猫のくねくねポーズ、これってどういう意味?

猫がゴロン、くねくねとしてこっちを見つめています。
このポーズのとてつもない可愛さを、猫自身も理解してやっているのでしょう。 2019年03月16日作成

  • 猫のカテゴリ - 猫と暮らす猫のカテゴリ - 猫と暮らす
  • VIEW:19,959

皆さんはこのゴロン、くねくねポーズを見たことがありますか?
これには、猫があなたに伝えたいメッセージが隠されています。
きっとこれを読んだ後に、このポーズを見たら思わず抱きしめたくなること間違いないでしょう。

理由1. 猫からのメッセージ

⑴あなたが大好きだよと伝えている

動物にとってお腹とは急所です。本能で生きている部分が多い動物がお腹を見せるという行為は、本当に信頼している人の前でしかできないことなのです。
あなたの前でこのポーズをしてくれたのは、きっと猫からの「信頼しているよ、大好きだからね」というメッセージなのです。

⑵さわってもいいよ?と伝えている

突然、足元に猫が歩いてきて足にスリスリしゴロン、くねくねとこんな素敵な体験はしたことはありますか?
これは、「ねぇねぇ遊んでよー」と猫が伝えてきているのです。きっとどうしたらあなたに構ってもらえるかな?と本能で分かっているのが猫らしいといえます。
そのタイミングで構ってあげれば、猫はきっと大喜びすることでしょう。

⑶なんだか寂しいなと伝えてきている

猫は自由な動物だから、犬のようにずっと構わなくても平気なイメージを持たれますが、猫にも寂しくなる気持ちはあります。
最近、外出が続いてなんだか構ってあげてないなというタイミングで、このポーズをしていることはありませんか?
きっと「僕、少し寂しい気分だよ」と伝えてきているのでしょう。

理由2. 春なので生物的な本能で

猫を飼っていない方は、外で見かける猫によく癒されていることでしょう。
ゴロン、くねくねというこのポーズは、人間の私たちでも魅了されてしまう動きです。
春先や秋の始まりに、みかけることが多いことにお気づきでしょうか?
そうです、このポーズはメス猫がオス猫を誘惑するためにしているポーズだと言われています。フェロモンを発し、これによりオス猫はつられて誘われていくということですね。
オス猫だけではなく、人間の私たちもあまりの動きの可愛さに心を持っていかれるので、きっとこの動きは惹きつけると猫自身も分かっているのでしょう。

理由3. 回数が多すぎるなら病気を疑う

いつもより回数が多いな?なんだか甘えているよりは痒そうな気がする。
もしかしたら、ノミやダニの影響を疑った方がいいかも知れません。
実は、ノミやダニは一年中存在します。春先、夏にかけてノミやダニが一番活発になるシーズンがきます。冬も、夏よりは減りますが存在しています。
また春先は花粉によりアレルギーの症状が出ますし、油断できません。
なんだかいつもと様子が違うかもと感じたら、病気の可能性を疑ってください。
用心に越したことはありません。

番外編 うちの猫ちゃんのクネクネが見てみたい!

やはりゴロン、クネクネというポーズは魅力的で、まさにそれが愛猫ならば一度は見てみたいという気持ちわかります。
それならば猫好きなら必ず知っている、猫が大好きな植物マタタビをプレゼントしちゃいましょう。
マタタビを与えることにより、興奮状態になり気持ちがよくなります。
そしたらこのゴロン、クネクネをしてくれる可能性が高まります。
猫も喜ぶし、飼い主も嬉しいので一石二鳥ですが、マタタビは与えすぎはよくありません。人間に例えると、お酒に酔った状態に似ていると言われますが、これとは少し違います。
マタタビは軽い麻痺状態にさせるので、過剰はよくありません。
成猫でも耳かきの半分程度のマタタビの粉で充分です。しかし、常用性はありませんし、中毒性もないのでたまに与えてストレスを発散させてあげるのも良いでしょう。

猫のクネクネには色々なメッセージが隠されています。
動物は言葉では伝えられない想いを、ボディランゲージであなたに伝えています。
そう思うと、猫の動き一つ一つが愛おしく感じられることでしょう。
今後、クネクネポーズに注目して愛猫とのハッピーライフを満喫してください。

オススメ

新着記事