キャットタワーの選び方とは?おすすめも紹介!

猫を室内外する時に活躍するのがキャットタワーですね。最近は様々なタイプの物があり、どれを選んだらいいのか分からない!と悩んでいませんか?あなたの愛猫が満足するキャットタワーはきっとあります。選び方と、おすすめを紹介します。 2018年12月22日作成

  • 猫のカテゴリ - 猫用品猫のカテゴリ - 猫用品

室内外の猫ちゃんのためにキャットタワーを置いている家庭は多いのではないでしょうか。最近は様々なタイプの物があり、置くタイプや、つっぱりタイプ、爪とぎが一緒になっているタイプなど便利なキャットタワーも増えました。では、猫ちゃんはどのキャットタワーが気に入ってくれるのでしょうか。どういった基準で選べばいいのか、そしておすすめのキャットタワーも紹介します。

キャットタワーの選び方

出典元:https://www.shutterstock.com/

キャットタワーを選ぶとポイントは、「何を優先するか」です。
キャットタワーは大きく分けて、床に置いて使用するタイプのものと、床と天井で突っ張らせて使用するタイプの2種類があります。

床に置いて使用するタイプのものは、2~4本の柱でさせられているため安定感があり、持ち運んで移動することもできます。頂上に登ってもそこまで高さはありませんが、コンパクトで場所をとらないものが多いので、使い勝手が良いと言えます。また、複数の猫で同時に使用する場合や、体の大きな猫が使用する場合は、安定感がある置くタイプを使用したほうが安心ですね。

床と天井で突っ張らせて使用するタイプのものは、天井付近まで登ることができるため高いところに登りたいという、猫の本能を満足させてくれます。しかし、突っ張りをこまめに点検しないと、猫が登っている時に外れて落ちてしまうという事故が起きる可能性もあります。また、移動するのが大変なため掃除などの時は工夫が必要です。体の小さい猫が一匹で使用する場合は、突っ張りタイプのほうが十分な運動量を感じることが出来ます。

キャットタワーの柱が爪とぎになっているタイプのものは、高いところに上りながら程よく爪が引っかかってくれるので、猫も満足してくれます。爪とぎを頻繁に行う場合は、ボロボロになてきてしまうので部品を交換する必要があります。また、キャットタワーでは爪とぎをしたくないという猫の場合は、別で爪とぎを置いてあげなければなりません。

それぞれ特徴があるので、自分の愛猫の環境や生活スタイルに合わせたキャットタワーを選ぶようにしましょう。きっと気に入るものが見つかります。

おすすめキャットタワーを紹介!

ツール ド ミミ ハイタイプ

床に置いて使用するタイプのキャットタワーです。
4本の柱でしっかりと支えているため安定感があり、安心して使用することが出来ます。また、組み立て方を変える事で、横に広いキャットタワーにもなるので、高さがありすぎて危険な場合や、子猫が使用する場合などは、組み替えることが出来ます。
爪とぎに人気の素材「麻」を使用しているので、程よく爪が食い込み満足感もありそうですね。

キャットバンテージ プラス

床と天井で突っ張らせて使用するタイプで、アメリカのエンジニアがデザインしたデザイナーズキャットタワーです。スタイリッシュなデザインで、さらに場所をとらないのでインテリアに溶け込んでくれると人気です。
高さもあり足場が多いため、跳んで遊びたいという猫の本能を満足させてくれます。

ネココ コーナーや壁ぎわに置きやすい

コーナーや壁ぎわに置きやすいコンパクトタイプです。
ステンレスを使用しているので、インテリアに溶け込みやすく部屋の雰囲気を壊しません。また、壊れにくい素材のため長持ちさせることが出来ます。一番上の部分には、猫が滑らないように滑り止めがついているので安心ですね。
安定感もあり、安全に使うことが出来そうです。

キャットタワーにもたくさんの種類があり、迷ってしまいますね。
飼い主と猫がどんな生活をしているのか猫がどんな子なのかによって、何を優先すべきなのか考えて選ぶようにすれば、きっと猫ちゃんも満足してくれるのではないでしょうか。猫も飼い主も快適に生活できるのが一番良いですよね。

オススメ

新着記事