なぜ??犬が飼い主に吠える時の心理状態を知りたい

犬が飼い主さんに向かって吠えるというのは、どういう状態なのでしょうか?基本的に犬と飼い主さんは主従関係を保つことが理想とされています。それが何らかの形で、うまくいかないときには、飼い主さんに対しても吠えるようになるのは仕方のないことなのです。 2019年12月28日作成

  • 犬のカテゴリ - 犬を飼う犬のカテゴリ - 犬を飼う
  • VIEW:14,453

飼い主さんに吠える犬について

https://www.shutterstock/.com

散歩をしているときに、飼い主さんに言うことを全く聞かずに自分の行きたい方向だけに行こうとしている犬がいます。なぜ自分勝手な行動を取るのでしょうか?そして飼い主さんが注意をすると、いきなり吠えてか飼い主さんが困り果て、散歩の途中で不機嫌になっているという様子を見かけます。

これは飼い主さんとの関係性がきちんと成り立っていない証拠だと言えます。家の中では基本的に飼い主さんがご主人様です。その相手に向かって吠えるというのは、あまりにも残念なことでもあります。もしも自分の犬が、飼い主さんに向けって吠え続けるような場合には早急に、その関係性を見直さなければいけません。・

飼い主に威嚇しても何も良いことは起きないと教える

飼い主に対して吠える瞬間というのは、どういう時でしょうか?例えば何か拾い食いをしていたときに、止めに入った飼い主さんに対して怒りをあらわにするということがよくあります。このときには、見境なしに飼い主さんに吠え掛かるのです。この理由は犬の私有欲が強すぎて、自分のものを横取りされるような気持ちになるからなのです。

但しこれは問題行動ですので、出来るだけ早く止めさせるようにするべきでしょう。飼い主さんには絶対に吠えないことが、理想です。何かあった場合でも飼い主さんに吠えるというのは、早期に対処しなければいけない問題です。

飼い主さんに吠える犬の対処法

https://www.shutterstock/.com

飼い主さんに吠える犬というのは完全に社会化不足が原因です。どんな環境でこれまでの時間を過ごしてきたのか?によって、犬と飼い主さんの信頼関係は変わってきます。社会化ができていない犬に対しては、飼い主さんはとにかく誠心誠意の気持ちでいろんなことを教えなければいけません。

刺激の少ない環境で育てられてしまうと、ちょっとした物音や出来事にも過剰に反応してしまうということがあります。このために、飼い主さんがちょっと注意をしただけでも過剰に反応して吠えてしまうということになるのです。これは威嚇行動として、早めに解決が出来るように対処しなければいけません。

飼い主さんに吠えるのはNG

犬は何かを伝えようと必死で吠えているということがあります。それでも毎日のお世話をしてもらっている飼い主さんに対して威嚇をすることは問題です。あまりにも興奮をして吠えているのではないでしょうか?他には次のような理由が考えられます。
・寂しい
・要求がある
・単なる威嚇

実際に飼い主に対して吠えている犬は、どれに当たるのか?を飼い主さんが見極めないと、いけません。早急に飼い主い吠えるという状態を脱出したいものです。その他ための対策を考えてみました。犬の気持ちになって考えることで、必ず解決の糸口は見つかるものです。

犬が飼い主を威嚇する理由は?

社会化が遅れているために、飼い主さんをきちんと認識されていない場合が多いのです。そしてテリトリー意識の強さから、飼い主さんが何か手を伸ばした瞬間に吠える問題行動を起こしてしまうのです。もしかすると体のどこかに痛みがあるのかもしれません。いずれの場合も、まずは犬との信頼関係をきちんと確立させて、犬が飼い主に吠えないように努力をするべきでしょう。

犬が飼い主を威嚇する理由とは?

https://www.shutterstock/.com

・恐怖
・痛み
・理由のない攻撃性

これが、犬が飼い主に吠える理由です。まずはできるだけ問題行動が大事にならないように、気を引き締めて犬のお世話をするようにしてください。犬が飼い主さんに吠える理由がはっきりした場合には、そこを改善してあげられるように対処すれば良いのです。

オススメ

新着記事