猫カフェでのルールは?気を付けるのはこの点

最近、各地で増えている猫カフェに行こう!と思った時に事前に知っておきたい、いくつかのルールがあります。お互いに気持ちよく癒しの時間を共有できるように、マナーを守って楽しめるようにしてください。 2019年08月09日作成

  • 猫のカテゴリ - 猫の豆知識猫のカテゴリ - 猫の豆知識
  • VIEW:1,112

猫カフェに行く時の心得

https://www.shutterstock.com/

猫カフェに行くと、自由に猫ちゃんと触れあれる!ということで気軽な気持ちで猫カフェに足を運びたくなりますよね。但し店によって細かなルールがありますので必ず守るようにしてください。店に入る前に、ご利用注意事項というものが必ず渡されますので隅々まで目を通してから入店するとトラブルを回避できます。

猫に触りたい、抱っこしたいという気持ちになっても、抱いてはいけない猫もいます。猫の気持ちにもなってください。見ず知らずの人に触れられるだけでも神経質になってしまう場合もあるのです。自宅にいるような気分で、猫のいる空間で過ごせるということで、猫カフェに足を運びたくなるのは、「猫が好き」「猫に触れたい」と思う人が多いからなのです。自宅では事情があって飼えないという人も、猫カフェでは猫を身近に感じられるということでも人気があります。

猫カフェにも種類があるのをご存じですか?

例えば在籍している猫全体が譲渡目的で里親サイトが運営しているような猫カフェの場合には比較的自由に猫に触れることが可能です。もちろん、管理人の許可を取ってからにしてください。自分が猫の里親になっても良いという気持ちで、通っている人も多いので常に大勢の猫と里親希望の人とで賑わっている場合もあります。

また、あくまでも猫はお店のスタッフということで、販売対象になっていない場合には、むやみに猫に触れません。そのあたりは店のスタンスにもよります。これから尋ねようと考えている猫カフェがどのような店の形態なのかを事前にHPなどで確かめてから行く方が、店の目的と訪れる方の目的が合致してより、楽しめるはずです。

猫カフェで守るべきルール

https://www.shutterstock.com/

猫は少しのことでもストレスを感じやすい動物です。そこで、猫カフェの運営側は厳しいルールをそれぞれに設けていますので、他店のルールを適用しないようにその都度、確認をして正しい猫カフェ利用を心がけてください。

特定の猫だけを贔屓するような態度を取るのはNGです。猫カフェに在籍する猫全体が平等でなければいけません。他のお客さんもその猫のそばに行きたいと思っている場合もあります。猫を独り占めするような節度のない態度は嫌われます。触っても良いと許可がある場合には、必ず指定のアルコール消毒をしっかりと行うことがルールです。

もしもの場合には自己責任も

万が一むやみに猫に触り、引っかかれた場合には自己責任であることを知っておいてください。猫カフェには事前にそのような但し書きがあるはずです。そして小学生以下の子供を連れての入店についても事前に確かめておく必要があります。基本的に猫カフェは静かに過ごす場所です。大きな声を出すような子供が猫を追いかけまわした場合には、当然、猫は興奮してしまいます。

せっかくの癒しの空間が、突然うるさい場所になってしまわないように客としてのマナーをきちんと守りましょう。それが猫のためにもなりますし、猫カフェに対してのマナーです。

猫カフェで絶対に守るべき点はここ!

https://www.shutterstock.com/

猫カフェは猫目線で様々なルールを設けています。それが窮屈に感じる場合には、猫カフェに向いていないと自覚してください。撮影もできず触ることも無理ということが、猫にとっては当たり前のルールです。それを猫カフェの運営者は徹底的に守るのが当たり前のことなのです。

①寝ている猫に触らない
②食事中の猫に話しかけたりしない
③許可なく抱っこをしない
まずはこの3つを守ってください。

猫カフェにも個性があります。何軒か尋ねて居心地の良い猫カフェを見つけたらそこを自分のお気に入りにすればよいのです。猫に癒しを求めて猫カフェに行くときには、きちんと約束事だけは守るようにしてください。それが猫に対しての敬意でもあります。

楽天『ペット割』

オススメ

新着記事

楽天『ペットランキング』