雌犬の避妊手術の流れとは?術前から術後の過ごし方を解説

愛犬の健康のためを考えて避妊手術を決意する方も多いのではないでしょうか。でも、避妊手術ってどんな流れで行うの?術後はどう過ごしたらいいの?と心配なことも多いですよね。今回は、雌犬の避妊手術の術前から術後までの流れを順番に解説します。手術を受ける前の心構えができると良いですね。 2018年12月07日作成

  • 犬のカテゴリ - 犬の健康管理犬のカテゴリ - 犬の健康管理

雌犬を飼い始めたら、考えなければいけないことの一つに「避妊手術」がありますペットショップや獣医さんで避妊手術を勧められることが多いですが、なぜ避妊手術をしたほうがいいのか知っていますか?手術をするメリットデメリット、手術の術前から術後の流れまでを解説します。大切な愛犬の体のこと、しっかりと考えてみましょう。

TOPIC 01

なぜ避妊手術をするの?

出典元:https://www.shutterstock.com/

「繁殖する予定がないなら避妊手術をしたほうがいい」と言われたことありますよね。避妊手術をしたほうがいいのはなんとなく知っているけど、なぜなのかよく分かっていないという人も多いのではないでしょうか。
避妊手術をするメリットは、
・望まない妊娠をしない
・子宮蓄膿症や乳腺腫瘍などの病気予防
・発情がこなくなるので穏やかになる
・生理がなくなるため過ごしやすくなる
という点があげられます。
この中でも一番の理由としてあげられるのは「子宮蓄膿症や乳腺腫瘍などの病気予防」です。犬は大体年に2回ほど発情がきて、そのたびに子宮と乳腺が刺激されるため、年をとってきた時に子宮に膿が溜まってしまったり、乳腺に腫瘍ができてしまう事が多いです。こうした病気は命にかかわるため、繁殖する予定がないのであれば、最初の発情が来る前(子宮や乳腺が刺激される前)に手術をした方が良いとされています。一番最初の発情は大体生後8ヶ月~1年の間に来ることが多いですが、個体差があるため獣医さんに早めの手術を予定している旨を伝え、スケジュールを組んでもらいましょう。

逆に避妊手術をするデメリットもあります。
・麻酔や手術のリスク
・術後太りやすくなる
・一度手術してしまったら繁殖できない
という点があげられます。
麻酔や手術など不安なこともたくさんあると思います。大切な愛犬の体にメスを入れるので、納得いくまで獣医さんと相談してから決めるようにしましょう。

TOPIC 02

手術の流れ~術前から術後まで~

病院によって手術の流れは様々です。一度手術をしたいという相談をして、そこで流れを説明してもらいようにしましょう。今回は一般的な流れを紹介します。

手術の日程を決める

出典元:https://www.shutterstock.com/

避妊手術をしたいと相談し、日程を決めましょう。
相談しに行った際に事前の血液検査を受けると、現在体に異常がないかを確認することが出来ます。手術は日帰り~一泊の場合が多いですが、送り迎えができて、術後に様子をみてあげられる日にちを選ぶのが良いです。

手術前日

手術前日はいつも通り過ごしてかまいませんが、無理な運動やトリミングなど普段と変わったことをするのは避けましょう。手術では麻酔をかけるため手術前夜から絶食指示が出される場合が多いので、早い時間に夕食をすませそのあとは何も与えないようにしましょう。お水は当日朝までは大丈夫な場合が多いですが、病院の指示に従うようにしましょう。

手術当日

当日はなるべく穏やかに過ごし、絶飲食のため朝食とお水は与えないようにします。
家で排泄を済ませたら、指示があった時間に来院して、問診を受けます。朝から体調をチェックしておき、様子を伝えて異常が無ければそのまま病院で手術の時間まで過ごすことになります。
間違えて朝ごはんやお水を与えてしまった場合は、怒られるからと隠そうとせず必ず伝えるようにしましょう。また、当日、少しでも体調がおかしいな?と感じたら必ず伝えるようにしてください。些細な変化に気付けるのは飼い主さんだけです。

手術後

お迎えの時間になったら病院へ迎えに行きましょう。
麻酔がしっかり覚めてから帰宅させるので、まだ眠っている状態ということはほぼありません。術後の注意事項を説明されるのでしっかりと聞いておきます。
抗生剤や鎮痛剤などの薬が処方されるので、指示通り飲ますようにします。10日前後で抜糸を行うため、再度来院をする必要があります。

TOPIC 03

手術後の過ごし方

出典元:https://www.shutterstock.com/

手術が終わって帰宅すると、元気がなさそうと心配になる人がとても多いです。
避妊手術は子宮と卵巣の両方を摘出するため、体にかかる負担が大きく、術後も回復までに時間がかかります。手術の傷が感知するまでに10日前後かかるため、その間は必ず安静にするようにしてください。無理に遊ばせたり、過度なお散歩は控え、排泄する程度、気分転換程度のお散歩で済ますようにします。
また、手術当日、翌日ぐらいまでは、傷の痛みや手術のショックから食事が出来ない場合があります。たいていの場合3日目ぐらいからは食べ始めることが多いですが、あまりにも食べない様でしたら病院へ相談し点滴を行うなどの処置をしてもらいようにしましょう。
また、術後直後に喉が渇いてお水を一気に飲んでしまう子がたまにいます。手術前夜から空腹の状態で、水だけ一気に飲んでしまうと胃がびっくりしてしまい嘔吐する場合があります。嘔吐すると体に負担がかかるため、水を欲しがっても舐める程度しか与えず徐々に増やすようにしましょう。

手術後はお腹に傷口があります。この傷口が気になり舐めてしまったり、足でひっかいてしまうと治りが遅くなったり、化膿してしまうことがあります。エリザベスカラーと呼ばれる首に巻いてお腹の傷を舐められないようにするものを使用したり、マナーベルトで傷口を覆うようにしたり、術後服など手術後に着る服を使用して、傷口を守るようにします。途中で傷口が悪化している事に気が付いたら、すぐに獣医さんに相談しましょう。

手術は不安なことが多いですが、手術の知識や術後の過ごし方、注意することを知っていれば、少しは安心することができます。大切な愛犬の体のことなので、獣医さんとよく相談をし、不安をなくしていけるようにしましょう。

オススメ

新着記事