犬を飼う場合にかかる費用はどのくらい?

犬を飼いたいと思う方は多いかと思いますが、実際に犬を飼う場合、どのくらいの費用が必要なのか気になりますよね。もちろん犬種によっても様々かと思いますが、今回は平均の費用についてお話しさせて頂きます。 2019年05月14日作成

  • 犬のカテゴリ - 犬を飼う犬のカテゴリ - 犬を飼う
  • VIEW:114

犬を飼う場合に必要なものと言えば、フードが一番先に思い浮かぶのではないでしょうか?
ですが、それ以外にもワクチンやトリミング、もしかすると治療費までかかる場合もあるんです。

犬を飼う場合の初期費用について

出典元:https://www.shutterstock.com/

犬を拾ってきた、貰ってきた場合は犬自体の費用はかかりませんが、ペットショップなどで購入する場合は犬自体にも費用がかかってきます。
犬の犬種や成長段階によっても金額は違ってきますが、平均して13万円前後となっています。
そして、ワクチンや狂犬病の接種代、犬の登録にも費用がかかります。
ワクチンの種類にもよりますが、既にペットショップで摂取されていることもありますので、確認が必要です。
狂犬病は3000円、登録費用も3000円前後です。
混合ワクチンについては動物病院によっても違ってきますので、これも確認をしておくことをお勧めします。
そして、犬が生活するのに必要なものがあります。
それは、
・ケージ
・フード
・ペットシーツ
・リード
・首輪
・おもちゃ
・食器
・トイレ
などが挙げられます。
こちらも商品により金額はかなりの幅がありますが、平均2~3万円位がかかっています。
また、トリミング代などの月5000~1万円位が平均となっています。
毛の長い犬種を飼う場合はしっかり費用の中に入れておいて下さい。

避妊と虚勢について

繁殖を望まない場合は避妊、虚勢をすることが多いかと思います。
特に雌犬については子宮癌などの雌特有の病気になる確率が上がってしまうので、繁殖について考えていなくても避妊をしてあげることが良いかと思います。
ですが、これは個人の考え方によってもかなり変わってくるものですので、やはり自然の姿が一番ということもあります。
この避妊、虚勢手術は平均して2~3万円となっておりますが動物病院によっても多少違ってきますので、確認をしてみて下さい。

出典元:https://www.shutterstock.com/

犬の医療費について

最近ではペットの保険が増えてきており、ペットショップで購入する際には説明を受ける方も多いかと思います。
人間の様に保険があるというわけではないので、病気などにかかってしまうと全額負担ということもありますので、心配な方は保険に入っておくことをお勧めします。
ですが、しっかり保険の中身を聞いて理解しておくことが必要です。

犬を飼う前に考える費用のこと

いかがでしたか?
やはり犬種や動物病院によって差は出てくるものの、思った以上に費用がかかる印象を受けたのではないかと思います。
安易に犬を飼いたいというだけでなく、その後にちゃんと続けて飼い続けることが出来るのかもしっかり考えておきましょう。

オススメ

新着記事