犬がトイレの場所をなかなか覚えない!どうすれば良い?

犬は驚くほどに嗅覚が優れています。少しでも尿の匂いが残っている場所があれば、そこをトイレと勘違いしてしまうことは珍しくありません。今回は、トイレを覚えない犬対策について考えてみました。 2019年05月26日作成

  • 犬のカテゴリ - 犬のしつけ犬のカテゴリ - 犬のしつけ
  • VIEW:4,849

室内でおしっこをするのが常習化!

https://www.shutterstock.com/

性格面では何の問題もないけれども、トイレトレーニングがうまくいかないと、嘆く飼い主さんが実に多いわけです。なぜ室内にトイレをせっちしてあるのに、他の場所でおしっこをするのか?と飼い主さんの方も悲しくなるものです。これは既にトイレでおしっこをするという習慣を逸脱しているわけです。何とか、トイレを覚えさせる前に、なぜトイレ以外の室内でおしっこをするのか?ということを考えた上で、対処する必要があります。

飼い主さんは、どうしてもトイレ以外の場所でおしっこをされると、怒りモードに入ってしまいますよね?そして大きな声で威嚇するように、犬に対して叱りつけます。これが逆効果という場合もあることを、知っておいてください。

おしっこをすること自体がいけないこと??

犬は一応、排泄をしているわけですが、場所が違うと叱られています。それを100パーセント意識をしません。ただ叱られていることを気にして、隠れておしっこをするようになると、今まで以上に厄介な状態になってしまうのです。これだけは避けたいものです。間違った叱り方をしていないか?をまず見直してください。そして、常におしっこの臭いを消すよう(消臭剤で)排泄場所はトイレであることを、まずは教え込みましょう。

そのためにも、犬がおしっこを一度でもトイレで成功すれば大げさに褒めて、犬がおしっこを上手にする=褒められるという状況を作り出すことが重要です。衛生面もきちんと見直し、声掛けも行えば犬はおしっこの場所を少しずつ定めるようになります。焦らず確実に頑張ってみてください。

おしっこはトイレシーツの上が基本

https://www.shutterstock.com/

トイレシーツの上でおしっこをするということを、習慣づけることがまずは最初の目標です。上手にできたらそれを褒める、これを何度も繰り返してトイレシーツ=おしっこ、ということを犬が理解するように運びます。トイレシーツの場所は、基本的に動かさないようにしてください。その都度、場所が変わってしまうとそれだけで、犬はトイレの場所に迷うようになります。

・騒がしい場所
・コロコロ場所が移動する
・トイレシートの面積が狭い

などの悪条件が重なっていないかどうか?をまずはチェックしてみてください。一つでも思い当たるようなことがあれば、即座に改善しておいてください。そうすることで、犬はトイレの場所を認識するようになります。

犬だけのせいではない

犬はトイレシーツの上で何とかおしっこをしようとしているはずです。それでも、何らかの原因でその場所が特定できずに他の場所で、ついついおしっこをしてしまうという状況下になるのです。これはあくまでも、犬ばかりに責任があるとは言い難いのです。トイレトレーニングが上達しないという飼い主さんは、たいていの場合には叱ることで、教え込もうとしています。これは大きな間違いです。

叱る回数よりも褒める回数を意識するようにすれば、犬もトイレトレーニングによって、トイレの場所がわかるようになります。まずは、飼い主さんの意識にも目を向けて、正しい場所でトイレを済ませられるようにがんばってみてください。

トイレの場所を覚える犬の飼い主になろう

https://www.shutterstock.com/

おしっこを違う場所にした場合でも、大声で怒鳴らないようにしてください。これが原則です。そのうえで、冷静になっておしっこの掃除をして淡々と片付けるようにしてください。これが出来れば、犬の方も少しずつ進歩していきます。消臭については、失敗の回数が多い場合こそ、きちんとして犬用の消臭剤を入手して、確実に臭いを消すように努力をすることも大事です。

オススメ

新着記事