【愛犬と季節の変わり目】抜け毛の時期までに知っておきたい!犬の抜け毛対策!

犬を飼っている人なら経験したことのある抜け毛の時期。室内犬の場合は、家の中のあちらこちらに犬の抜け毛が付いてしまい、取ることも大変ですよね。今回はそんな困った抜け毛についての対策法をご紹介致します。 2019年07月17日作成

  • 犬のカテゴリ - 犬の豆知識犬のカテゴリ - 犬の豆知識
  • VIEW:105

飼い主が気を付けて外出しても、出先で犬の毛が服についていたということはないでしょうか?
私もかなりの頻度でそういうことがあり、車の中やバッグなどにも付いていたことがあります。
特に抜け毛の時期は家の掃除も大変です。
家具や寝具に毛がついてしまうと、取るのも一苦労ですよね。
そこで、少しでもそんなことが減るように、今回は抜け毛対策についてご紹介させて頂きます。

TOPIC 01

犬の毛の種類について

知らない方も多いかと思いますが、実は犬の毛には種類があります。
その種類というのは、
・ダブルコート
・シングルコート
です。
それぞれの種類の説明をすると、シングルコートの犬は、上毛しかない状態なので毛が抜けて生え変わるということはありません。
そして、ダブルコートの犬は上毛の他に柔らかい下毛があります。
触り心地はホワホワと柔らかく、この下毛部分が抜けて生え変わっているのです。

TOPIC 02

ダブルコートの犬の抜け毛の時期は?

出典元:https://www.shutterstock.com/

先にも申しました様に、ダブルコートの犬は毛が抜け、新しい毛が生えてきます。
この、生え変わりの時期としては春と秋となっており、この毛の生え変わり自体の事を換毛といいます。
鳥などの場合は換羽というように、文字通り、毛が換わるということです。

TOPIC 03

抜け毛の仕組み

この抜け毛の仕組みですが、奥が深く、実は外気温、日照時間、湿度などという要因により、犬の自律神経が刺激され、抜け毛というものが起こっています。
日照時間は犬の毛に影響が強く、
・春…日照時間が長くなり始めると、新しい毛が成長し、冬に生えていた古い毛を押し出すのですが、これが抜け毛に繋がります。
この生えてきている新しい毛は夏毛と言い、少し粗めです。
逆のことも言えて、
・秋…日照時間も短くなり、気温も下がり始めます。
そうすると、粗めの夏毛が向け寒さから身を守るために細かい温かな冬毛が生えてきます。

TOPIC 04

抜け毛対策について

出典元:https://www.shutterstock.com/

では、この抜け毛対策としていくつかご紹介していきますので、是非参考にしてもらえたら幸いです。

換毛の時期には小まめにブラッシング!

めんどくさいと思ってしまう飼い主も多いかと思いますが、この換毛の時期にいつもより小まめにブラッシングをしてあげることで換毛自体もスムーズに済ますことが出来ます。
ブラッシングに使用するブラシも短い毛を取ることのできるものにしてみましょう!

掃除の仕方を変える

掃除の仕方を特に決めていない人にはすぐにでも試して欲しいことですが、掃除の仕方に少しルールを付けてみて下さい。
ルールとしては、
・部屋の隅から中央へ掃除をしていく
・高い場所から低い場所へ掃除をしていく
・ほうきや刷毛は使用しない
・まとめて掃除をせず、気づいたらその都度掃除するようにする
ということです。
全てを一気にしてと言われても大変だと思いますので、徐々にスライドしていったり、一つ取り入れるということでも良いのでまずは試してみて下さい。
いつもより、抜け毛を集めることが出来、取り除くことが出来ると思います。

ペット用コロコロ!

服や寝具に犬の抜け毛がつくと、掃除機ではなかなか取り除くことが難しいのではないでしょうか?
そんな時に活躍してくれるのがコロコロです!
今ではペット用のコロコロや、強力なコロコロなど沢山の種類や形状のコロコロが販売されています。
出先で抜け毛に気付いてしまった時の為に、小さな携帯用のコロコロもありますが、これは車の中に常に置いておくと便利です。
また、コロコロの紙を剥がしやすいものや自分の手に合ったコロコロを探すことも大切です。
使いにくいとすぐに使わなくなってしまいますので、いろいろ試してみて下さい。

TOPIC 05

抜け毛のことをしっかり知ることが対策への道!

いかがでしたでしょうか?
抜け毛の対策のことはもちろん、抜け毛自体のことに関してもお話しさせて頂きました。
まずは抜け毛の時期や仕組みを知ることが大切です。
仕組みを知れば、それに応じた対策が出来ます。
少しでも飼い主と愛犬が快適に過ごせるように、是非試してみて下さい。

オススメ

新着記事