先住犬がいるときの子犬の迎え方!これで仲良し!

新しく子犬を迎えたいなーと思っていても、先住犬もいるし犬同士仲良くできるのか心配、先住犬のストレスも心配で踏み出せない、というあなた。迎えるときのコツとみんなが快適な過ごし方があるって知っていましたか?迎え方をしってみんなで仲良く暮らせるようになりましょう。 2018年10月08日作成

  • 犬のカテゴリ - 犬を飼う犬のカテゴリ - 犬を飼う
  • VIEW:311

最近は犬の多頭飼いを考えている人も多く、2匹3匹それ以上と多頭飼いをしている家庭も多くみられます。先住犬がいるときに新しく子犬を迎えるにあたって、仲良くなれるのか、ストレスにならないか不安になりますよね。いくつか注意点を守れば、みんなが快適に過ごすことができると知っていましたか?それでは、どんなことに気を付けたらいいのか学んでいきましょう。

まずはケージの中から

出典元:https://www.shutterstock.com/

子犬が家にやってきたら、いきなり部屋に放し飼いにせずにケージに入れましょう。
家は先住犬にとっては自分のテリトリー。そこでいきなり見たこともない犬が歩き回っていたら警戒し威嚇する可能性があります。まずは子犬の存在を先住犬に知らせるために、ケージの中に入った状態でリビングなど先住犬が良く過ごしている空間に置いてみましょう。はじめは基本ケージの中の生活をし、先住犬の警戒心がなくなり興味をもって自分から近づくようになったら、ケージから出してみましょう。

無理やり対面させない

先ほども「まずがケージの中から」と説明しましたが、まずは柵越しにスキンシップをとらせるようにしましょう。いきなりケージからだして無理やり顔同士を近づけたり、遊ばせようとしてはいけません。犬にも犬なりのペースがあるので、無理に仲良くさせようとしても警戒し威嚇してしまうだけで、最悪の場合先住犬が噛みついてしまうことも考えられます。こうなってしまっては、お互いに嫌な存在となってしまうので関係を取り戻すのに時間がかかってしまいます。
柵越しのスキンシップをしているのを確認したら、ケージから出してしばらくは見守るようにしましょう。犬は群れ社会でリーダーをつくるので、子犬がお腹を見せたりして先住犬に服従できているのであればお互いに関係を築けていると思います。
対面が成功したら子犬はまたケージの中へ戻すようにしましょう。先住犬もいきなり子犬にかまわれる続けるのは疲れてしまう場合があるので、ほどほどの時間遊ばせたら、ひとりの時間も作ってあげましょう。

先住犬優先です

出典元:https://www.shutterstock.com/

子犬を迎えるときに1番大切にして欲しいルールが「先住犬が優先」というものです。子犬は手がかかるのでついつい優先にしてしまったり、子犬の可愛さのあまり先住犬よりもかまってあげたくなりますが、必ず何事も先住犬を優先するようにしましょう。例えば、ごはんの順番、散歩の順番、遊ぶ順番、おやつの順番、名前を呼ぶ順番、などいつでも先住犬が先です。
犬も、今までは独占していた飼い主の愛情を奪われてしまうかも、という不安や寂しさを感じています。そういった感情がストレスとなり、体調を崩してしまうことも多いので愛情は必ずいつでも均等に、を大切にしてくださいね。

先住犬のしつけはしっかりと

新しく子犬を迎えようと考えている時に、一度考えてほしいのが「先住犬のしつけは完了しているか」です。できれば、トイレや無駄吠えなど基本的なしつけがきちんと完了してから新しい子をお迎えする事をお勧めします。というのも子犬は先住犬の姿をみて成長していくので、先住犬がきちんとしつけが出来ていれば子犬の覚えも早くなります。逆にしつけが全くできていない状態だと一緒になって無駄吠えをしてしまったりという可能性も考えられるので、飼い主のストレスが2倍になってしまいます。そうなってしまっては、みんなが快適な生活は送ることが出来ないのでしつけはしっかりと完了しておいたほうが良いですね。

多頭飼いには多頭飼いの楽しさがあり、1頭だけの時には見れなかった犬同士のコミュニケーションを観察したりするのも楽しいです。多頭飼いは難しいとされていますが、いくつかの注意点をしっかり守ればみんなで楽しい生活ができるようになります。新しく子犬を迎える予定がある家庭は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

オススメ

新着記事