猫の肉球ケアはとても大切!正しいお手入れをしていますか?

愛猫の肉球の柔らかさや匂いを感じて幸せを感じる。そんな飼い主は多いものです。肉球のケアは猫の健康管理の中でもとても重要なことです。正しいお手入れの方法を再確認をして、乾燥が心配な季節もウルウルな肉球を維持してあげましょう。 2018年09月17日作成

  • 猫のカテゴリ - 猫の健康管理猫のカテゴリ - 猫の健康管理
  • VIEW:1,238

猫にとっての肉球とは?

出典元:https://www.shutterstock.com/

犬とは違って高いところに飛び乗る、高いところから飛び降りるという動作が多い猫。猫にとって、肉球はとにかく大事な体の一部です。その肉球を飼い主に触られるのが好きな猫と、苦手な猫もいます。飼い主としては常に足のクッションとして働き続ける肉球をマッサージしてあげたい!そう思うのですが、「結構です!」と猫に嫌われる場合もあるのです。それだけ、猫にとって肉球は大切な役割を果たす場所なのです。

猫の肉球の特徴って知っていますか?

犬にも肉球があります。猫の肉球と同じ?そう思っている人も多いようですが実は、猫と犬とでは肉球に違いがあります。猫の肉球はとても薄くできています。そして表面はツルツルとしているのです。毎日体を支えて歩くために酷使している肉球。どうしても飼い主のケアが必要になります。犬の様に滑り止めという役割以上に肉球は大事な部分なのです。例えば、獰猛な考え方をすれば獲物に静かに近寄るために足音を消すために、肉球があるという説もあるほどです。

猫にとって大事な部分

肉球を触るだけでその時の体調がわかるのです。獣医さんが診察のときに猫の肉球を観察するのは、そこに多くの情報が詰まっているからなのです。つまり肉球で体調がわかってしまうということです。

出典元:https://www.shutterstock.com/home

肉球の温度でわかる体調

もしも、肉球が異常な温度を保っていた場合。つまり熱中症や発熱による温度になる場合は、明らかに異常です。被毛に覆われていない分、むき出しになっています。飼い主が触るだけでもよくわかります。肉球が異常に熱いときには、体調不良を起こしているサインです。しかも、体温が異常に高くなっている可能性があります。逆に肉球が冷たい場合。これは体温が低くなり、全身の血流が悪くなっていることと考えられるのです。

肉球にも病気がある

猫の肉球の病気に多いのが「形質細胞性皮膚炎」という病気です。肉球が腫れてしまい潰瘍ができてしなう病気です。猫も歩くときに痛みが出てしまうので、早めに治療を開始したい肉球の病気です。原因は免疫が関連していると言われています。治療方法は抗生物質やホルモン剤を個体に合わせて投与することで様子を見ます。肉球は日々、飼い主が触れて観察することが重要です。

肉球のケア方法について

出典元:https://www.shutterstock.com/home

猫の肉球ケアには、様々な商品がペットグッズ販売店から出ています。その中でも一番身近なアイテムとしてはワセリンが良いとされています。ワセリンは余分な添加物なども入っていないので、一番使いやすいものとして多くの飼い主さんに重宝されています。日常的にケアをすることで、冬場の乾燥を未然に防ぐことができます。肉球マッサージを行いながら愛用の肉球の様子を知ることができます。

シンプルな肉球ケア

猫の肉球マッサージはできるだけ子猫時代から行うことをお勧めします。成猫になってからの肉球マッサージをいきなり行おうと思うと拒絶されることがあります。徐々に慣れることが大切です。もしも、思わぬ怪我などが起きていることも考えられます。ただ、少しでも早く発見してケアをすることで、歩行困難に陥ることを防ぐことができます。ただ、抱っこをして肉球にやさしく触れてワセリンを摺りこむだけでもOKです。日々のケアとして、継続をすることが重要です。

日々の肉球ケアが重要ポイント

毎日続けて肉球をマッサージすることで、肉球は常に潤いを保てるようになります。単発でケアをするよりも、毎日短い時間でも、マッサージをして肉球の状態を確かめることが何よりも大切なことです。

オススメ

新着記事