かわいいうさぎを飼ってみよう!初めての方へ飼い方を紹介します。

最近、一人暮らしの男性、女性の間で、うさぎの飼われる方が増えています。
今回、初めてうさぎを迎える方へ、飼い方の注意点などをまとめてみました。 2018年12月23日作成

  • ペット - うさぎペット - うさぎ

1.うさぎは飼いしやすいの?

うさぎの愛くるしい目や仕草をみていると、癒やされますね。
うさぎは、飼いやすい動物なのでしょうか?
うさぎを飼うときの、メリット・デメリットをまとめます。

https://www.shutterstock.com/

メリット

① 臭いがしない
うさぎは、体臭がなく、うんちも健康であればほとんど臭いません。
これが、最近、一人暮らしの方がうさぎを飼う理由の1つです。

② 人に慣れやすく、コミュニケーションが取れる
名前を呼ぶと呼んだ人を見たり、近寄ってきたり、と人に慣れやすいところがあります。
しかし、それは、愛情を込めてお世話してこそ。愛情を持って接していると、うさぎが飼い主さんを意識し、呼んだら近寄ってくれたりします。
また、人に慣れてくると、様々な仕草でコミュニケーションを取ってくれます。

③ 鳴かない
犬や猫を飼っていると、その鳴き声が気になるときがあります。特に、アパートやマンションで飼育される場合は、ご近所へ迷惑になることもあります。
しかし、うさぎはほとんど鳴きません。鳴いても、ほとんど聞こえないような小さい声です。
夜、遅く仕事から帰ってからも、ケージから出してあげて、近所さんに気兼ねすることなく遊ぶことが出来ます。

④ 散歩の必要がない
犬を飼っていると、毎日、最低1回、多いと2~3回の散歩が必要となります。
しかし、うさぎは散歩の必要はありません。
飼い主さんがお家にいるとき、お部屋に放してあげるだけで、運動は十分できます。
ただし、うさぎは、ものを噛じる習慣があります。噛じられたら困るものはうさぎの届かないところに置くか、隠しておく必要があります。

https://www.shutterstock.com/

デメリット

① トイレを覚えない
トイレを覚える子もいますが、基本、うさぎは、トイレを覚えません。
ですから、お部屋に放すと、あちこちでウンチ、オシッコをすることがありますので、掃除をする必要があります。

② ものを噛じる
うさぎの前歯は、一生伸び続けます。
自然界では、硬い木の根や枝などを噛じることで、前歯を削っています。
しかし、ペットとして飼っている場合は、木の根を噛じることもありません。
ケージの中の牧草入れや、部屋に放したときに家具などを噛じることがあります。
先に書いたように、噛じられて困るものは、隠すなどする必要があります。

③ 換毛期は、抜け毛が舞い散る
うさぎの魅力の一つは、あのフサフサした毛ですね。
しかし、うさぎにも換毛期があります。換毛期は、毛が抜けて部屋に舞い散ります。
換毛期には、こまめにブラッシングをする必要があります。あと、掃除もこまめにする必要があります。

2.うさぎを飼う前に準備するものは?

① ケージ

飼い主さんがお出かけのときや夜寝るときに入ってもらいます。
大きさは、体を伸ばして寝ることが出来る縦横50cm×60cmぐらいで、高さは、うさぎが立ち上がったときに余裕なる50cmぐらいがいいでしょう。
多頭飼いをするときも、一人ずつケージを用意してください。

https://www.shutterstock.com/

② トイレ

うさぎは、トイレの場所を覚えることは少ないのですが、決められた場所を作ってあげると覚えることがあります。
衛生面を考えても、トイレは用意してください。

③ 牧草入れ

餌になる牧草を入れる容器が必要です。
様々なタイプが販売れれていますので、牧草の出し入れをしやすいものを用意されるといいもと思います。

④ エサ入れ

エサになるペレットを入れる容器が必要です。陶器でできたものがいいでしょう。

⑤ 水入れ

うさぎも、水を飲みます。床においておくとウンチが入ったりすることがあるので、吊るすタイプの給水ボトルがおすすめです。

https://www.shutterstock.com/

⑥ 噛じり木

うさぎが前歯を研ぐために必要です。
これもペットショップで販売られていますので、ケージに入るサイズのものを用意しいましょう。

3.まとめ

うさぎを初めて迎える方に向けて、飼い始める前の注意点をまとめてみました。
うさぎも、生き物です。単に、かわいいからと言う理由だけで飼い始めるのではなく、うさぎの性質や飼い方の注意点などを事前に確認して、飼い始めるようにしてください。

オススメ

新着記事