犬には掴まれたり触られたりするのは嫌な場所があります。飼い主さん、気をつけていますか?

抱き上げた時や、急に触れた瞬間に「ギャン!」と強い声を出されたことはありませんか?思わず噛みつかれそうになるほどに、犬にとっては触られるのも掴まれるのも嫌な場所は体にはあるのです。犬の気持ちを考えて触ることも重要です。 2019年03月17日作成

  • 犬のカテゴリ - 犬の豆知識犬のカテゴリ - 犬の豆知識
  • VIEW:66,465

普段は温厚なうちの子が突然・・・

https://www.shutterstock.com/

理想的には子犬時代から体のどこを触られても平気な子に育つように飼い主さんは様々な努力をします。実際に、成犬になってもどこを触れても平気な顔をしている犬もあります。逆に血相を変えて攻撃的になる犬もいるのです。ストレスを感じてしまうっと飼い主さんに対しても威嚇行動の起こします。飼い主さん的にはかなりショックな出来事になります。それでも、自分のワンちゃんへの愛情を再確認するという試練にもなります。威嚇されても、しっかりと注意をしてあげましょう。そして嫌なことはしないよ、と心から謝ることが基本的に必要です。

飼い主さん的にはショックでも実は犬の方もデリケートな神経が過敏に反応してしまうのです。その場で大声で吠えるなど、飼い主さんも引いてしまうほどに拒絶反応を示すこともあるのです。

それほど触られたくない場所がある

ストレスを感じながらも、飼い主の言うままに脱欲をして体のどこを触っても大丈夫というタイプの子もいます。本当は触られたくないのに我慢をしているということになります。飼い主さんの方で、体のどの部分に違和感を感じているのか?をよく観察しておいてください。

足の先を触ろうとすると、引っ込めます

https://www.shutterstock.com/

足先というのは苦手ゾーンの一種です。爪を切る場面などでは保定されるときに、仕方なく足を差し出しているだけです。実はかなりに苦手な場所になります。なんでもない時に足先を触っても平気になるようにトレーニンフをしておく必要があります。

なぜ足先を触ると嫌がるのでしょうか?実は犬にとって足はとても大事な部位です。自分が歩くために必要な足です。本能的にその場所は触られたくない場所であり、自分も守りたい場所でもあるのです・

尻尾は触らないで!

結構な確率で犬は尻尾に触れられることを拒みます。犬にとって尻尾は一番のデリケートゾーンだとご存じでしたか?特に敏感過ぎる場所でもあるので、むやみやたらに障らないようにしてあげましょう。尻尾は犬が感情を示しやすい部分です。嬉しいときには尻尾を激しく振ります。

そして平均感覚を保つためにも尻尾なくてはならない存在なのです。犬にとって体の先端部分というのは、触られたくない琴線のようなものが走る場所でもあるのです。

過去に痛い思いをしていると余計に敏感

例えば飼い主さんが尻尾を引っ張った場合や、何かに挟まるような痛い思いを一度でもしていると犬の拒絶反応は半端なく強くなります。これにはトラウマという理由が存在します。飼い主さんとしては過去に、そのようなことはあり心が敏感になっているということを、きちんと把握するべきです・。

頭を急に触らないこと!驚いて反応します

https://www.shutterstock.com/

頭を撫でようとすると、いきなり威嚇をする場合もあります。普段は頭をゆっくりと撫でられるのは好きなはずなのに、眠たい時などには、頭を急に触られることが嫌であると感じているのです。

まずは撫でられて嬉しい場所を探す

例えば首の後ろなどを撫でると、犬はうっとりとした恍惚の表情を浮かべます。そして気持ちの良い場所では、転寝をしてしまうほどです。まずは犬にマッサージを行うかのように、丁寧に接してあげましょう。そうすることで、次の段階として苦手とされる場所にも少しずつ手を延ばしていけるようになるのです。

それでも嫌がる場合ももちろんあります。どうしても危険を感じる場所という部位があるのです。ある意味本能的な部分もありますので無理強いは絶対にしないように心がけてください。

楽天『ペット割』

オススメ

新着記事

楽天『ペットランキング』