犬も同じ食卓で食べたいの?食卓を狙う原因と対策について 

飼い主が食事の時、愛犬はどうしていますか?実は食事を愛犬に食べられた経験をした飼い主は多いのではないかと思います。今回は食事の際の犬の問題行動の原因と対策についてお話しさせて頂きます。 2018年12月05日作成

  • 犬のカテゴリ - 犬のしつけ犬のカテゴリ - 犬のしつけ

私も経験したことがありますが、愛犬に食事を食べられたことがあります。ほんの一瞬、油断してしまいましたが、これからというもの食事の時は常にテーブルの下に居り、ずっと私の顔を見つめているのです。
今回は人が食事の際に犬が机に乗る、食べ物を食べてしまう、食べたがるなどの原因と対策についてご紹介させて頂きますので、この行動に困っている飼い主の方には是非読んでみてもらいたいと思います。

犬の食卓トラブルの原因

出典元:https://www.shutterstock.com/

人間でも小腹が空いたとき、ついついつまみ食いをしてしまうように食欲という欲はなかなか抑えることは難しいものです。
ダイエットを失敗してしまう人が多いように、欲望に勝てないことが原因ですが、それほど食欲というものは欲求の中でも優先されがちです。
それが犬の場合だとどうでしょうか?
しっかりしつけをしている犬でも、飼い主の目を盗み、食卓からご飯を食べてしまうことがあります。
これは、飼い主との主従関係がきちんと築かれていないこと、過去に人間の食べ物を与えてしまい、味を覚えてしまったという原因の場合がほとんどです。
犬は人間の何倍も鼻が良い動物なので、おいしそうな臭いがすると興味を引いてしまうのは当然のこととも思えますが、やはり人間の方が上!ということをしつけでしっかり教えることが重要です。
一度、人間のテーブルで食べてしまうと、犬も立場が同じになったと思い込んでしまうことがありますので、しっかり対策や罰を与えることも大切です。

食卓トラブルの対策をご紹介!

では、次に愛犬が食卓に上がったり、ご飯を欲しがったりしないようにしっかりと対策をすることが重要ですので、いくつかご紹介させて頂きます。

食事の環境を見直す

出典元:https://www.shutterstock.com/

犬に食事を食べられてしまった時の状況で一番多いものは、
・テーブルの上にご飯を置きっぱなしにしていた
・椅子を引いていた
ということです。
これは、飼い主側が気を付けて、ご飯を食べたあとにすぐご飯を片付けていたり、椅子を引いたままにしていなければ、犬がご飯を食べることはなかったかもしれません。
椅子は引いたままにしておくと犬が階段として使ってしまい、テーブルの上のご飯まで口が届いてしまいます。
ご飯が終わった後は、ご飯を下げ、椅子も引いたままにしないようにしましょう!

食事の場所は別々で!

出典元:https://www.shutterstock.com/

たまに聞くのが、愛犬と一緒に椅子に座って同じテーブルで食事をしているという話です。
これは、犬が飼い主と同じ立場と勘違いしてしまったり、飼い主より上の立場と思ってしまう要因となってしまいますので、この行動はやめるようにしましょう。

人間の食べ物は与えない事!

人間の食べる食べ物は犬には与えないということも重要です。
愛犬にずっと見つめられてしまうと、可哀想になってついつい与えてしまうということをやりがちですが、人間の食べ物はもらえないものと教えるためにも、飼い主がしっかりとこれを守りましょう!
人間の食べるものは、味も濃く、脂肪分も多いため犬にとって良い食べ物では決してありません。

声を出して怒る!

対策したにも関わらず、まだご飯を食べようとしたときはきちんと叱ってあげましょう。
怒るタイミングとしては、食べ物に口をつける瞬間を狙って下さい。
駄目!などと声を出して怒った後にはちゃんと食べなかったことに対して褒めてあげることも大切です。

飼い主の立場を認識させましょう!

いかがでしたでしょうか?
犬が起こす食卓トラブルの原因と対策についてご紹介させて頂きました。
ほとんどの原因は飼い主の対策で改善されます。
人間と犬の立場も理解させ、互いに快適な食事時間を楽しむようにしましょう。

オススメ

新着記事