愛犬におすすめ!夏を快適に過ごすめのオススメの涼しいカットをご紹介します。

夏になると被毛の多い犬は、涼しいカットにして少しでも快適に過ごさせようと飼い主さんであれば誰もが思うことです。簡単にサマーカットなどは行っても後々大丈夫なのか?という意見もあります。まずはオススメのカットやカットをするときの注意事項についても考えてみました。

2019年08月07日作成

  • 犬のカテゴリ - 犬と暮らす犬のカテゴリ - 犬と暮らす
  • VIEW:4,020

夏を涼しく過ごすための犬のカットとは?

https://site.conbo.jp/staffs/sign_in

まずは長毛種の場合には全体を刈ってしまうというよりも、部分的に毛足を短くするという方法があります。その方が散歩などで汚れた場合などにも洗いやすいというメリットがあります。なによりも暑さからくる皮膚病を未然に防ぐというメリットもあります。犬をカットに出すときには、要望をきちんと伝えて、涼しく過ごせて皮膚に直接暑さが届かないような長さを予め決めてお願いするべきです。

いきなりバリカンで毛をすべて刈るのは、何かとデメリットがあります。長すぎた被毛を短く切りそろえるというだけでも効果的なのです。実際には、被毛のカットだけで暑さ対策をするよりも犬の生活全体を見直して涼しく過ごさせる方が無難です。サマーカット=絶対涼しいというわけではないことを知っておいてください。あくまでも夏のカットスタイルとは、多くなった毛を、すいてもらったり、長くなっている部分を短く揃えるという意味があるのです。ある意味デザインカットと言う方が正しいのではないでしょうか。

夏のサマーカットは必要?

https://site.conbo.jp/staffs/sign_in

犬の被毛を一部短くカットすることが夏には多いのですが、サマーカットは実際に後々の被毛に何の影響もないのでしょうか?短くカットをすることで、見た目もすっきりとして可愛くなる半面、秋以降、普通に被毛が生えてくるのかどうか?が心配になる飼い主さんもいます。

実際のところは個体差がかなりあるのが現状です。被毛を短くすることが暑さ対策につながるのかどうか?どの程度の効果が期待できるのか?は実際のところ賛否両論です。トリマーの技量にもよりますが、短くし過ぎると暑さが直接皮膚に届いてしまい、かえって暑い思いをさせるのです。

間違わないで!丸刈りとサマーカットとは別物です

https://site.conbo.jp/staffs/sign_in

極端に被毛をカットしてしまうことで、丸刈りになってしまって飼い主さんが大慌てする場合もあります。バリカンでサマーカットをし過ぎてしまうと皮膚表面に暑さをダイレクトに感じるようになります。中には熱中症になってしまう犬もいるほどです。これは極端なカットの方法です。バリカンで丸刈りをするのはカットとは言いません。

それよりも毛が密集しているところを、少なくするなど、工夫をするのが夏の理想的なカット方法です。バリカンで毛をなくしてしまうことは、健全な夏のカットとは言えないということを知っておいてください。

短くとも2センチ程度の被毛は残す

全身のカットではなく、はさみで毛を短くするというイメージです。トリマーならばスキバサミを使って毛を少なくして風通しが良くなるように工夫をします。それが本来の夏の理想的なカット方法です。短くカットしても大丈夫な部分はあらかじめトリマーと相談をしたうえで、体の体温を少しでも外側に逃がせるようなカットを提案してもらってください。いきなりバリカンというのは、少し古い考えです。また犬もそれが必ずしも快適とは言い難いのです。

いまだにバリカンで全身を「カット」することが涼しくなる方法だという説もあります。それでもあくまでも、はさみを使って毛の長さを調節することがカットです。そこを取り違えないようにしてください。

刈り過ぎは体調崩しの元

犬の場合、被毛があるので暑いのは当然です。その被毛を全部、刈り込んでしまうと皮膚が露出するので、直射日光を浴びることになります。家の中に居ても冷房の冷気などが直接肌にあたります。洋服を着てもこれまでのような被毛が保護することがなくなる分、体調を崩すこともあるのです。そのあたりを注意しながら夏のカット方法を再考してください。

楽天『ペット割』

オススメ

新着記事

楽天『ペットランキング』