器」

https://www.shutterstock.com/ja/home

普段から愛犬を留守番中心の生活にしている飼い主さんにとっては、自動で餌を与えることができる機械は夢のようなマシーンなのです。いろんな場面で実は活躍しているのですが飼い主さんのライフスタイルに合わせて上手に使い分けることで、飼い主さんの心配事も少しずつ減っていくのです。

たとえば昼間や夕方の食事時にまだ自宅にたどり着けていない場合が多々ありますよね? そんなときにも自動で餌を与えることができれば、愛犬が空腹になることもなく安心して帰宅をすることができるのです。これほど画期的なことはないように思います。

カメラ機能付きの優れモノ

最新のモデルではカメラが付帯しているものが多くなってきました。もしもこれから自動給餌器を準備しようと考えている人にはスマホから遠隔操作も可能なカメラ付き自動給餌器をおススメしたいと思います。このタイプのマシーンは非常に多機能で犬が喜ぶような機能も付いているのが特徴です。

例えば飼い主さんの声をあらかじめ録音しておいて、ご飯の合図などを伝えるために自動で声が流れるという仕組みになっているのです。カメラ機能というのは、実際に愛犬がフードを食べているかどうかを外にいながら確かめることができるのです。そして、猫の様子、部屋の様子の音を聞ける仕様のものも増えてきました。

1日に何回程度の給餌が可能なのか?

https://www.shutterstock.com/ja/home

たいていの機械を調べてみると1日4回までは自動で給餌が出来るという商品がとても多く、丸1日分のフードを遠隔操作だけで与えることができるのです。食べる量に微調節が必要と言う場合にも5グラム刻みで対応できるような機種も増えてきました。このあたりの情報を知りたい場合でも、中国製などの説明書には詳しくは記載がありません。

それならば国内産の自動給餌器が少々お高い場合でもリスクを考えたときには十分に役に立つでしょう。1日何回かに分けてご飯を食べるというタイプの犬の場合には役立ちます。

急な残業や用事が重なっても

一番の魅力はWIFI環境が整い、家族でIDを共有していれば他の家族でも自動給餌器を扱えます。自動給餌器の使い方さえわかっていれば、飼い主さんに代わり自動給餌器を操作できるという利点もあるのです。留守中の愛犬の様子や食事の様子を一目瞭然に知ることで安心して残業に打ち込めるという飼い主さんも大勢いるようです。

何でも破壊してしまうタイプの犬でも大丈夫かどうか?

https://www.shutterstock.com/ja/home

最初からきちんと自動給餌器を犬に見せておかないと何か自分を攻撃するような機械なのか?と勘違いを起しそうになります。これは避けたいのできちんと最初に自動給餌器の中身を見せたり傍に置いてみたりしながら恐怖感を持たせないようにしておいてください。

正直なところ破壊癖のあるタイプの犬には、不釣り合いな器具であることは間違いありません。ある程度の音もします。それに反応をしてしまい、ついつい機械に手が伸びてしまうというのも、犬の本能に従った行動の一部です。そのような場合には残念ながら自動給餌器を使うのは困難になります。

ある程度使いこなせないと意味がない

自動給餌器はカメラ機能なども装備されているので使いようによっては便利過ぎる文明の利器です。飼い主さんとして、愛犬が使いこなせるようになるまでには在宅時に遠隔操作をしてそこからご飯を食べるようにしつけてみるなど、事前の工夫も必要になることを忘れないでください。そうすることで、怖がったり機械を破壊するような真似をしなくなります。

オススメ

新着記事