おしっこの失敗!?成犬のトイレトレーニングは身に付くもの??

トイレトレーニングは成犬になってからでも間に合います。なかなか決まった場所でトイレが出来ないというのは子犬の悩みだけではありません。トイレは確実に覚えるまでは、トレーニングを続けるべきなのです。 2019年05月16日作成

  • 犬のカテゴリ - 犬のトイレ犬のカテゴリ - 犬のトイレ
  • VIEW:2,582

成犬ですがトイレトレーニングは恥ずかしい??

https://www.shutterstock.com/

トイレの場所はわかっているのに、なんとなく場所を外してしまうというのは成犬にとっても悩みの種です。子犬の時期にトイレが完璧になる子と、そうでない子がいるのです。そうなってしまうと、飼い主は半分、諦めがちです。成犬になっても、トイレトレーニングはきちんと行いましょう。トイレというのは一度覚えるときちんと出来るようになるはずですが、何かのきっかけでトイレが出来なくなる場合もあるのです。

成犬でもトイレを失敗する場合があります。成犬になってからのトイレトレーニングは、いろんなことがわかり始めているだけに、難しいと言われています。その理由は何でしょうか?例えば、「わざと」失敗をして気を引いていることもあるのです。その真意は犬にしかわからないです。

もう一度一から!

トイレトレーニングをもう一度最初からやり直すというのは、よくある話です。例えば体調を崩した後になんとなくトイレが出来なくなる場合もあります。足腰を痛めたときなどは、トイレに行くのも辛くなります。成犬になってからのトレーニングには、条件が付きものです。そのすべてのことに飼い主さんが愛情をかけて、寄り添えば、またきちんとトイレができるようになるものです。

多少の時間は覚悟してください。すんなりとトイレが出来るようになる場合と、なかなかできない場合とはあります。まずは飼い主の方が腹をくくって「またトイレができるように」という気持ちを傾ければ良いのです。成犬になってからあまり強く叱ると完全にいじけてしまうので、要注意です。

褒めながら再度のトレーニングを行う

https://www.shutterstock.com/

成犬になると、自分で勝手に決めているルールが多くなります。トイレについても、どういうわけか、失敗をしているのには理由があるのかもしれません。まずは成犬であることを承知したうえで、犬の気持ちを考えながらのトイレトレーニングにしてください。成犬でアイコンタクトが完璧あ場合には、飼い主の言うことは必ずわかるようです。だからこそ、声をかけて成犬を信じてトレーニングに励んでみてください。

そして、できるだけ人通りの少ないところにトイレを置いて、そこがトイレであるということを何度も繰り返し教えてください。必ずそこがトイレだと認識してくれるはずです。その場所は静かで落ち着いた場所であることも必要です。こだわりの強い成犬の場合には、特にトイレの置き場所にまで考えが及んでいる場合もあります。成犬になってからトイレトレーニングをしていること自体が、恥ずかしいと感じる飼い主もいます。それでも、成犬のためにできることはすべて、愛情を持ちながら続けることがとても大事なことなのです。

トイレトレーニングは子犬も成犬の同じ

トイレシートで排尿が出来れば、大いに褒めるという点は子犬と同じです。実際のところ、成犬だからと言ってできて当たり前、という考え方は捨ててください。それよりも、最初からトイレトレーニングをすることに、意味があるのです。飼い主はトイレの周りを常にきれいにして、トイレで上手に排尿が出来るようにお手伝いをするという意識が大事です。

トイレトレーニングをスムーズに運ぶために、トイレトレーニング用の学習グッズを適時使うなどして、その都度、声をかけて根気よくしつけていきましょう。黙々とそればかり行うと、途中で息切れがしてしまいます。成犬とは子犬以上にコミュニケーションが図れるはずですので、少しでも朗らかにトレーニングが進むように努力をしてみてください。

成犬のトイレトレーニングにはコミュニケーションをフル活用する

https://www.shutterstock.com/

成犬になるにつれて、駆け引きも上手になっています。おやつという手段を使ってトイレトレーニングを進めるのも方法です。上手にできたら小さなご褒美をあげる、という方法でもう一度トイレトレーニングをすることは有意義なことなのです。

楽天『ペット割』

オススメ

新着記事

楽天『ペットランキング』