ハムスターの食べ物について正しい知識、持っていますか?

ハムスターは何でも食べると思っていませんか?それは大きな間違いです。ハムスターにも食べてはいけないものが数多あります。今回はハムスターの食べ物の知識を深めていただけるように、説明をしていきます。ハムスターと安全に暮らすための工夫は食生活にもかかわってくるのです。 2019年01月21日作成

  • ペット - ハムスターペット - ハムスター

健康なハムスターは食欲旺盛ですが・・

https://www.shutterstock.com/home

人間の食材にまで手を伸ばそうとしがちです。ハムスターは何でも食べたいと思うほど、食欲旺盛なところを持ち合わせています。だからこそ、誤って与えてしまって後から後悔をしないようにしてください。間違った食材を与え続けることで、ハムスターに、飼い主自らが健康被害を与えるようなことは避けてください。

繊細な小動物です。あらかじめ正しい餌の種類と与え方を飼い主が知っておくことが大前提なのです。安全に食事を与えるためには市販のハムスター専用の餌を適時与える方が安全な場合がほとんどです。無理に手作りの食事を与えようと考えるよりも、ハムスターの安全を優先してください。

ハムスター専用の「ペレット」とは?

https://www.shutterstock.com/home

ペレットとはハムスターに必要な栄養素がすべて摂取できるように考えられた餌の名前です。見た目はおいしそうには見えないのですが、ハムスターの主食用として多くの飼い主が利用する餌なのです。初心者さんの場合には、食材の選び方などは困難です。だからこそ、ペットショップで購入できる餌を与えることをお勧めします。

自分の独自判断で手作りをした餌などを与えたいという気持ちは抑えておく方が安全でしょう。ハムスターにはハムスター専用の餌が研究されて販売されています。寿命が短いということもありますので食事を誤ったために病院に駆け込むようなことがないようにしてあげることが肝心です。

夜行性の小動物

朝昼夜というような感覚で餌を食べるという習性はありません。ハムスターは1回の食べる食事の量がとても少ないのです。その上、夜行性ですので夕方から朝方にかけて自分の気ままな時間に餌を食べるという習性があります。飼い主が見ていない間に食べてしまうことがほとんどですので、餌の交換はきちんと行うことが基本です。なんでも必要以上に自分の巣箱の方に溜める傾向もあります。野菜や果物を与えている場合にも腐敗しないような感覚で、取り換えてあげることが肝心です。

ハムスターが食べても良い野菜・果物とは?

https://www.shutterstock.com/home

基本的には専用の餌を中心に食生活を組み立ててあげましょう。そのほかに食材を与える場合には、好みなども研究しておく必要がありますが主に与えても良い野菜や果物は以下の通りです。

・人参
・かぼちゃ
・ブロッコリー
はお勧めの野菜です。特にニラやニンニクのような臭いの強いものや刺激がある野菜は絶対に避けてください。果物の場合には

・イチゴ
・リンゴ

が大好きです。果物の中でも大好物です。果物の場合にはどうしても糖分が多くふくまれているので、一度に大量を与えるようなことは絶対に避けてください。そして飼い主が管理できる状態の時間帯に与えるようにしてあげましょう。

ハムスターが食べてはいけないもの

ハムスターにはネギ類やレンコンは与えないでください。果物は何でも食べますがパイナップルやバナナ、ブドウは避けておきましょう。実際に、何を食べて何を避けるのかということを覚えるよりも、与えてよいものだけを与える方が安全です。

与えてはいけないものを探すよりも、与えるものを確実に知っておく方が安全です。それを基本としてハムスターの生活を支えていくのが飼い主としての役割だと自負しておいてください。

ハムスターを長生きさせるためにも選ぶ食べ物

なんでも与えるというよりも、主食をハムスター専用の餌に統一しておきます。そして副食として、野菜と果物を数種類という形の献立にしておく方が安全です。とにかく小さな体をしています。ハムスターの食生活には細心の注意を払うことが大切なのです。

オススメ

新着記事