犬が留守番をするときにカメラは役に立つの?

最近は飼い主さんが仕事で家を空けていても、見守りカメラが愛犬の様子をスマホに届てくれるようになりました。時代の変化とともに、犬のお留守番のスタイルも変化をしています。最新の留守番カメラがどんな機能などについても、まとめてみました。 2019年11月29日作成

  • 犬のカテゴリ - 犬と暮らす犬のカテゴリ - 犬と暮らす
  • VIEW:942

一人暮らしの飼い主さんには絶対に便利なアイテム

https://www.shutterstock/.com

犬のためにペットカメラを準備する人が増えてきています。リアルタイムに犬の様子がわかることは飼い主さんにとっての大きな安心感につながります。防犯面でも必ず役に立つ、ペットカメラの設置を、この機会に考えてみませんか?同じカメラの中でも遠隔操作ができる機種の場合には、留守番をしている犬に声を届けることもできるようです。

愛犬もカメラから飼い主さんの聞き慣れた声が聞こえてくると、心から安心するものです。今頃どうしているかな・・と思いを巡らすよりも、カメラでその様子を直接的に見守れることは、良いことなのです。便利なグッズを大いに利用をして、ペットの安全を離れた場所でも見守れるようになると、仕事中も安心できますよね?

360度全方位のカメラ

一昔前のペットカメラでは同じアングルだけに限定されていました。そのカメラの視野から、被写体が消えてしまうと飼い主さんとしては、それ以上、愛犬を追えないので心配になります。それではせっかくの留守番カメラも、使いようがありませんでした。最近のペットカメラになると200万画素は当たり前という時代です。

その上ハイビジョンカメラが搭載されているので、高画質で愛犬の様子を見守れるようになっています。しかも暗い場所で撮影は可能ですので本当に便利なカメラです。高角度で大事な愛犬を外か見守ることもできるので、いろんな意味で安心感が違います。

追尾機能と首振り機能は万能!

https://www.shutterstock/.com

愛犬が動いた時に追尾してくれる機能は、絶対に便利です。そして首振り機能で広い角度まで愛犬の様子をとらえられるので、犬が自由自在に部屋の中を動いていても、必ずキャッチできるようになっています。これこそ、便利な機能だと言えます。そして飼い主さんの操作で、おやつが飛び出すタイプのカメラもあります。

遠隔操作で固形フードをおやつ代わりに飛び出せる機能を使っている飼い主さんも最近は多くなってきました。長く家を空ける飼い主さんにとっては心強い味方です。画素数も200万画素以上のものも、随時販売されるようになり、ペットカメラもどんどん進化してきました。今ではペットの留守番時には頼れるアイテムとして、認知度も高くなり、需要も増えているようです。

動作検知センサーと赤外線センサー

最新の機種になると、2種類のセンサーが働いてペットの様子をスマホに伝えてくれるようです。そして部屋の温度までも、感知できる機能が付いているので、ペットだけを残して外出をしている飼い主さんにとっては二重の安心が備わることになります。そして犬の声もスピーカーを通して聴こえるので、お互いに安心感をキャッチボールできるわけです。

ペットの留守番カメラを選ぶときには

https://www.shutterstock/.com

①部屋の明るさに左右されず撮影が可能なのも
②カメラを通してペットに語り掛けられる
③360度遠隔で見渡せる

この3つの条件が揃うカメラを購入して、ペットが留守中にどんな風に過ごしているのかを把握しておくことも重要です。

飼い主さんの使い勝手で決めれば良い

どれくらいの時間、カメラを利用するのか?によって好みの機種を探せばよいのです。どのペットカメラも最近は優秀にできています。愛犬を自宅に残すという後ろ髪をひかれるものです。カメラの存在が飼い主さんのそんな気持ち和らげてくれるようになるのは、とても有意義なことだと思いませんんか?

ペットの留守番カメラは、本当に便利で利用をしている人も、どんどん増えていることを知って、実際の利用を考えてみることも良いのことだと思います。

飼い主さんの心理的負担を軽減

一番の効果は、飼い主さんが心理的に安心を保ちつつ仕事に専念できるということです。ペットを見守るということに特化してしっかりと機能できるペットカメラをお留守番時に多用することで、飼い主さんはさらなる安心感を手に入れることができるのです。

オススメ

新着記事