本当に猫のためになるケージのレイアウトとは? その1

猫を家族として迎えいれた時にみなさんは、ケージをどんなレイアウトにしていますか?
猫にとって過ごしやすいレイアウトに飼い主さんならしてあげたいと思っているはずです。
一緒に考えていきましょう。 2019年01月06日作成

  • 猫のカテゴリ - 猫を飼う猫のカテゴリ - 猫を飼う

猫のケージには屋根があって落ち着ける寝床のレイアウトがいい?

猫を家族として迎えいれる時に、猫にケージは必要ないのではないかと思っている飼い主さんもいると思います。猫というと自由なイメージがあり、どこにでも行けるようにしておいた方がいいような気がしますよね。しかし、それは飼い主さんがいる時ならケージから出してあげて自由に行動させてあげて大丈夫です。

飼い主さんは、ずっと猫と一緒にいることができず猫が留守番することもあります。
ケージが必要な理由は、猫が誤飲をしてしまったりしないようにするためや、飼い主さんが留守の間に猫が危険な目に遭わないようするために必要です。

その他にも、人間にも自分の居場所が必要なように猫にも自分だけになれるスペースが必要です。ケージが必要な理由は理解して頂いたけたと思います。
猫をすでに飼っている人はご存じだと思いますが、猫はケージに屋根がないと飛び越えて外に出てしまいます。そのため、ケージは屋根があるケージを購入してあげた方が猫の事故を防止できます。

猫のケージの多くは、キャットタワーのようにジャンプして登れるようになっているものがほとんどです。ケージの中の猫の寝床もどこにレイアウトしようか迷うと思いますが、ケージの一番上に寝床を設置してあげると高い場所にいることで猫をリラックスして眠ることが出来ます。猫は1日の大半を寝て過ごしますから、ケージの中の寝床は落ち着ける場所にレイアウトしてあげることが大切です。

ケージを設置する場所も、猫が落ち着ける静かで風通しの良い場所を選んで設置してあげて下さい。

猫のトイレと水飲み場は離しておくレイアウトをする

https://www.shutterstock.com/

猫を飼う時にトイレと水飲み場を部屋の中で近づけてレイアウトしてしまう飼い主さんがいます。飼い主さんからすればトイレと水飲み場が近い方が、猫が覚えやすくっていいと思われるかのしれませんが猫は非常にきれい好きで神経質な性格です。
そのため、水飲み場とトイレが近いと嫌がりトイレを我慢してしまい病気になってしまうことがあります。

猫が快適に暮らすためには、部屋の中でトイレと水飲み場は離してレイアウトしてあげて下さい。特にトイレは、部屋の隅や柱の影などの人があまり通らないような場所に設置してあげた方が猫が安心してトイレができます。
猫も飼い主さんや他の家族がじっと見ていたらトイレがしにくいので、部屋の中に設置するトイレは人があまり通らない所に設置してあげて下さい。

狭いケージの中の場合には、トイレと水飲み場を真逆の位置に設置してあげて少しでも離してあげるのが理想です。

猫のケージにハンモックを吊るして空間を有効活用

https://www.shutterstock.com/

猫の寝床として最近人気なのが、ハンモックです。体を柔らかく包んでくれるハンモックは狭い場所が猫にとっては気持ちよく感じられるはずです。このハンモックをどこにレイアウトするかといえば、猫のケージはキャットタワーのように登れるようになっているケージがほとんどです。

そのため、ケージの上部に空間がありハンモックを吊るしてあげれば空いている空間を有効活用し、猫の寝床も作ることが出来ます。

猫用のハンモックは、ケージに設置するタイプや窓に設置するタイプがありますからケージに設置する場合にはケージ用のハンモックを購入して設置してあげて下さい。ハンモックには部屋に設置出来る物もありますので、ケージ以外の部分にもお部屋の窓辺にレイアウトしてあげれば猫もくつろげる場所が増えます。

ぜひ、参考にしてみてください。

オススメ

新着記事