ETのモデルになった無毛の猫「スフィンクス」について

映画ETのモデルとなったスフィンクスは、他の猫とは違い毛がないように見えます。そんなスフィンクスの情報について集めてみました。 2018年09月24日作成

  • 猫のカテゴリ - 猫の種類猫のカテゴリ - 猫の種類

1. スフィンクスの基本情報

出典元:https://www.shutterstock.com/

スフィンクスはといえば毛がない猫として有名です。映画のETのモデルとなって、知ったという人もいるのではないでしょうか?毛がなくツルツルとしたイメージを持たれがちなスフィンクスですが、実はうぶ毛が生えており触り心地は滑らかです。

スフィンクスはセミフォーリンといわれるタイプで、筋肉質な体を持っています。体にはシワが寄っており、皮膚の部分には色がついている部分があります。目はクリっとした大きなレモン型で、他の猫にはあるヒゲがありません。スフィンクスの体重は3kg~6kgと、一般的な猫と変わらない大きさです。スフィンクスは被毛ないので抜け毛の心配がなく、猫アレルギーの人でも飼えるといわれています。

2. スフィンクスの特徴や性格について

出典元:https://www.shutterstock.com/

スフィンクスは人懐っこく好奇心旺盛な性格をしています。初めて会った人にも懐くほど人懐っこい性格をしているので、人見知りをせず人間が大好きです。また子供とも仲良く遊ぶことができるので、小さいお子さんがいる家庭でも問題なく飼うことができます。ただスフィンクスは被毛がないため肌が傷つきやすいので、過度なじゃれあいでケガをしないように気を付けましょう。

人懐っこいスフィンクスはもちろん飼い主のことも大好きで、飼い主の後ろを付いて歩いてきたりととても従順です。ただ飼い主のことを好きすぎて気を引こうと、たまにいたずらをすることがあります。スフィンクスは非常に賢い性格のため、たまにビックリするようないたずらをすることも。

3. スフィンクスの歴史について

スフィンクスは1966年にカナダのトロントで発見された猫が元になっています。その猫の親は普通の猫でしたが、産まれた子猫の中に無毛の猫がいました。その無毛の猫を中心として繁殖が始まり、同じ時代の1975年から1978年の間にアメリカやカナダで無毛の猫が見つかり、その猫たちも繁殖に使用されました。

繁殖に成功した無毛の猫は、古代エジプトの猫に似た容姿を持つことから「スフィンクス」と名付けられました。今まで無毛の猫がキャットショーが出たりしていましたが、正式には公認されていませんでした。1980年にスフィンクスがTICAに新しい猫種と認定されたのです。

4. スフィンクス・気を付けるべき病気について

スフィンクスは先天性の心疾患にかかりやすいとされています。特に肥大型心筋症や僧帽弁形成異常などの心疾患にかかりやすいです。ぐったりとした様子や呼吸が荒くなったりしている場合は、何らかの心疾患にかかっている可能性があるので病院を受診しましょう。

またスフィンクスは他の猫と違い皮膚が直接さらされているので、他の猫より皮膚疾患にかかりやすくなっています。症状としては体をかく回数が多かったり、体からフケがでたりします。被毛のないスフィンクスの場合ブラッシングではなく、濡れたタオルで優しく拭いて体のケアをしてあげてください。もし体に湿疹や炎症がみられた場合は、病院へ行って治療しましょう。

スフィンクスは被毛がないので、他の猫に比べて寒がりです。なので冬場の温度調整は必須になります。また夏場も強い紫外線にさらされるため、嫌がらないのであれば散歩のときなどは服を着せて、強い外気や紫外線から守ってあげてください。

5. スフィンクス・食べ物の注意点

スフィンクスは筋肉質な体を持っているため、それを維持させるために高タンパクな食事が必要になります。特に子猫の時期は体づくりの元になるので、栄養豊富な食事をあげるようにしましょう。スフィンクスは他の猫と違い被毛がないため、皮膚が常に露出しています。皮膚の健康を保つにはオメガ6脂肪酸が必要になるので、このような成分が含まれている食事を選ぶとよいでしょう。

楽天『ペット割』

オススメ

新着記事

楽天『ペットランキング』