犬が寂しいと感じる時の鳴き声ってどんな感じ?

犬は寂しいと感じたときには独特の声を出します。物悲しくもあり情けないような声を聴いているだけで、こちらまで寂しくなるような気持になります。今回は犬が寂しいと感じた時の心理と鳴き声についてまとめてみました。寂しがり屋の犬にとっては留守番は苦手科目でしかないのです。 2019年12月29日作成

  • 犬のカテゴリ - 犬と暮らす犬のカテゴリ - 犬と暮らす
  • VIEW:19,275

犬が寂しいと感じるのはなぜ?

https://www.shutterstock/.com

犬は群れで暮らす性質のある動物です。寂しいと感じ始めると、際限なく寂しい気持ちでいっぱいになってしまうのは仕方のないことだと言えます。片時も飼い主さんと離れたくないと感じるのは、犬も人も同じです。それでも、生活や仕事がある以上、なかなか犬の気持ちに100パーセントは答えらないのが現状です。犬が寂しさを感じる時にはキューンと高い声で鳴くものです。

こんな時に、飼い主さんは何をしてあげるのが良いのでしょうか?飼い主さんがそばにいないと寂しい鳴き声になっているとしたら、切ない限りですよね。心が弱くなってしまうと、犬にとっても精神的に良くない状況に陥ってしまいます寂しいという気持ちを持たないようにするには、どうすれば良いのか?思う気持ちがさらに、飼い主さんまでも寂しい気持ちにさせてしまうのではないでしょうか。

いつも飼い主さんに優しくしてもらいたい

犬は飼い主さんの声の調子や表情で愛情を受け取っているのです。そして常にこちらを見てほしいという欲求は高まる一方です。そんな時に、どんどんと寂しさが加速してしまうとキュンキュンと鳴き続けてしあみます。そうなってしまうと収拾がつかなくなります。まずはそうならないためにも、犬に理解をしてもらえるように飼い主さんの意識を変えるしかありません。

犬が分離不安症になってしまうのは、飼い主さんの接し方と対応不足の場合がほとんどです。寂しいと鳴き続けるのを阻止するのではなく、犬の気持ちにできるだけ寄り添いながら改善を図ってみてください。甘やかす時間と離れる時間のギャップを埋めることが、犬にとっては最大に寂しさを癒すことにつながるのです。

寂しくて鳴き続ける場合にはどうすればよいの?

https://www.shutterstock/.com

寂しいときの鳴き声は高くか細いものです。それは何とも心に届いてしまうような物悲しい雰囲気なのです。これを一度でも聞いてしまうと何とかしてあげちゃと、甘やかしてしまうのも、飼い主感情としては、仕方のないことです。ただ、そこに飼い主さんが甘えてしまうと、犬の寂しさを癒すことができませんよね。

実のところ、犬はかなり高い知能を持ち合わせています。飼い主さんの気持ちまで見抜いている部分があります。寂しがり屋にさせないように、環境を整えるなどして、最大限の努力を飼い主さんもすることが犬の寂しさを癒します。

寂しく鳴いても頑張って改善をする

留守番の時に寂しさを感じる犬がほとんどです。飼い主さんは必ずもどってkるうということを心にしっかりと植え付けることと、トレーニングを積むことが必要です。そして飼い主さんがいない時でも、自分で楽しめるおもちゃや遊びを見つけられ得るように、協力をしてあげてください。

一緒に過ごせる時間には、笑顔と声がけに重点を置いて犬には安心感を与えられるように努力をしてください。そばにいる時には飼い主さんからもストレートな愛情を与えるようにしてあげることで、犬の寂しさも少しずつ癒えていきます。

離れていてもそばにいるような感覚を

https://www.shutterstock/.com

犬に寂しい思いをさせるのも、させないようにするのも、飼い主さん次第なのです。そこをしっかりと自覚しておいてください。そうすることで、犬はいつしか飼い主さんを待てるようになります。待っているとまた優しい笑顔の傍にいられる、と考えると犬は目的を持てるようになるのです。愛する気持ちはきっと、犬にとっては離れていても安心できるような気持ちへと昇華していくはずです。それが犬と愛し合うということなのです。

オススメ

新着記事