フェレットの下痢の症状や病気について

人間と同じでフェレットが下痢を起こす原因はいくつかあります。迎え入れたときから腸が弱いというタイプのフェレットもいます。もしかすると細菌性の病気を抱えている場合もあります。まずは下痢の原因を突き止めて対応してあげましょう。体が小さい分、体力の消耗も著しいので素早い対処が必要です。 2018年12月25日作成

  • ペット - フェレットペット - フェレット

フェレットが下痢を起こす原因はなに?

https://www.shutterstock.com/

一時的に下痢をする場合には、その時食べているエサが体質に合っていないという原因が圧倒的に多いようです。何か目新しい場所に出かけたなど、ストレスを感じると下痢するタイプのフェレットもいます。いずれかの理由の場合には一過性の下痢で収まります。急を要するような状況ではないと判断されます。

ストレスなのか病気なのか?

吐き気もなく、比較的元気に遊んでいるのに下痢をしている場合。これはストレスが原因で下痢を起こしていると考えます。近々に目新しい場所に散歩に出かけたことはないでしょうか?何か急激にストレスを感じるような場面に出くわしませんでしたか?きっと何かの原因が思い当たるはずです。その場合の下痢はストレス性の下痢です。

フェレットの病的な下痢について

フェレットにとって数日間続く下痢はとても危険なことです。下痢をしやすいタイプの小動物ですが、何日も下痢をしているという場合には脱水などの症状が出てしまいます。ここまで来ると自然に治ることはありません。脱水予防のために皮下点滴を受けるなど早急に対応するべきでしょう。

便の色を克明にチェックしておく

下痢をすると血液が混ざり合って赤系の便や、黄土色、緑色の便が出ます。これをきちんと獣医師に伝えて然るべき治療を受けて早く回復をさせてください。下痢が続いてしまうとすぐに脱水症状が出てきます。そして栄養失調にも陥ります。

フェレットの心配な下痢について

https://www.shutterstock.com/

下痢が2日以上続いている場合や食欲不振を伴うときには時間を置かずに、動物病院を受診してください。水も飲まなくなり嘔吐が始まると緊急性が高くなります。できるだけ早く救急対応をしてください。一刻を争う場合もあるからです。体重が急激に減るということは致命傷にもつながります。そうなるとぐったりとして眠ることが多くなります。そこまで進行させてはいけません。必ず早期に判断をして獣医師に相談をしてください。

エサが合わないだけでも下痢を起こす

いつものフードから急に新しいフードに変えた途端に下痢をする場合もあるのです。エサをこれまで食べていたものに戻すなど、できる範囲で対応をしてあげましょう。食べ物が原因で起きている下痢は比較的早く治ります。

寄生虫が原因の場合も

寄生虫や回虫が原因で下痢を起こしていることがわかった場合にはすぐに治療を始めます。便の検査をするとすぐに判明します。この場合には、処方された飲み薬で改善を図ります。

病的な下痢の治療法は?

https://www.shutterstock.com/

異物が胃の中に混入して下痢を引き起こす場合もあります。またヘリコバクターという細菌が何らかの形で体内に注入されて胃潰瘍を起こす場合。この時にも下痢を起こします。投薬で時間がかかる場合もありますが、細菌を叩く薬を飲んで様子を見ます。

胃腸炎による下痢の場合には消炎剤を飲んで様子を見ます。腸疾患の場合には、抗生物質を適切に処方してもらいます。伝染病のような(コロナウイルス)下痢を引き起こしているときには、抗生物質に加えて兆年末保護の薬を併せて飲みます。ストレスに関しては薬がないので飼い主側の努力でストレスを軽減させてやることが一番の「薬」になります。フェレットが下痢を起こすことは良くないこと、と捉えて早めに対処してあげられるように気を配ってください。嘔吐を伴い下痢が続いたときには、その時間帯に診てもらえる動物病院に搬送してあげましょう。放置すると衰弱が激しくなります。その手前で飼い主の方が気づいてあげられることがベストです。

楽天『ペット割』

オススメ

新着記事

楽天『ペットランキング』