飼い主なら知っておきたい!犬が寂しい時のサインをご紹介!

人間でも寂しい時に誰かに気付いてほしいと思うことがあります。犬にも寂しい時がありますが、人間の様に言葉で話して伝えるという事は出来ません。そんな時に飼い主がいち早く気づいてあげれるように、犬が寂しい時に出しているサインをご紹介します。 2018年12月09日作成

  • 犬のカテゴリ - 犬の豆知識犬のカテゴリ - 犬の豆知識

飼い主だから、愛犬のことはすべてわかっている!
という飼い主は意外と少ないかもしれません。
愛犬が寂しい時、サインに気付きちゃんと対応されていますか?
今回は犬が寂しい時に出しているサインについていくつかご紹介させて頂きますので、是非覚えておいて下さいね。

TOPIC 01

犬も寂しいと感じる!

出典元:https://www.shutterstock.com/

犬を飼い始めの方は特にですが、犬の感情がどこまであるのか、どれだけ敏感なのかということを深くは知らない場合が多いのではないでしょうか?
実は、犬という生き物は、私達人間が思っている以上に感情が豊かです。
それゆえに、寂しいと感じることも、もちろんあります。
寂しいという感情と孤独という状況が犬は特に敏感です。
犬にお留守番をさせている人は、うちの犬は一人でお留守番も平気と思っているかもしれませんが、その状況を孤独ととらえ、ストレスを受けている犬も多いようです。
そんな時にいち早く寂しい時のサインに気付いてあげることが出来れば、犬のストレスを軽減することが出来たり、無くすことが出来るかもしれません。

TOPIC 02

犬の寂しい時に出すサインとは?

犬が寂しいと感じている時に出すサインをいくつかご紹介していきますので、是非参考にしてもらえたら幸いです。

前足をしつこく舐めている!

出典元:https://www.shutterstock.com/

寂しい時のサインとして分かりやすいものがあります。
それは、前足を舐めるということです。
見ている方としては、足を綺麗にしているのかな?と思いがちですが、この行動は飼い主に構ってもらうことが出来ず、寂しさを紛らわしているのです。

この行動は、日ごろから良く飼い主が構ってあげている犬に多く見ることが出来ます。
また、この行動をしている犬は、寂しさのあまり分離不安症になっている場合もあります。
この行動は、いきすぎてしまうと舐めることによって皮膚が傷ついてしまい、皮膚炎になることもあります。
こうなってしまう前に、愛犬の寂しいというサインに気付き、早めに対処してあげることが大切です。
皮膚炎にもしなってしまっているなら、動物病院へ連れていく必要があります。

出典元:https://www.shutterstock.com/

留守中にいたずらをしている

飼い主の留守中にいたずらをすることも犬が寂しがっているサインです。
これは、寂しいという気持ちを紛らわすためにいたずらをしてしまっているのです。
人間でも寂しい時や悲しい時に気を紛らわすために、趣味に走ったり、運動をしたりしているように、犬にも同じことが言えます。

伏せてからの上目遣いをしている!

こちらも飼い主にとってはとても分かりやすい寂しい時のサインになります。
犬が、伏せをした状態から上目遣いでこちらを見ているという経験をした飼い主は多いかと思います。
この行動は、
・構って欲しい!
・邪魔したらいけないのか?
という気持ちが戦っている状態で、まさに葛藤しているのです。
そして、答えが出ないままになってしまうので、そのまま、伏せをした状態で上目遣いで飼い主の方を見たままになっているのです。
この場合、声をかけてあげるだけでも愛犬は喜びますので、犬が寂しがっていると気づいたら声をかけてあげたり、構ってあげるようにしてあげて下さい。

遠吠えや甘えた鳴き声を出す

犬が遠吠えをしたり、甘えた可愛い声で鳴く場合も寂しいと飼い主に訴えているのです。
飼い主が留守などで、寂しい時にその寂しさを紛らわすために鳴いている場合がほとんどです。
留守中の時に、鳴かれてしまうと気づくのが遅くなってしまいますので、家を出た後に少し外から聞いていたり、ペットカメラを設置することをお勧めします。

TOPIC 03

寂しがっているサインにより早く気づいてあげましょう!

いかがでしたでしょうか?
犬が寂しいと思っている時に出すサインについてご紹介させて頂きました。
犬が寂しがっているサインはまだまだあります。
一つでも飼い主が気づいてあげて、ケアをしてあげることが出来るように日ごろから愛犬をよく見て、変化に気付けるようにしておきましょう。

オススメ

新着記事