危険を伴う場合も!?犬の飛びつきの原因はなに?

飼い主さんを見ると、つい嬉しくなって飛びついてしまう犬がいます。これは可愛い仕草ですが、飼い主さん転倒するなど、やや危険な場面もあります。今回は犬の飛びつきの原因にも迫ってみました。 2019年05月24日作成

  • 犬のカテゴリ - 犬のしつけ犬のカテゴリ - 犬のしつけ
  • VIEW:1,399

犬の飛びつき・その原因は?

https://www.shutterstock.com/

たいていの場合には「嬉しい」という気持ちになると人に飛びついてしまう場合があります。あまりにも無邪気で可愛らしい仕草ですが、犬種によっては人間の方に危険が及びます。これはどうすれば良いのでしょうか?子犬時代から、よく観察をして飛びつきの原因を探る必要があります。単に嬉しいという気持ちだけで、誰にでも飛びついてしまう犬は、稀に人に迷惑をかける場合もあります。

少なくとも「人に飛びつかない」ということは、最低限しつけの段階で厳しく教えて置いた方が良さそうです。やはり、家族以外の人に飛びついた場合には、様々な問題が浮上します。これは犬にとっても不利益な話です。飼い主さんとしては、そのあたりは、飼い主さんの意識の中でもきちんと捉えて犬に向き合う必要があります。

嬉しすぎてついつい・・

犬の飛びつき行動は、全面的に否定するのは少可哀相かも、という声があります。ただ、飛びつき癖となると、他人に迷惑をかける場合もあります。家族にはOKでも、他人にはNGというのは、犬にはなかなか通用しないことです。嬉しい気持ちを精一杯飼い主さんに示しているとすれば、愛おしい限りです。ただ、社会で生活を送る上では、嬉しくても飛びつくというのは、NGだということです。

それが愛情表現だとすれば、飛びつく癖を抑えて他のスキンシップで、犬と飼い主さんの絆を深める方法を考えてみると良いでしょう。飛びついてくる前に飼い主さんが、犬の視線にまでしゃがんでハグをするなど、色々と考えられるのではないでしょうか?

犬の感情が飛びつきの原因になっている

https://www.shutterstock.com/

飼い主さんへの愛情表現として犬は飛びつくことで、自分の気持ちを表現します。それが、良いことが悪いことが、わかっていないのです。飼い主さんはきちんと、それを教えてあげる必要があります。飼い主さんのことが大好きだから飛びついてしまうのです。単純にそれだけのことです。中には、犬の方から何かを要求している場合もあるのです。

犬が何かを伝えようとするときに、飛びついてしまうのです。本当は遊んでほしいという気持ちや、おやつを食べたいという気持ちになったときに飛びついてしまいます。

もしかすると威嚇していませんか?

犬は好意的な気持ちだけで飛びつくのではありません。相手に対して威嚇を示す場合や警戒心から飛びついてしまう場合もあります。これは、飼い主さんに対してだけではなく、来客や他人にはついつい、飛びつく場合もあります。犬が飛びつくというのは、決して笑って見過ごすことはできません。愛情表現や嬉しさ、に限らずに相手に威嚇をするために、飛びつくときもあるのです。そこを良く知っておいてください。

犬の飛びつき癖は直しておきたい

https://www.shutterstock.com/

小型犬であっても大型犬でも、飛びつき癖はプラス効果が多いとは言えません。犬が表現しようとしている喜びや要求は、決して飛びつくことだけで完結させてはいけないのです。これを放置していると、犬同士が集まる場所に出くわしたときに、飼い主の想定外に他の犬に飛びつく場合もあるからです。トラブルの元にもなりますので、よく注意をしておいてください。

遊びの延長であっても、そこはけじめをつけておいてあげましょう。犬は少しずつ、飛びつくことで何も良いことは起きない、ということを学び始めます。一度でも、飼い主さんが飛びつくことを許していると、犬は何度でも飛びついてきます。段々それがエスカレートしてしまうと、収集が付かなくなる場合もあります。犬が飛びつきそうになった時に、他のコマンドを出すなどして飛びつき癖を持続させないように、飼い主さんも努力をする必要があります。

楽天『ペット割』

オススメ

新着記事

楽天『ペットランキング』