犬を触り過ぎるのは注意が必要・その理由とは?

犬は健気な性格をしています。だからこそ、飼い主さんや家族が自分を触り過ぎても、我慢をしてしなうところがあります。もしかしたら、触り過ぎていませんか?犬の気持ちを中心に考えてみました。 2019年11月02日作成

  • 犬のカテゴリ - 犬と暮らす犬のカテゴリ - 犬と暮らす
  • VIEW:22,249

犬を触り過ぎることはストレスの種

https://www.shutterstock.com/ja/home

あまりにも可愛い存在であればあるほど、飼い主さんは過剰にスキンシップを取るために犬に寄り添います。犬も最初は黙って触られています。それでも、ある一定の時間を過ぎてまで触られるのは苦手な場合もあるのです。犬は飼い主さんが自分を愛してくれていることは十分に感じているのです。

それでも過剰に触られてしまうと、必死に我慢をしている場合もあるのです。一人で過ごしたいと感じる時に飼い主さんに促されてそばに寄ってもあまり、嬉しい気持ちににはなっていないのです。真面目な飼い主さんほど、触り過ぎることでストレスを与えていることに気づいていないのです。

犬がストレスを感じるスキンシップ

飼い主さんとしては愛犬のことを少しでも知ろうという気持ちで、優しく触れているつもちです。それでも、犬にとってはあまりにも触られることでストレスを感じてしまうのです。撫でることの何が悪いの?と純粋に思ってしまいますよね。それでも過剰な犬とのう触れ合いは犬には負担になる場合が多いのです。

一度のハグで愛情をしっかりと感じるものです。それ以上のスキンシップは、犬の気持ちに寄り添っていることに居はならないのです。例えば寝ている時に撫でられるのは、あまり好きではありません。たまにはそっとしておいて欲しいと思う時もあるのです。

触り過ぎの注意点とは?

https://www.shutterstock.com/ja/home

犬は自分が今、撫でられたいと思うと飼い主さんの方に寄り添ってサインを出してきます。それに応えるような形で触れることは、犬が一番望んでいることです。逆に何も望んでいない時に、触り過ぎると犬の方が引いてしまう場合もあります。今は特に触られたくないと感じているときもあります。

特に頭を急に触られるようなことを嫌います。それでもも飼い主さんがすることは、絶対服従と強く感じている犬の場合ほどストレスを与える結果になりがちです。これだけは避けるように配慮してあげてください。触られると苦手と感じている場所もどの犬にもあるのです。

メリハリのあるスキンシップが肝心

飼い主さんがメリハリを持ってスキンシップを求めていくのは、とても良いことです。犬の方も心から喜ぶでしょう。ただ、24時間ずっと触られて喜んでいるとも言い難いのです。ほんの少し、飼い主さんと距離を保ちつつ自分の時間を過ごした後に、また飼い主さんに甘えたいと考える犬も多いおです。

あまりにも過剰なスキンシップは犬のためになりません。むしろ、一人の時間を一人で過ごせるようにならないと、分離不安に陥ってしまうなど二次的に心配な要素が広がってしまうのです。

犬の気分を重んじた接し方が大事

https://www.shutterstock.com/ja/home

犬にも気分があります。今は飼い主さんと過ごしたいな、と感じるときと、一人でゆっくりしたいな、と感じる時です。犬の行動には意味があるのです。飼い主さんのそばから離れて自分のゲージの中にいるときや、何か他のことに夢中になっている場合には飼い主さんの方からも距離を取ることをおススメします。

このように暮らしの中で、少しずつ犬との過ごし方がわかってくるはずです。あくまでも触り過ぎは犬のストレスを生み出してしまうことを、知っておいてください。適度なスキンシップを常に考えるようにしてください。

しつけやコマンドとは違う・触り過ぎること

触り過ぎることで犬の方が敏感になってしまい、そこからストレスを感じてしまうような場合には、飼牛さんとしてもう一度考えないといけなくなります。できれば犬の行動を常に理解をして、気分の浮き沈みにも敏感になってあげてください。そうすることで犬とまた、新たな関係性が築けるのです。

オススメ

新着記事