ペットのための漢方薬【後編】

人間同様、西洋医学とは違った観点から病気にアプローチし、治療する方法、漢方薬。引き続き、漢方内科どうぶつ病院「ハルペッツクリニック東京」の院長・林晴敏先生に、ペットのための漢方についてお話をお伺いしました。 2018年06月14日作成

  • 獣医師コンテンツ - 獣医師インタビュー獣医師コンテンツ - 獣医師インタビュー
  • VIEW:391

1. どんな治療が多いの?

漢方薬は慢性疾患にこそ、効果を発揮するとお伝えしてきましたが、実際に、林先生のもとへ通っているペットたちは、どんな症状の子が多いのでしょうか?

「一番、多いのは悪性腫瘍ですね。犬の場合には、免疫疾患も多く、脂肪織炎やリウマチ、多発性筋炎といった、大学病院に通院しなければならないような重い病気の子がやはり多いですね。

猫の場合は、腎臓病が多い。猫は犬よりも免疫力が高く、悪性腫瘍にはかかりにくいんですが、腎臓は弱いんです。人間の場合には透析ができますが、猫は無理。そのため、腎臓病は死に繋がります。西洋医学では、点滴で水分を入れて、たくさん尿を出すことで毒素を出すという治療法しかありませんが、漢方薬では腎臓をよい状態に持っていくことも可能なため、腎臓病の治療で通っている子もたくさんいます。

あとは、皮膚病の子もいます。アトピーや慢性の皮膚病の子には、漢方は効果的です。漢方では、痒みを止めるのではなく体質改善を行うことで、皮膚の病気を治すので、長期的に見て、いい治療ができると思います」(林先生)

2. 薬を飲めないペットは?

出典:https://www.shutterstock.com

漢方薬というと、どうしても苦い、まずいというイメージがあります。犬猫たちに問題なく、飲ませることができるのでしょうか?

「僕の病院では、錠剤か粉末で処方しています。やはり、ペットの中には飲むのが苦手な子もいるので、工夫は必要です。

例えば、錠剤ならばパンに包むとか、チュールを使うなど、様々な方法を試してみてください」(林先生)

錠剤は飲めないけれど粉末なら飲める、など、担当の医師に相談してみてもいいでしょう!

3. インターネットでの販売は?

昨今では、なんでもインターネットで購入することができるようになりました。漢方薬もしかり。漢方薬をインターネットで購入して、治療することはできるのでしょうか?

「オススメはしません。漢方薬は、証(しょう)に合ったものを与えることが大事なので、証を見ずに購入した漢方薬は逆に体にダメージを与えてしまう場合もあります。

例えば、弱った子に下痢をさせたら、体力がさらになくなって、死んでしまいますよね。なんでも好転反応を出せばいいというわけではないし、どの子にも同じ効果が出るというものでもない。ですから、インターネットを見て、選んで購入するというのは危険だと思います。

それと、僕自身の考えとしては、ネット通販では良い漢方は買えないと思っています。サプリのようなものはたくさん販売されていると思いますが、そういったものが漢方として効果を発揮するのかは疑問です」(林先生)

4. 困ったときに漢方薬を

前述したように、西洋医学では治せない病気も、漢方薬を使うことで状態が変わることもあります。

漢方薬で全ての病気が治るわけではありません。しかし、愛犬、愛猫が生死をさまようような大きな病気を患ってしまった場合、一度、漢方薬という治療法も視野に入れてもいいのではないでしょうか? 獣医師に相談することで、新たな治療の道が見えてくるかもしれません。

とはいえ、漢方薬はあくまでも獣医師の診断のもとに服用するものです。飼い主の自己判断で飲むことは、ペットにとってダメージとなることもあります。必ず、獣医師の指導を仰ぐことが大事です。まずは、漢方を扱っている動物病院の門を叩いてみてくださいね。

ペットのための漢方薬【前編】

漢方治療専門どうぶつ病院 ハルペッツクリニック東京

ハルペッツクリニック東京【漢方・東洋医学動物病院|犬猫の皮膚病・腫瘍などの漢方治療】

出典元:https://www.harupets-tokyo.com/

Wisdom from Nature
自然の生薬により、動物本来の生命力を呼び覚ます。
ハルペッツクリニック東京は、漢方薬を用いた内科治療を専門、得意とする動物病院です。
漢方を使い、動物の本来のもつ生命力を高め、病気を全体的、根本的に治療する獣医医療を目標とします。

■予約制となっております。
お電話またはEメールにてご予約ください。
※漢方薬の処方には必ず対面での診察が必要です。

〒106-0031 東京都港区西麻布3丁目6-3
Tel: 03-6804-3343
Email: info@harupets-tokyo.com

■診療時間
水・木・金・土
10:00〜13:00, 14:00〜18:00
※月曜・火曜・日曜・祝祭日は休診
※土曜は午前のみの診療

著者情報

UCHINOCO編集部

UCHINOCO編集部では、ペットに関するお役立ち情報をお届けしています。

オススメ

新着記事

楽天市場トップページへ