お留守番もこれで平気!ペットの見守りカメラはこう使おう!

飼い主が仕事や用事で家を空けている時。役に立つのがペット見守りカメラです。最近は様々な機能の見守りカメラが販売されています。ペットの様子を出先でも感じられることは飼い主の安心感を高めるものです。上手に使ってペットの安全を高めましょう。 2019年06月27日作成

  • 犬と猫のエンタメ - 犬と猫とふれあう犬と猫のエンタメ - 犬と猫とふれあう

ペットの見守りカメラとは?

https://www.shutterstock.com/

ペットの見守りカメラの需要が高まっています。ペットカメラは高級品という印象がありましたが、今では日常的に誰もが使っているものなのです。ペットの見守りは今では飼い主のあたりまえの習慣になりつつあります。年々、機能が充実しているペットの見守りカメラが増えてきました。安価で購入できるという点でも、年々、ペットの見守りカメラの利用頻度も高まっているのです。留守中の愛犬を気遣う気持ちは誰も同じなのです。

ペットの見守りカメラの機能はどんなもの?

ペットの見守りカメラは出先でもスマホを通してチェックできるという一番の機能です。そして画像ではなく、動画で愛犬の様子を見守れることが飼い主の安心感を高めます。遠隔でペットの様子を見守るためにもカメラは機能が多い方が良いのです。ペットの様子をしっかりと見守れることが第一の目標なのです。

カメラの画像について

画像はクリアでないといけない!と考える人もいますが、犬の様子がわかる程度であればOKです。それよりも首振りの機能などがついている方が使い勝手は良いのです。カメラの遠隔で操作することでペットの様子がわかるのです。今何をしているのか?それがわかるだけでペットカメラの意味があるのです。

飼い主の声が届くスピーカー?

ペットの名前を呼んであげる事が出来れば・・離れていても飼い主の声がペットに届けば・・という願いが叶います。最近のペット見守りカメラは家の様子がわかり、ペットに声をかけられます。画期的な機能だと思います。ペットも、飼い主の声をきちんと聴き分けて安心感が得られるのです。それによって、ペットも安心してお留守番を続けることができるのです。

選びたいのは撮影範囲の広さ

ペットの見守りカメラに必要なのは広い範囲で撮影ができることです。ペットの大きさにもよりますが、小型犬の場合には華奢な分、動き回る範囲も広いのです。定点カメラの場合には、ほとんど意味がありません。やはり、広角レンズを搭載したものを購入したいものです。そうすることで、愛犬の様子をくまなく観察することが可能です。但し、部屋を移動してしまうと、見守りカメラの意味がなくなります。カメラを使う場合には、一つの部屋で留守番ができるよう環境を整える必要があります。

暗いところは撮影可能か?

ほとんどの飼い主が昼間に見守りカメラを使います。もしも、暗い場所で使う場合には撮影が難しいのでしょうか?暗視カメラはなかなか性能が良いのです。少し暗いところでも、ペットの様子を捉えます。

工事不要の見守りカメラを選ぶ

ペット見守りカメラは、ほとんどが工事不用です。インターネット回線を通して飼い主にペットの様子を伝えます。簡単な設定で飼い主がすぐに使える見守りカメラが一番の需要の高さです。画像を家族と共有できるという利点もあります。

遠隔操作でペットのそばにいる感覚

外出が多い人や、仕事で家を空ける事が多い人はペット見守りカメラを使うことをお勧めします。基本的に、ペットを身近に感じられるわけです。ペットカメラは家の様子も見守れるという利点もあります。

ペット見守りカメラでペットの安全を確保する

https://www.shutterstock.com/

最近の見守りカメラは、購入しやすい価格帯です。ネットワークを使ってペットの様子を瞬時に把握することができます。心配性の飼い主さんには必須アイテムとして多くの人に利用されているものです。新たにペットの安心グッズとして、利用してみませんか?留守中のペットの様子を見守れることは、飼い主の心の余裕にもつながります。

著者情報

UCHINOCO編集部

UCHINOCO編集部では、ペットに関するお役立ち情報をお届けしています。

オススメ

新着記事