ご飯を食べてくれないのはなぜ??ただの気まぐれ?それとも病気?

犬が急にご飯を食べなくなると飼い主さんは焦ります。それがずっと続くと、それは体調不良なのかどうか?と判断をしなければいけなくなるのです。今回は、犬がご飯を食べない理由について考えてみました。 2019年09月19日作成

  • 犬のカテゴリ - 犬の食べ物犬のカテゴリ - 犬の食べ物
  • VIEW:898

わがままでご飯を食べない犬っているの?

https://www.shutterstock/.com

犬によっては、わがままでフードを急に食べなくなる時があります。昨日までご機嫌に食べていたフードが今日は嫌いになるってことはあるの?と飼い主さんは戸惑いますよね。確かに、わがままな犬はいます。特にフードに関しては気まぐれに嫌いになってしまうこともあるのです。これは完全にわがままのなせる業です。ある程度は、付き合ったとしても、毎回違うフードを与えるのは物理的には無理です。

そこで、わがままで食べないという場合にはトッピングを考えてあげるなど、ちょっとした加工をしてあげてみるのも一つの方法です。ちょっとした変化で、またわがままな犬はそのフードを食べるようになります。本当にわがまま犬のフードジプシーに付き合うのは大変ですが、少しだけ飼い主さんが先を見据えて対策をすることで、上手に乗り越えられるものです。

わがままか?病気か?の見分け方って?

まずはフードを食べないというときにチェックをする部分があります。その日の排泄はどうでしょうか?朝から下痢をしているという場合には、ほんとに具合が悪い証拠です。まずは消化器症状があるかどうか?を飼い主さんは見分けなければいけません。単にわがままであるときには、下痢や嘔吐は絶対に起こしていません。

逆にわがままで食べないときには、普通に遊んでいつも通りの散歩にも出かけます。よく寝てよく食べるはずなのにその「食べる」という部分にだけわがままが出ている可能性が高いのです。排泄、元気さ、振る舞い等に何も変化がなければ、それは完全に犬のわがままなのです。

食べない時にはどうすれば良い??

https://www.shutterstock/.com

わがままで食べないというときには、まずは食器を変えてみるのはどうでしょうか?犬はちょっしたきっかけでご飯をたべるようになります。また、ふりかけをかけてあげるなど、工夫をしてください。ウエットフードをトッピングして、温かいフードから美味しい香りが立つだけで食欲を誘います。わがままで食べないという場合には、ちょっと目先を変えるだけで、あっという間に食欲不振も解消するのです。つまり、わがままで食べなかったことが証明されるわけです。

そしてわがままがエスカレートしないように、一定時間、食事を食べない場合には、一旦下げるということも重要です。いつまでもそこに食事があると、犬もいつまでも食べません。いつでも食事が出てくる、と勘違いするのです。

病気が原因でご飯を食べないとき

https://www.shutterstock/.com

人間も同じですが食事を食べられない時には消化器症状が起きている可能性が高いのです。犬の場合にも同じです。胃腸系の疾患以外には、腎臓病や前庭疾患など、他の病気を疑わなといけません。吐き気がある場合には、やはり投薬治療を試みて数日で改善するのであれば、消化器系の病気だと判断できます。もしも投薬を続けてもなかなか、食事を食べない日が続く場合には、腎臓系の病気を視野に入れて検査をするなど、動物病院で良く検査をして早く治療法を確立するべきなのです。

そのうち食べる??⁇

1日全く何も食べないという時点で、何らかの疾患を疑う方が賢明です。心配な場合には早めに獣医さんに相談をして、原因を追究してみるのも大事な選択です。ただの気まぐれで2日目からは食欲が戻るという場合には、やはりわがままだと判断するほかありません。犬の性質やその子の個性を見極めて、まずは飼い主さんが対処するようにしてください。

犬の年齢によっては丸1日食べないことが、体調に響く場合が多いのです。あまりにも放任でいるのは、心配ですのでやはり、動物病院で食べないことを告げて、触診などをしてもらうだけでも、安心要素が増えます。

楽天『ペット割』

オススメ

新着記事

楽天『ペットランキング』