犬は自宅で留守番が良い?それともペットホテル?どちらがいい?

飼い主さんとして愛犬を留守番させるときに、どの時間に合わせて自宅、そしてペットホテルを使い分ける必要があります。数時間の場合には、自宅でペットカメラを使いながら見守ることができます。それでも留守番の時間が長い場合には、ホテルを利用した方が安心な場合もあります。 2019年12月01日作成

  • 犬のカテゴリ - 犬の豆知識犬のカテゴリ - 犬の豆知識
  • VIEW:15,170

犬にとって一番楽なお留守番ってどれ?

https://www.shutterstock/.com

犬を長時間留守番させないといけないという場面では、飼い主さんは悩ましい選択を迫られます。それでも、万が一の場合のお留守番方法は家族みんなで決めておくとよいでしょう。あまりにも遠方に出かける場合には、自宅の中で何かあった時でも、すぐに戻れない場合がほとんどです。

基本的に自宅で留守番をさせる方がその子にとってストレスが少ない、ということがはっきりしている場合には、それがベストな方法でしょう。それでも留守番の時間の長さによって留守番の方法を臨機応変に考えることは特に重要ポイントです。万が一の場合に安心して預ける場所があるのは、とても安心できることなのです。犬が快適に過ごせることが何よりも大事ですが、やはりそこに安心と安全が備わっていることが求められます。犬が落ち着ける場所であり、且つ安心で安全な場所というのは、自宅?それともペットホテルなのか?という答えは犬自身の性格や経験によって随分とかわるものです。

自宅で留守番が出来る時間帯

https://www.shutterstock/.com

犬のゲージをきちんと設置して、お水や空調などを完璧に管理できる状態であれば、長い留守番も、平気で過ごしてくれるはずです。そのためには、飼い主さんときちんとコンタクトが取れることが求められます。予めしつけをきちんと行っておけば、飼い主さんの言葉も、犬は理解するようになります。

ただし、あまりにも留守番の時間が長く愛犬自体がそのお留守番に慣れていない場合には自宅よりもペットホテルを利用した方が安全です。自宅かペットホテルか?というところで悩ましいのですが冷静にそのメリットデメリットを比べると答えは出るのではないでしょうか。短い時間でも、あまりにも不安がる場合には動物病院内のペットホテルの方が万が一の場合も安心です。

自宅での留守番で心配なこと

自分の家で落ち着いて留守番ができることは犬にストレスを与えることを回避できます。そして日々の時間を過ごす自宅だからこそ、余計な緊張もせずに犬も静かに、飼い主さんの帰りを待つことができるのです。ただ、何か急激な体調不良などが起きた時の心配が付きまとうのも事実です。

気を付けていても部屋の中で事故が起きてしまう場合もあります。また急な嘔吐や下痢などの体調の変化にカメラ越しに気づいても、すぐにどうしてあげることもできません。これは外出先にいる飼い主さんにとってはあまりにも、しんどい状況です。

ペットホテルの利点は?

https://www.shutterstock/.com

ペットホテルにも2種類あります。一つは一般のペットショップに併設されているホテルです。普段からトリミングなどで利用している場合には、犬の方もその場所には、慣れていると思います。いずれの場合でも、急な用件で愛犬を預けなければいけなくなった時に頼りになるのがペットホテルという存在です。

飼い主さんも365日、健康でいられるわけではありません。家族の急病や不幸にも出会ってしまう可能性もあります。理想としてはどこか1か所だけでも、心おきなく、ペットを預かってもらえる場所の有無はかなり頼もしい存在になるでしょう。

病院に併設されているペットホテルの場合

動物病院併設のホテルは必要に応じて獣医さんの診察をきちんと受けられるというメリットがあります。何かあったときにも常に、動物病院の中ということで絶大の安心感があります。食事のお世話お散歩まで、病院によってはきめ細やかに行ってくれるのが特徴です。出来ればかかりつけの動物病院のペットホテルを事前に利用して、いざと言う時のために備えておくのも良い方法だと思います。同居犬がいる場合には同室も可能にしてくれる場合も多いのです。お預けしている時に、定期健診や健康診断を同時に受けるということもできますので、上手に利用してください。

オススメ

新着記事