飼いやすさと愛情深さ・ペットとして人気の種類は何でしょうか?

今の世の中で「ペット」と名のつくものは本当に種類も多くなりました。現実的に人がペットとして家族同様に迎え入れて自分たちの人生の伴侶として、大切にできる種類の動物の中でも人気のあるものをご紹介します。 2019年09月16日作成

  • ペット - ペットと暮らすペット - ペットと暮らす
  • VIEW:14,269

やっぱり猫が好き!

https://www.shutterstock/.com

猫には他の動物にはない魅力が多いと言います。実際に長年、猫だけを飼育している人に言わせると、ペットとしては猫が最適と口を揃えて言います。その理由はと言えば、やはり飼いやすさが一番だということです。一見、気まぐれで何を考えているのかわからない、という印象を持つのは犬よりも猫のほうです。ただ猫はとても利発で学習能力も高いと言われているのです。

実は猫の頭脳は犬とは違ってなかなか理知的な働きを見せているのです。猫は頭がいいと思う瞬間はその、生活ぶりを見ていても関心させられることばかりなのです。例えば、餌を催促するときにも犬のように吠えるわけではありません。飼い主さんのそばに来て、チョイチョイと手で飼い主さんに合図をおくるなど、なかなか巧妙なのです。自分で手の届く範囲に置いてある餌の入れ物を開けて催促をするような賢い猫もいるようです。手先が器用で、自分の思いを飼い主さんに伝えるのが上手というところは愛猫家が認める猫の賢さの表れではないでしょうか。

習性の違いと利発さの違い

飼い主さんが、ほぼ仕事や学業のために昼間は外で過ごすことが多いとします。猫に対してお留守番をさせるのが可哀想という感情は多少もつものの、実際の猫の暮らしを振り返るとかなり、自発的に動いていることがわかります。毎日、自分で過ごすために術を学んでいるのです。受け身の犬とは違います。集団生活を好むというわけでもないので、長い時間の留守番を余儀なくされる暮らしの場合には、猫を自宅で飼う方が飼い主さんの気持ちも幾分楽なのです。

犬のいない人生は考えられない

https://www.shutterstock/.com

犬は子供のような存在になります。もはや動物としてではなく家族の一員として、擬人化をしてしまう飼い主さんがほとんどです。またそれが愛犬家としての一つの理想形でもあります。実際に犬は家族を持つことに喜びを感じます。つまり集団行動が得意な動物なのです。家族に囲まれて過ごすことに生きがいを感じているのです。

そして飼い主さんから教わる言葉を学び日々のしつけの中で、覚えるべきことを学習していきます。芸ができるようになるのも、一生懸命に覚えようとする犬の本能が働くからなのです。一緒に居て楽しいと思えるのは犬の特性です。

犬から与えられる慈悲の心

犬は一緒にいると本当に癒される存在です。時には体調を崩して動物病院に駆け込む時も多いのです。まるで小さな子供を持った親の気持ちのように、心配で何を置いてでも病院に駆け込むというのは飼い主さんがそれだけ犬をペット扱いをしていないという証拠です。家族の病気と同じ、もしくはそれ以上の心配事であり一大事なのです。

毎日の触れ合いの中で、癒しを感じ、犬も群れで暮らす幸せをかみしめるのです。犬と人は持ちつ持たれつの関係を上手に築けるようになります。これは犬と暮らす最大のメリットではないでしょうか。

愛らしい小鳥と共に暮らす理想の家

https://www.shutterstock/.com

鳴き声の美しい小鳥に出会えるとその声を聴いているだけで心が澄み渡るということを、小鳥の飼い主さんから聞いたことがあります。小鳥のさえずりほど、この世のもので一番きれいに感じる「声」はない、と言うほど、染み渡るその小鳥のさえずりなのです。

ペットショップでヒナから迎え入れて手塩にかけて育て上げるのには、四六時中の見守りも必要です。自宅で仕事をしている人や、家族の数が多い人の場合には小鳥をヒナから育てて大切に時間を積み重ねることもおススメします・

世の中の喧騒を忘れる小鳥との暮らし

犬や猫のようにスキンシップを計るということは、長い時間は無理でも、その存在の大きさには小鳥の飼い主さんは常に心を揺さぶられているのです。生きているといろんなことが起きます。時には挫折も味わいますが、小鳥が飼い主さんの方を見て美しい声を出してくれた瞬間、ふと我に返ると言います。

それほどに小鳥の存在は小さいけれども、飼い主さんの胸の奥では大きな存在になりつつあるのです。ペットは姿の大小ではないのです。どこまで心に染み入る存在なのかどうか?が肝心なのです。

楽天『ペット割』

オススメ

新着記事

楽天『ペットランキング』