犬の褒め方にもOKとNGがあるって本当ですか??

犬を褒めるときには、良いことをした瞬間に褒めるのがルールです。この時には犬は自分がなぜ褒められているのかをすぐに悟ことができます。それ以外に、時間を置いて褒めた場合には、何が良かったのか?わからなくなるのです。せっかくですので、きちんと褒めて犬に満足感を与えたいものです。 2019年05月15日作成

  • 犬のカテゴリ - 犬の豆知識犬のカテゴリ - 犬の豆知識
  • VIEW:8,517

犬の正しい褒め方をおさらいしておいてください

https://www.shutterstock.com/

犬がしつけの上で、上手にできたことがあったとします。少しシャイな飼い主さんの場合には犬を撫でて「偉いね。」と一言呟くだけの場合が多いのです。これでは、犬としては褒められているのかどうか?がわかりにくいのです。よく考えてみてください。やはり犬としても、飼い主さんに、たくさん褒められたいのです。だからこそ、ここでは少し大げさかな?と思うような褒め方が大前提になります。

犬に何かを求めてしつけをする以上、飼い主さんも恥ずかしがらずに、思いっきり犬を褒めるようにしてください。そうすると、かならず犬には伝わるのです。今飼い主さんが自分を褒めてくれているという感覚を、少しでも多く覚えさせる必要があるのです。そうすることで、犬はますますやる気を出すのです。

小さな声で褒めても逆効果

犬がお利口なことをしたときには、たくさん撫でて大きな声で褒めるアクションを起こしてください。そうすると、犬にはダイレクトに伝わるものです。「すごいね~」「おりこうさんだね~」ということを、声に出して褒めると、犬の気持ちも上がるのです。大好きな飼い主さんに褒めてもらえる喜びを知っている犬は表情が違います。

常に飼い主さんは、しつけを重んじているのですが上手に何かがクリアできた時には、手放しで褒めてあげることが必要だと思います。それを繰り返すことで、犬はますます利発になり、自分に自信を持つようにもなるのです。

犬にとってOKな褒め方は??

https://www.shutterstock.com/

犬がとても良いことをしたときや、しつけを理解してその通りにできたときには、名前を呼んで「○○ちゃんすごいね!」と褒めてください。これが犬にとってはOKな褒め方になります。犬を褒めるときには少しおやつを使うなどして、犬のモチベーションを上げるような褒め方をするべきです。それがOKな褒め方なのです。

今何を褒められているのかが、わかるように褒めることが絶対に大事です。そして良いことをした瞬間に褒めてあげないと犬はその「何」に対して褒められているのかがわからなくなるのです。そこを忘れないようにしてください。

NGな褒め方は?

せっかくしつけの上で、上手にできたことでもその瞬間に褒めてもらえないと、犬はその喜びを体感することができません。時間を置いて「さっきは偉かったね」などと褒めても、まったく伝わらないものです。そのあたりのことは、飼い主さんがきちんと心得て接していくべきでしょう。

犬を正しく褒めて正しく育てるために

https://www.shutterstock.com/

犬を叱るタイミングというのは、飼い主さんは皆さんよくわかっています。危険を冒した場合や、しつけ面で上手にできなかった時には、間髪入れずに叱るわけです。褒めるということも、タイミング的には全く同じと考えてよいのです。実際に、褒められて伸びるタイプの犬の場合には、良いことをしたらすぐに褒めるを徹底してみて下さい。そうすることで、どんどんいろんなことが出来るようになるからです。

犬は後を引かない性格をしている子が多いのです。喜びも悲しみもその瞬間に味わうというのが犬の特性です。飼い主さんの都合でその時に褒めずに後から褒めるというのは少しも嬉しいことではないことを、知っておいてください。

飼い主さんの感情で褒めないようにする

犬に対しては常に飼い主さんは正しい判断するようにしてください。褒めるということも、良いことをしているので即座に褒めてあげることで意味があるのです。飼い主さんのご機嫌一つで褒めたり褒めなかったりというのは、犬は全く感知しないことです。それよりも、常に犬を観察して犬にとって褒められるタイミングは少しでも多い方がよいと心得ておいてください。

楽天『ペット割』

オススメ

新着記事

楽天『ペットランキング』