犬が手を舐めるのはどういうとき?

犬が手を舐めるという行為をしているのをよく見かけませんか?自分の手を、しきりに舐めている場合には何か体に不調があるのかもしれません。また飼い主さんの手を舐め続けるというのも、何かそこに犬なりの理由があるのです。 2019年08月23日作成

  • 犬のカテゴリ - 犬を飼う犬のカテゴリ - 犬を飼う
  • VIEW:37,607

最近自分の手を舐め続けます

https://www.shutterstock/.com

犬が自分の手足を真剣に舐め続けている光景はどの飼い主さんでも見かけたことがあるはずです。それほどに、自分の手を舐めるという行為は犬にとっては日常的な行為なのです。ただ、この自分の手を舐めるという行為にはいくつかの理由が隠されていることを知っておいてください。

例えばその場所に痒みや痛みがある場合を想定してみてください。痛みがある場所を、労わるように舐めている場合には、すぐに手当てをしてあげないといけませんよね?それでも、痛みがあるときには飼い主さんが手を差し伸べても、痛い方の手を引っ込めてしまうという習性があります。一度でも舐めたときに、何らかの快感を得た場合には、それを覚えているので何をしても、自分の手を舐めたがります。

しきりに舐めている場合

犬は自分の手を舐め始めると、長い時間同じような仕草を繰り返します。そのうちに肉球や手に赤味を生じさせてしまう可能性もあります。それほどに、手を舐めるという行為はよろしくない部分が大いにあるのです。単純に考えたとしても、その場所に違和感が生じて、それを自分なりに諫めようという気持ちの表れだとわかります。できれば原因を早く突き止めて足を舐めるのを早急に辞めさせる方が賢明です。

飼い主さんとしては、マッサージなどをしてあげるなど、犬の気持ちが足を舐めることから少し離れた部分に行くように協力をしてあげてください。そうすると犬も舐めることを一時的に忘れます。散歩に出かけるのが難しい場合には、室内でボール投げをするなど、軽く運動不足になっている犬に対してアクションを起こしてあげましょう。

暇だから?何かのストレスの場合も

https://www.shutterstock/.com

犬が自分の手を舐め始めたら、なかなか止まない場合がほとんどです。どうして手を舐めるのか?と追及したら遊び半分で舐めている犬もいれば、何かのストレスにさらされていて、自分の足を舐めて慰めているという場合もあります。これはできれば早急に気持ちを他にそらしてあげたいものです。

また肉球や指の間などに炎症が起きているのに、舐め続けている場合もあります。これは雑菌の繁殖の原因になるのでやめさせてください。とは言っても、犬が手を舐めているときには、何かに陶酔するかのように長い時間、舐め続ける傾向があるのは確かです。ストレス発散のために手を舐めると、結構な力がかかります。そうすると自分の手を自損してしまう可能性が高いのです。

手を舐めるのをやめさせたい

どうしても傷になるほどに舐める場合には、エリザベスカラーを装着するという手もあります。それが却ってストレスになるという場合には、飼い主さんが時間を決めて愛犬の相手になって遊びに付き合うなど、少しの時間、手を舐めることをやめさせる意味でも協力してあげるのも手段です。

とにかく清潔にすることが一番ですので、手指用の軟膏などを処方してもらってこまめに綺麗にしてあげられるようにしてください。湿っているような状態のときに、犬はまたその部分を舐めたくなるものです。

犬が飼い主さんの手を舐める場合

https://www.shutterstock/.com

犬が飼い主さんの手を舐めてくるのは「遊ぼうよ」「構ってよ」というサインだと知っておいてください。飼い主さんのことが好きで、どうしようもないのでついつい、犬の方から遊びに誘ってしまう感情が高ぶるときに、手を舐めたがります。これは犬から飼い主さんへの深い愛情表現の一部として、受け入れてあげてください。

お返しに少し長めのハグをしてあげると、犬の気持ちもとても満たされます。飼い主の手を舐めながら「好きだよ」という思いを伝えているのです。そんな健気な犬の様子にいち早く気づいてあげてください。

楽天『ペット割』

オススメ

新着記事

楽天『ペットランキング』