フェレットの寿命は?長生きのために飼い主ができることは?病気と対策について

フェレットは寿命が5年~7年というのが一般的な認識です。飼い主としてどのようなことに気を付けてお世話を続ければ少しでも長生きをしてもらえるのでしょうか?フェレットの寿命は飼い主の心がけ次第で伸ばせるものなのでしょうか? 2018年12月27日作成

  • ペット - フェレットペット - フェレット

フェレットの寿命はなぜ短い?

https://www.shutterstock.com/

フェレットという生き物はとても成長が早いのです。犬や猫とはまた違う成長過程をたどります。実際に6歳に到達する時期にはもう、シニア期に突入しているのです。生まれて1週間前後で体つきがしっかりとしてきます。そして4か月になるともう、大人になります。4歳を過ぎると老化現象が見られるのです。このように、思いのほか早い成長を遂げるので、どうしても寿命が短くなるのです。

長生きをしてもらうために

生まれてから1年間でほとんど大人になってしまうというフェレットは、どうしてもシニア期に突入です。だからこそ衰えに気が付いたときには、すぐにフェレットの暮らし方に手を加えて、病気などには注意が必要なのです。

フェレットの寿命について真面目に考える

https://www.shutterstock.com/

10歳以上の長生きをするフェレットもいれば、5歳未満で亡くなるフェレットもいます。その年齢の開きの理由は何か?と飼い主は常に考えています。実際に飼い主との暮らしが、フェレットの寿命を左右します。出来る限り、フェレットの寿命を延ばすためにできることを実践してみましょう。

フェレットにとって大事なことは?

フェレットが日々、食べるものや生活のリズムはとても重要です。生活のリズムというのは、飼い主に合わせて夜更かしをしているような生活は小さな体に悪影響を与えるのです。そして、運動量もフェレットの寿命に影響を与えるのです。

フェレットの長生きのコツは??

フェレットは精神的にタフな動物ではありません。そこをまず感じてください。何か環境の変化や、身体的なダメージを受けることが続くだけで寿命が短くなる場合があります。これは酷なようですが、フェレットという動物の持って生まれた境遇です。ストレスになることに見舞われるだけで下痢を起こし食欲不振に陥ります。だからこそ、大切なのは飼い主がフェレットの精神的なものに寄り添えることが肝心なのです。

フェレットに寄り添う生活

時間のゆとりを持つことは、フェレットが過ごす時間にも余裕をもたらせます。ここに長生きの秘訣があるのです。フェレットは飼い主と遊べることを幸せに思います。そして飼い主もフェレットとの時間に癒しを感じます。その相乗効果が、フェレットに寄り添うことにもつながるのです。エサについても、フェレット専用のものを準備する余裕を持つこと。代替の食事ではなく、フェレットの胃腸に負担を与えないような食事を優しく与える。これもフェレットに寄り添う生活の一部です。

フェレットに精神的なダメージを与えない暮らし

飼い主がどうしても仕事のために留守をすることが多い場合。物理的に常に寂しいという気持ちを持つようになります。徐々に老化が始まる時点で、ストレスが重なると寿命が短くなってしまう場合が多いのです。できれば、飼い主との時間が長く、何か異変があったときに病院へ行ける環境に過ごせること。これがフェレットの精神的なダメージを減らし、長生きをさせるコツなのです。

環境を整えて穏やかな毎日をフェレットと過ごす

https://www.shutterstock.com/

環境になじめるように、最初は手出しをせずに自然体でフェレットの新しい生活を応援する。そんな「待ち」の姿勢を取れる飼い主がフェレットには必要です。名前を決めて毎日呼びかける。そうするとフェレットは自分の名前を覚えます。遊びの間も名前を何度も呼び掛ける。その繰り返しがフェレットに穏やかな時間を与えるわけです。フェレットの寿命はある意味、飼い主次第という部分もあることを、忘れないように接してください。

楽天『ペット割』

オススメ

新着記事

楽天『ペットランキング』