犬の温度管理って難しい!エアコンの温度は何度に設定?

犬の温度管理は謎が多くて難しい印象があります。犬が暑い寒いを言ってくれたらいいのに・・・と途方にくれている方はいませんか?エアコンの正しい使い方を教えます! 2019年08月05日作成

  • 犬のカテゴリ - 犬の健康管理犬のカテゴリ - 犬の健康管理
  • VIEW:20,239

猛暑が続く中、気になるのは犬の温度管理。犬が喋ってくれればわかりやすいものですが、残念ながらそのしぐさなどでしか暑いのか寒いのかということはわかりません。

しかも犬と人間の体感温度は違います。そうなってくるとエアコンの設定は何度にすればいいのか、わからなくなってきませんか?今回はエアコンを活用した犬の正しい温度管理についてお伝えします。

犬の温度管理って難しい・・・

出典元:https://www.shutterstock.com/

愛犬が今どれくらい暑さを感じているのか。もしかしたらものすごく暑いと思っているかもしれないし、反対にものすごく寒いと思っているかもしれません。私達は犬ではありませんから、実際どうなのかはその子しかわからないものです。

そこで、人間の体感温度と犬の体感温度の違いを解説すると、
人間→暑いなぁ
犬→なんでこんなに暑いの!
・・・くらいに違います。これって大きな差だと思いませんか?

ちなみに犬の体温は37.5~39.2度、それに対して人間の体温は36.5~37度と、体温にもかなりの差があることがわかるかと思います。

犬にも暑がり・寒がりがいる

そして一概に言えなくて難しいと言われているのが、その子によって適温が違うということ。鼻の短い犬種やルーツが寒い地方だったりすると、暑さに弱いことはわかりやすいものですが、そういうことではなくその子によって暑がり・寒がりがいます。

人間でも暑がり・寒がりがいますが、犬でもそういうのがある為、やはり最終的にはその子の様子で判断するしかなくなってくるのです。

エアコンの温度設定は何度?

出典元:https://www.shutterstock.com/

その子に合わせた対応が必要になってくる・・・とはいえ、やはり目安は欲しいかと思います。そこで目安をいえば、25~28度あたりです。その中でその子に合わせて適宜調整していくと良いでしょう!

ポイントとしては暑すぎる時の症状としては・・・
・ハァハァと荒い呼吸をしている
・水をがばがば飲む
・冷たい床の上などにべったり寝そべる

などで反対に寒すぎる時は
・丸くなって寝ている
・ブルブル震えている
・側にぴったりくっついてくる
などの症状が出ます。愛犬の様子もそうですが、体温などにも気を配りましょう。日頃から愛犬とスキンシップをとっていれば、暑いか、冷えているか触ってわかるかと思います。

エアコンで体調不良になってしまうことも

エアコンで身体が冷えすぎると、お腹が冷えすぎてしまって下痢になったり、くしゃみや咳などをしたり、人間で言う夏風邪のような症状を引き起こすこともあります。これをクーラー病ともいいます。

とりあえずその場合はエアコンの設定温度を見直してください。それでも下痢が2~3日続く・嘔吐もする・普段よりよだれの量が多い・苦しそうなどの症状が見られたら、病院に連れて行きましょう。

それと、意外に見落としがちなのが湿度。湿度は50%くらいに保つと良いとはされていますが、あまり空気が乾きすぎてしまうと、喉を傷めることにもなりかねませんので、ほどほどにして下さいね。

エアコンはつければいいってものではない!

出典元:https://www.shutterstock.com/

エアコンをつけていれば大丈夫!は大きな勘違いです。もちろんエアコンがなければ夏は乗り越えられないというほど、高温多湿な日本で犬を飼うにあたってエアコンは必須アイテムです。

しかしちゃんとその子に合わせたケアをしていくように、飼い主さんは使い方に注意が必要です。また留守番させる際にも犬が不快に思った時の逃げ場がなくなってしまわない様に、閉め切りにしてエアコンだけつけていくことはやめた方が良いでしょう。

クールマットやベッドなどのクールグッズを置く、扇風機も併用するなどして、エアコンを上手く使って、愛犬と快適な夏を過ごしましょう!

楽天『ペット割』

オススメ

新着記事

楽天『ペットランキング』