大切な命のリレー ハムスターを出産させる時の注意点

可愛い赤ちゃんを育てたいと思った時に、ハムスターの出産を考えるかもしれません。でも出産は準備や時間がいるデリケートなもの。
出産させる前に覚えておきたいことや出産の段階についてご紹介します。 2019年04月29日作成

  • ペット - ハムスターペット - ハムスター
  • VIEW:1,967

ハムスターを飼っていると、この子が産んだ子供が見られたらいいな、育ててみたいな、と思う瞬間があるかもしれません。
でも、赤ちゃんを見たい!という気持ちだけでスムーズにいくほど、ハムスターの出産は簡単ではありません。
そもそも出産させることができるのか、必要な準備は何か、産まれてからのお世話はどうするのか、など考えることはたくさんあります。
ひとつひとつ考えて、今の自分にできるかどうか確かめてから行動に移しましょう。

ハムスターの出産に関して覚えておきたいこと

ハムスターは一度の出産でたくさんの子供を産みます。
ゴールデンハムスターは平均8匹、ジャンガリアンなどの小さいハムスターは平均4匹と言われていますが、個体差が大きいです。
多い時は10匹を超えることも。ですからこれだけ多くの赤ちゃんの面倒を見れるかどうか、考えておくことが必要です。
里親になってくれる人を事前に見つけておくと良いでしょう。

繁殖させる時は、同じ種類のハムスター同士で行うのが基本です。
雑種のハムスターは体が弱くなる可能性があるので、違う種類を繁殖させないようにしましょう。

ハムスターのお見合い

出典元 : https://www.shutterstock.com/

ハムスターにも相性があるので、まずお見合いをさせて様子を見ます。
お見合いできるハムスターの条件は、2ヶ月半以上1歳までの子で健康であること、互いに血の繋がりがないことなどが挙げられます。
ハムスターの体力面を考えると、真夏や真冬は避けて気候が穏やかな時期に行う方が良いです。

お見合いはまず2つのケージにそれぞれハムスターを入れ、ケージ越しに行います。
いきなり1つのケージに入れると驚いてケンカしてしまうからです。
メスは4日に1度、12〜20時間だけ発情するので、それを見極めるために4.5日様子を見ましょう。
メスの生殖器から糸のような半透明の粘液が出たら、発情したことのしるしです。

メスが発情したらオスのケージに移します。ハムスターはメスの方が気が強いので、オスのケージで出会わせる方が上手くいくのです。
最初はメスがオスに噛みつくなどの行動が見られますが、時間と共に仲良くなっていくので慌てず様子を見ましょう。
もし本気のケンカになってしまったら、ケガに繋がりかねないのでお見合いを中止します。
この時、ハムスターはとても興奮しているので手を入れるのは危険です。手袋をつけるか本などを使って引き離しましょう。

1度目のお見合いで上手くいかなくても、再びメスが発情したタイミングでお見合いさせるとハムスターが慣れて上手くいくことがあります。
あきらめず何度もチャレンジしてみましょう。

交尾が成功した後は出産の準備へ

一緒のケージに入れて交尾が成功したら、もとのようにケージを別々にします。
ハムスターは基本的にメスのみが子育てをするので、オスを同居させる必要はありません。

交尾から10日ほどでメスのお腹が大きくなってきます。
妊娠期間はゴールデンハムスターで16日ほど、ジャンガリアンなどの小さいハムスターで18日ほどと言われています。
妊娠しているハムスターは体力をつける必要があり、栄養価の高い食事が大切です。
高タンパク低脂肪を心がけ、ペレットや野菜のほかチーズや肉、卵、牛乳などを与えます。

ケージは水槽タイプを用意し、静かな場所に置いてください。
中に大きめの巣箱とたっぷりの床材を入れます。
ケージを段ボールで囲み、ハムスターが落ち着けるようにしてあげましょう。
出産が近づいたらエサや水を取り替える時以外はケージに近づかないようにして、掃除も控えます。

いよいよ出産!飼い主にできること

出典元 : https://www.shutterstock.com/

ハムスターの出産は深夜から早朝に行われます。
産まれたての赤ちゃんを見たい!という気持ちは分かりますが、そこはぐっと我慢。
ケージに近づいたり騒がしくしたりすると、赤ちゃんを取られてしまうと感じて大きなストレスになります。
赤ちゃんを隠すため、食べてしまうこともあるのです。
出産から1週間ほどは静かに見守りましょう。
出産後のハムスターは食欲旺盛になるので、タンパク質を中心にいつもの2倍の量のエサを与えます。


ハムスターのお見合いから出産までは、普段見られない命の営みです。
新たな命が産まれる過程を見守れるのは、貴重な経験となることでしょう。
必要な心構えと準備をして、ハムスターの出産を応援してあげてください。

オススメ

新着記事