【愛犬の健康習慣】犬の食事時間で気をつけることはなに?

犬にとって食事時間は1日の中でも楽しい時間です。お楽しみの時間の中にもきちんと規律を設ける必要があります。日々決まった時間に与えるなど、飼い主が気を抜いてはいけない部分でもあります。 2019年05月26日作成

  • 犬のカテゴリ - 犬の食べ物犬のカテゴリ - 犬の食べ物
  • VIEW:1,680

犬の食事時間とは?

https://www.shutterstock.com/

犬の食事内容や時間は、犬種やその犬の体調によって変動するものです。健康で活発な犬の場合には1日2回の食事が一番多いパターンです。何が一番大事なのかと言うと、日々決まった時間に決まった量のご飯を食べるという正しい習慣です。これが少しでも崩れると体調に変化が出てしまいます。どのような内容の食事をどうやって与えるのか?を飼い主さんは真剣に考えて対応してあげてください。

忙しい時にまで手作り食というのは、物理的に困難なことです。そこで、飼い主さんが出来る範囲で拘って選択をした食事を愛犬に与えるというスタンスを保つことが、何よりも犬の健康維持につながっていくのです。食べるということは何よりも大事なことだからです。

適当に与える食事には意味がない

健康や生命維持に関わるのが食事です。食事時間をどのように過ごすのかによって健康状態も大きく変わってくるものです。なによりも、ドッグフードを慎重に選んで今、その子に一番合うと思われる内容を与えるようにしてください。食の細いタイプの小型犬などは、頻回に分けて食事を与えるなど、飼い主さんの工夫次第の部分もあります。

決まった時間に決まった量の食事を与えるのは最低限大事なことです。「なんでも与えれば良い」というあいまいな気持ちで食事の準備をしないようにしてください。命あるものに対して、食事を拘るというのは飼い主さんが示すことが出来る、大きな愛情なのです。

食事量と食材選びについて

https://www.shutterstock.com/

食事の量というのは、あらかじめフードのパッケージに書かれています。これを参考にして食事を与えて行きます。中には食が細くて困るという飼い主さんもいます。食事量というのは、体重が明らかに増減していない以上、今食べている内容がベストだと考えても良いでしょう。

あまりにも食が細くて体重も減るという場合には、早急に高栄養の食事に切り替える必要があります。常にフードに入っている食材をチェックしておいてください。そして、食べ残すような場合には、フードの見直しをするなど、飼い主さん側でも、配慮が必要になります。

食事時間で気を付けることは?

https://www.shutterstock.com/

絶対に遊び食べをさせない工夫が必要です。器をひっくり返すなどの行動にならないように、安定して食事が食べられるようになるまでは飼い主さんが遠目で観察する必要があります。いわゆる「遊び食べ」ほど、無意味なものはありません。犬にとっても魅惑的な味のドッグフードがあります。その際には中身をよく調べて、原材料や添加物の有無を確認するようにしてください。

食事の時間は飼い主さんが一応決める

犬が食べたいときに、食べたいだけ与えるというは、一部の食の細さが目立つ犬に限ってことだと考えてください。基本的にすべての主導権は飼い主さんが握るべきなのです。そして、食事にもメリハリをつけて、号令を出して一斉に食べるということは基本的に大切なしつけなのです。

おやつとのバランスが悪いと、どうしてもメインのフードを残してしまいます。ここは胃袋の小ささや食への執着を考え合わせて下飼い主さんが配慮すべきことです。常に飼い主さん主導の食事時間であることが理想です。

気を散らさずに集中して食べる癖を

遊び食べをやめさせて、食に執着するようなしつけが必要です。それが健康管理にも大いに役立つのです。長い時間をダラダラと過ごすのは食事時間として適切とは言えないからです。犬であっても食事を大事にしないことはいけないことです。今食べないと次はない、という良い意味でも危機感を持って食事時間を過ごせるような環境を整えるのは、飼い主さんの役割です。

楽天『ペット割』

オススメ

新着記事

楽天『ペットランキング』