子犬を向かい入れるための初日までに必要な準備を教えます!

子犬を家に向かいいれるのは、新たに家族が増えるということです。
初日から使う物もあるので事前に準備が必要です。
何が必要なのかをご紹介します。 2018年10月19日作成

  • 犬のカテゴリ - 犬を飼う犬のカテゴリ - 犬を飼う

子犬を向かい入れる初日に犬を連れて帰る方法

犬を家族として向かい入れるために犬の購入先として考えられるのは、ペットショップやブリーダーの犬舎や保健所や動物愛護センターなどが想定されます。
どの方法で犬を家族として向かい入れる場合にも、家に連れて帰るための移動が必要になります。
ほとんどの人が車で犬を連れて帰ると思いますが、犬が車の中でおしっこやウンチをした時のためにタオルやバスタオル、ティッシュペーパーなどを用意しておく必要があります。
犬も車に慣れておらず酔ってしまい吐いてしまうこともあるので、そんな時にティッシュやウエットティッシュが役立ちます。
車の運転に邪魔にならないように犬用のキャリーに入れます。
もし自分の車ではなくタクシーなどで移動する場合にも、このキャリーが必要です。
また電車などで子犬を連れて帰る場合には、事前に鉄道の会社に確認して下さい。
子犬を向かい入れるための初日の移動手段とキャリーは必要になります。

子犬を向かい入れる初日から必要な物

出典元:https://www.shutterstock.com/

はじめて子犬を家族として向かい入れる場合には、必要な物は沢山あります。
ひと昔前なら、犬を飼うのは犬小屋と首輪があればいいと思われていました。
しかし、今は犬は室内で飼う人が多く必要な物が増えています。
ただし、全ての物を初日から揃える必要はありません。
必要最低限の物を揃えてから、後から揃えていった方が必要のない物まで買ってしまったと後悔することはありません。
必ず初日から必要な物をご紹介して行きます。
①ドッグフード
子犬を向かい入れる場合には、ペットショップやブリーダーさんが与えていたドッグフードと同じ子犬用のドッグフードを購入します。
もし違うドッグフードにする場合には、時間を掛けて徐々に変更して行きます。
②犬用の食器
ドッグフードを入れるフード用の食器と水を飲む食器が必要になりますが、水はケージに固定出来る水ボトルがありケージに固定する方が愛犬が水をこぼすことがありません。
③ケージ
ケージは子犬を室内で飼う場合に、お留守番をする時やトイレトレーニングが終わるまでは居住スペースになります。
ただし子犬は、何でも噛んでボロボロにしてしまうのでステンレスなどの丈夫な素材のケージがオススメです。
④トイレ用品
・トイレトレー
ケージ内にトイレトレーは設置しますから、購入するケージのサイズに合った物を購入します。
・トイレシート
トイレトレーにトイレシートを設置しますが、子犬の時にはおしっこやウンチの回数が多いので安価な物で十分です。
子犬を向かい入れる時に、今あげた物があれば初日の準備は大丈夫です。

子犬を向かい入れた時にその後に、揃えて行く物

出典元:https://www.shutterstock.com/

子犬を向かい入れた初日はなくても大丈夫ですが、その後必要になって行く物があります。
何が必要なのかをご紹介します。
①首輪とリード
子犬を向かい入れた場合にはワクチンが完了するまで散歩が出来ません。
しかし、早めに首輪とリードを購入して子犬に慣らしておくのも大事です。
②犬のお手入れ用品
子犬を家族として向かい入れた後に、子犬のお手入れが必要になります。
・犬用ブラシ
・犬用シャンプー
・犬用爪切り
・犬用歯ブラシ
愛犬のお手入れをするのも飼い主さんの大切な仕事です。
子犬のうちから、慣れさせておくと大きくなっても素直にお手入れをさせてくれます。
③犬用のおもちゃ
おもちゃがあると、お留守番の時に便利です。
子犬の時には、すぐに噛んでボロボロにしてしまうので噛みごたえがあるものがいいです。
④犬用のおやつ
しつけをする時や、散歩をする時におやつがあると愛犬と飼い主さんの信頼関係が築きやすいです。
⑤散歩の時のウンチを取るグッズ
散歩をさせるようになると、必ず必要になります。
愛犬のウンチをきちんと持って帰るのは飼い主さんの仕事です。
子犬を家族として向かい入れるためには、多くの物が必要になりますが、ペットショップやホームセンター、最近ではネット通販などでも揃えることが出来ます。
子犬のために必要な物を揃えて快適に生活出来るようにしてあげて下さい。

楽天『ペット割』

オススメ

新着記事

楽天『ペットランキング』