一泊で外出する際の愛猫のお留守番は?ポイントを紹介

仕事の出張や旅行などで一泊家をあける家庭もあるのではないでしょうか?

そんな時には猫ちゃんにお留守番してもらうことになるかと思いますが一泊の時のお留守番方法について紹介します。 2020年01月15日作成

  • 猫のカテゴリ - 猫と暮らす猫のカテゴリ - 猫と暮らす
  • VIEW:3,068

一泊で外出するときのお留守番は?

まずは猫ちゃんをお留守番させるときには、いきなり長時間お留守番をさせてしまうと愛猫のストレスになってしまい体調不良になってしまう危険もあります。

短い時間から始めてお留守番に慣らしておく必要があります。
また、猫ちゃんがお留守番させる部屋には、誤飲などの危険がないように小さなものや触られて困るものは取り除いておくようにしましょう。

お留守番の最中に誤飲などされてしまうとすぐに気付くことが出来ずに愛猫の命に関わることがあります。

部屋の安全確保をしっかりしてから出かけるようにして下さいね。

部屋の安全確保するという点は短い時間でも一泊でも変わりませんが、一泊お留守番してもらうことになると心配なのはトイレやご飯のお世話です。

また、常に新鮮な水を飲めるように水を用意することも必要になります。
このような一泊で外出する場合、愛猫のお留守番はどうすれば良いのか次項目で紹介しますね。

一泊で外出するときのお留守番3選

長時間家をあける場合のオススメ方法を紹介します。
前提として一泊で外出して、お留守番してもらう場合には他の方に猫ちゃんのお世話を頼むことが良いでしょう。

ご飯やトイレのお世話も安心ですし、愛猫の安全確認もしてもらえます。

①ペットホテル

猫ちゃんを預ける場所としてペットホテルを利用するという方法があります。
しかし、猫は神経質な子が多いため初めての場所に預けられるとストレスから体調を崩す危険もあります。

お留守番本番までに中の様子を見学させてもらったり、お値段は少し高くなりますが広い個室タイプのペットホテルの方が落ち着いて泊まれるでしょう。

猫ちゃんの性格によっては環境の変化に敏感になってしまい、強いストレスをかんじてしまうこともあるためペットホテルの利用は愛猫の性格を考慮して利用を決めましょう。

②ペットシッター

初めての場所が苦手、神経質な猫ちゃんにオススメなお留守番方法としてペットシッターの利用があります。

ペットシッターとはシッターさんに自宅に来てもらいトイレの掃除やご飯などをあげてもらいお世話してもらいます。
ペットホテルよりも料金も安く済み、住み慣れた自宅で過ごすため猫ちゃんの負担はグッと少なくなります。

デメリットとしては他人が家に入るため、防犯面が気になる方がいます。
さらには、初めての人が自宅に入るため猫が、警戒してしまいうまくお世話させてくれないという可能性もあります。

ポイントは信頼できるペットシッターさんを探して飼い主さんがいるときに一度利用してみると良いでしょう。
猫ちゃんもシッターさんと顔見知りであればそれほど警戒することなくお世話させてくれますよ。

自宅の鍵をシッターさんに預けることになりますので、きちんとした会社のペットシッターさんにお願いすることが大切です。

③家族、友人などにお願いする

親しい信頼できる他の家族や友人がいるのであれば、その方に猫ちゃんのお世話をお願いするという方法もあります。

また、実家などで帰省の際に一緒に連れて帰ったことがある家であればそちらに預けるということもひとつの方法です。
家族や友人であれば愛猫と顔見知りの場合も多く気兼ねなく頼みやすくなります。

しかし、お世話をしてもらうお礼などに関して料金が明確に決まっているペットホテルやシッターとは異なるためお互いの善意によって決めにくてはなりません。

また、家族や友人の予定などによってはお世話を頼むことが難しい場合もあります。
さらには気兼ねない反面、プロではありませんのでなにか見逃してしまう可能性もあります。後々トラブルにならないように事前に相談してみることが大切です。

猫ちゃんがお留守番中も快適に過ごせるように飼育環境を整えてあげましょう。

オススメ

新着記事