犬と一緒に新幹線って乗れるの?料金は?

新幹線でどこか旅行に里帰りに、愛犬と一緒に出掛けたいというケースは多いかと思います。そこで気になるのが新幹線に乗れるのかという問題、それから料金も気になるかと思いますので、解説していきます。 2019年09月05日作成

  • 犬のカテゴリ - 犬と暮らす犬のカテゴリ - 犬と暮らす
  • VIEW:15,041

今は犬を飼う人はたくさんいます。1人暮らしでもペット共生型という住居スタイルも登場するほど、ペットを飼うことは当たり前の世の中になってきています。そこで愛犬と一緒にどこかに出かけたいという方も増えてきたように感じます。

移動手段の中でも便利なのが新幹線。ですが新幹線は乗れるのかどうか、また料金はどうなるのかわからないという方向けに、今回解説していこうと思います。

犬と一緒に新幹線は乗れる?

出典元:https://www.shutterstock.com/

結論から申し上げますと、クレートなどに入れて全身が隠れれば大丈夫と思って頂いて大丈夫かと思います。全身を入れるといっても、頭を出してはいけないので、最近浸透してきたスリングなどはダメとなるのです。

となると中型犬や大型犬は、盲導犬など以外は残念ながらダメということになります。重さなど細かい制限は下記をご覧ください。

・小犬、猫、鳩またはこれらに類する小動物(猛獣やへびの類を除く)で、
・長さ70センチメートル以内で、タテ・ヨコ・高さの合計が90センチメートル程度のケースに入れたもの
・ケースと動物を合わせた重さが10キログラム以内のもの
手回り品料金は、1個につき280円です。ご乗車になる駅の改札口などで荷物をお見せのうえ、普通手回り品きっぷをお求めください。
出典:持ち込める荷物│きっぷのルール:JRおでかけネット

料金については280円と書いてありますが、ここで「指定席券を2枚買って1席愛犬に使うことはできないのか」という疑問を持つ方もいらっしゃるかと思います。これについてはダメです。なぜなら犬は手回り品として、いわば物として扱われるからです。

原則として1人なのに2枚の券を買うことはできません。ですので指定席ではもちろんのこと、自由席でも膝の上に乗せるか、足元に置くか、小さければテーブルに乗せるかのどれかになります。ただし足元に置く場合は暖房などに気を付けましょう。

新幹線に乗る前の準備

出典元:https://www.shutterstock.com/

乗れることはわかっても、心配になるのが事前準備かと思います。そこで新幹線に乗る為の準備として、やっておくべきことをまとめてみました。

トイレは済ませておく

乗る前には必ずトイレを済ませておきましょう。また水分補給もほどほどにしてあげて下さい。それと緊張して突然粗相してしまうこともありますし、車内で出してあげられないため、おむつをはかせるかトイレシートを敷いてあげましょう。

クレートに慣れさせておく

車内で吠えてしまうことはなんとしても避けたいものです。ですから乗る前にある程度クレートに慣れさせておく必要があります。また乗る時は布をかけて外の世界をシャットダウンさせてあげると落ち着いてくれる子が多いです。

そしてクレートに慣れさせるポイントは、安心できる場所、自分にとって良い場所と認識させることです。早いうちからトレーニングすると良いでしょう。

ご飯は早めにあげておく

ご飯を食べてすぐや空腹時は自律神経が過敏になり酔いやすく、嘔吐の危険性があります。ご飯を食べてある程度落ち着いてから乗せるように調整しましょう。またおやつも持っておくと空腹にならず、気も紛れるのでおすすめです。

しかしおやつばかりだと肥満の原因になりかねませんので、おもちゃも準備しておくと良いでしょう。愛犬のお気に入りのものをなるべく持っていくと、安心かと思います。

公共の乗り物は周りの方への配慮を

出典元:https://www.shutterstock.com/

お互いに気持ちよく新幹線を利用するために、マナーは守りましょう。中には犬が苦手な人もいるので、なるべく乗る前はシャンプーやブラッシングで体をキレイにすると、臭いや抜け毛対策になり良いかと思います。

どうしても心配な方は、指定席を出入り口付近でとるという選択肢もあります。そして周りへの配慮も大事なのですが、愛犬への配慮も忘れずに。スケジュールには余裕を持って、なにか異常があれば対応できるようにしておくと安心かと思います。

楽天『ペット割』

オススメ

新着記事

楽天『ペットランキング』