犬が寂しい時に見せる行動や鳴き声について

犬は「寂しい」と言う感情に弱い動物です。その理由は常に群れで行動をすることに生きがいを感じているからなのです。飼い主さんは、犬が寂しいと感じている時の行動をチェックして対応が出来るようにしてあげてください。 2019年08月24日作成

  • 犬のカテゴリ - 犬を飼う犬のカテゴリ - 犬を飼う
  • VIEW:15,487

犬が寂しいと感じている時の鳴き声は?

https://www.shutterstock/.com

いつもより高いトーンで「く~ん」と鳴いているときには、寂しさを感じている時だと思ってください。犬は案外と、寂しいという気持ちに耐えかねてしまう動物なのです。甘えん坊で飼い主さんのことが大好き、という犬ほど、寂しいと感じたときには、わかりやすい鳴き声を出してその態度で示すものです。

少し鼻にかけたような鳴き方は、たいていの場合子犬の時の名残理を感じさせます。明らかにいつもの声とは違う!というのは、そこに寂しさが込められているからです。遠吠えでも唸りでもない独特の鳴き声とは、とにかく切なく、飼い主さんの心を打つようなものなのです。そこで、犬の気持ちを素早く読み取れる飼い主さんであれば、犬もそれ以上は鳴き声を出さないのです。ふと、我に返りいつの通りのマイペースで過ごせるようになることが犬にとっての幸せです。

寂しい気持ちが悲しみに変化!?

https://www.shutterstock/.com

く~んと、鳴いている時の犬は、弱気になっています。留守番は長いときや、あまり構ってあげられない日が続くと、急に犬は寂しい表情になり、く~んと鳴く日が増えてくるのです。これは、本当の感情であり、犬としては必死にその寂しさを飼い主さんに訴えているのです。そこをどうか理解してあげてください。

犬はとにかく感じたことをそのまま、ストレートに表現します。寂しさというのは、隠し切れない強い感情の一つです。心が急に狭くなり、どうしようもなくなると鳴き声までも変化してしまうのです。まずはそうならないためにも、普段からのスキンシップを見直し、犬の気持ちにも敏感になってあげてください。

犬が寂しいと感じた時に見せる態度は?

https://www.shutterstock/.com

犬がただ、退屈だと感じているときには、そばにあるおもちゃで遊んでみたり、無駄吠えをして飼い主さんを呼び掛けたりとまだ、余裕のある態度を示すものです。一方、寂しいと感じた時の態度は独特で、あまり長く寂しさを感じさせないようにするのが肝心です。典型的な態度としては、すべての行動にマイナス面を見せるようになります。

つまり表情は曇り、飼い主さんに対しても素っ気ない態度を示すようになると、心に問題が起きている可能性が高いので、犬の様子に注目をしてそれ以上、ひどくならないようにすることが肝心です。

まるで病気になったかのような仕草

犬にとって仮病ということは故意に起こせるものではありません。実はどこも悪くないけれども、寂しさのあまり病気のようになってしまうことは多々あることをこの機会にしっておいてください。いきなり背中を丸めて歩くような場合や、食欲不振などもすべてが寂しさから来るものなのです。

そして、そのうち本当に具合が悪くなるという場合もありますので安易に考えないようにしてください。仮病のふりをして飼い主さんの気を引く、というよりも、精神的に参ってしまうという表現の方が正しいのです。

急に悪戯が増えた

クッションの中身を出してしまうような行為や、ごみ箱をあさるような態度はすべてストレスが原因していることなのです。寂しさが高じて悪いことばかりを繰り返すようになると、重症だと感じてください。運動不足なども大いに関わって来ますので十分に注意を払って犬の様子を見守るようにしてください。

遠吠えや異常な吠え方

クンクンと鳴くことが増えて、遠吠えなどを繰り返すようになると、犬は寂しいという気持ちに浸り、どうしようもなくなっている状態なのです。これを絶対に放置しないようにして、とにかく飼い主さんが犬に対して気を配り、出来る限りの対応をしてあげてください。

遠吠えなども一度覚えてしまうと、ことあるごとに繰り返すようになります。これは明らかに、問題行動の一つであり、修復が難しくなる前に対処すべき問題なのです。

楽天『ペット割』

オススメ

新着記事

楽天『ペットランキング』