愛犬が飼い主さんを信頼してる時のサイン5選!

犬と一緒に生活する上でしつけはとても大切です。また、飼い主さんが愛犬の頼れるリーダーになることは愛犬が安心して快適に生活するためにはとても重要になります。

愛犬との信頼度が気になる飼い主さんもも多いかと思います。信頼を表すサインを5選紹介します。 2019年10月14日作成

  • 犬のカテゴリ - 犬を飼う犬のカテゴリ - 犬を飼う
  • VIEW:22,568

愛犬が信頼を感じる時におこなう仕草5選

愛犬は私達人のように言葉をしゃべることができませんが、様々なサインを見せて飼い主さんに信頼してますよという気持ちを伝えてくれています。

愛犬が飼い主さんに対しておこなう信頼のサインについて紹介します。

①飼い主さんを見ている

犬は大好きな飼い主さんの行動に敏感です。そのため、常に飼い主さんの行動が気になり、飼い主さんをいつも視界に入れておきたいと思い、飼い主さんを見ていることが多くなります。

同時に、飼い主さんにいつも自分の存在を認識していてほしいという思いから飼い主さんの視線にフレームインしようと注目しています。
熱い眼差しを感じて見てみれば愛犬と目があったなんて経験があるかと思いますが、飼い主さんに注目していることは信頼の証になります。

②寄り添ってくる

犬は群れで行動する生き物であり、寄り添ってくっついていることで安心します。また、飼い主さんにくっついていることも大好きです。

そのため、家族がリビングなど団欒で過ごしているときはその中心にいたいと考えて、飼い主さんに寄り添っていることが多いです。
くっついて安心している状態だとそのままお昼寝をしてしまう、なんてこともあります。飼い主さんとの信頼関係が築けていると身体の一部をくっつけてリラックスするしますが、その姿にこちらも癒されてしまいますよね。

③名前を呼ぶと反応する

信頼関係を築くことができていれば、愛犬は飼い主さんの声に敏感に反応して、名前を呼ぶとそちらに注目します。
大好きな飼い主さんに名前を呼ばれることは愛犬にとっても幸福を感じることてありため、そばに寄ってきてもっと指示を聞こうという姿勢を見せてくれますよ。

名前を呼んで振り向く、側に寄ってくるなどの行動を愛犬が見せた場合には信頼の現れでもあります。

④飼い主さんの膝に乗る、大人しく抱っこされている

常に飼い主さんに寄り添っていたいと考える愛犬は飼い主さんとのふれあいとコミュニケーションが大好きです。

そのため、特に小型犬などは自ら飼い主さんの膝に乗ってくっついていたいと考えます。同時に不安などを感じると飼い主さんに抱っこをせがむ、抱っこされても嫌がらない時には安心して身を任せている証拠です。

一つ注意したいのは、愛犬が膝に乗ってきた際に下ろすと唸る、嫌がるなどの行動が見られたときには逆に飼い主さんに対して自分が上だと考えている場合があります。
信頼していれば飼い主さんのいけんを素直に聞こうとするため、自分が主導で行動している場合には逆に信頼関係がきちんとできていない可能性があります。

⑤飼い主さんと行動するときは尻尾を振っている

尻尾は犬の気持ちを表すバロメーターです。飼い主さんが名前を呼ぶ、一緒に行動している時愛犬はどのような尻尾の動きをしていますか?

愛犬が飼い主さんに対して信頼して安心していたり、嬉しい時には尻尾をゆらゆらとゆっくり左右に振ります。

また、遊んでいる時や散歩の時は嬉しくて感情が昂っている際にはおしりごとブンブンと激しく左右に振ります。
信頼を感じる時などは尻尾の動きにも注目してみると良いかもしれません。

愛犬は飼い主さんが大好き

愛犬が信頼を感じている時に見せるサインについて5選紹介しました。
飼い主さんが大好きな愛犬は飼い主さんの動きに注目しており、熱い視線を送っていることが多いです。

飼い主さんのさんと共に行動することが大好きですので、たくさんコミュニケーションをとってあげましょう。

オススメ

新着記事